お洒落はやせ我慢だと このコートから学んだ「ボロボロになっても着たいものがある」07

お洒落はやせ我慢だと このコートから学んだ「ボロボロになっても着たいものがある」07

服はその人の人生を表す鏡。破れてもカビが生えても(!)手放せないモノって、ありますよね?思い出がつまったアイテムを一生愛する。そんな覚悟を決めた17人のストーリー、お届けします。


ギョーム ルミエール

「高2の時に買った、今はなき〈ギョーム ルミエール〉のコート。手に入れるため夏休み、ひたすら引越しのバイトをしたのを覚えています。今見ると一周回って新鮮なサイズ感やディテール。当時タイトシルエットが流行っていたのですが、つり革もつかめないほどにすべてがタイトで着込むゆとりもなく、真冬もTシャツの上に着用。学生時代より太った今は、もうピッチピチで張り裂けそう。でもこの服が初めてモードに触れた思い出だから、捨てることも売ることもできず。前合わせのメタルバックルはすっかりサビ?カビ?だらけですけどね(笑)」

gz12_DSC_6217


〈KEISUKE YOSHIDA〉デザイナー
吉田圭佑さん

立教大学を卒業後、「ここのがっこう」「AMI」などでファッションを学ぶ。2015年秋冬にブランドをスタート。keisukeyoshida.com

Photo: Ryoichi Suzuki Text&Edit: Hiroko Yabuki

GINZA2017年12号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年4月号
2019年3月12日発売

GINZA2019年4月号

No.262 / 2019年3月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
東京がパワフルだ!2019

春夏ファッションを
東京の街で楽しむ!

元号が変わり、オリンピックを前にあちらこちらで建物がヴァージョンアップ中。
2019年の東京の春は賑やかです。
そんな移りゆく街の風景の中で、最新ファッションストーリーを撮...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)