ボーナスを全額投資!とびきりのヴィンテージ「ボロボロになっても着たいものがある」04

ボーナスを全額投資!とびきりのヴィンテージ「ボロボロになっても着たいものがある」04

服はその人の人生を表す鏡。破れてもカビが生えても(!)手放せないモノって、ありますよね?思い出がつまったアイテムを一生愛する。そんな覚悟を決めた17人のストーリー、お届けします。


ドリスヴァンノッテン

「お客さんに『良いものはヴィンテージになる』とお話ししていますが、そのきっかけがこの〈ドリス ヴァン ノッテン〉のドレス。看護師として働いていた7年前、あるセレクトショップの展示会で出合いました。20万を超えるお洋服なんて買ったことはなかったのですが、販売員さんの『こちらはヴィンテージになりますよ』という一言が後押し。迷わずボーナスを全額つぎ込みました。袖を通すたびに姿勢が整う1着。おばあちゃんになってもかっこよく着たいな」


ヴィンテージショップオーナー
竹田桃子さん

札幌の「vintage shop Mémoire」店主。ヴィンテージに限らず魅力的なアイテムを集める。たまに猫がいる。Instagram: @memoirehmcdiary

Photo: Ryoichi Suzuki Text&Edit: Hiroko Yabuki

GINZA2017年12号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年7月号
2019年6月12日発売

GINZA2019年7月号

No.265 / 2019年6月12日発売 / 予価880円

This Issue:
クローゼットスナップ!/Tシャツ

あなたのクローゼット
開けていいですか?

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)