母の帽子は、赤ちゃんの私にも今の私にも「ボロボロになっても着たいものがある」番外編:編アシKT

母の帽子は、赤ちゃんの私にも今の私にも「ボロボロになっても着たいものがある」番外編:編アシKT

服はその人の人生を表す鏡。破れてもカビが生えても(!)手放せないモノって、ありますよね?思い出がつまったアイテムを一生愛する。GINZA12月号掲載「ボロボロになっても着たいものがある」シリーズ番外編として、最近オシャレ男子に声をかけまくっている?! 編アシKTのストーリーをお届けします。


editFH000024

editFH000019

「母が20代の頃、帽子屋さんで買ったというボーダー模様のニット帽。母から兄へ、兄から私へと、受け継ぐようにかぶっています。赤ちゃんの頃は少し大きかったけど、今となってはパッツパツ。かぶっていると守られているような気がして落ち着きます。この撮影のために、アルバムから写真を探していたら母がとても喜んでいました。母にとっては帽子よりも、私たち兄弟が大きく育って、笑顔で過ごしていることの方が大切なんだと思います」

編アシKT

2018年、この時を待っておりました!戌年の年女。犬の鳴きマネが得意です。(小型犬〜中型犬まで対応可)
@canna.t

Photo: Kanna Takahashi 

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)