子ども服なのにこの完成度。選んだ私もなかなか(笑)「ボロボロになっても着たいものがある」16

子ども服なのにこの完成度。選んだ私もなかなか(笑)「ボロボロになっても着たいものがある」16

服はその人の人生を表す鏡。破れてもカビが生えても(!)手放せないモノって、ありますよね?思い出がつまったアイテムを一生愛する。そんな覚悟を決めた17人のストーリー、お届けします。


KENZO_子供服2

「小3のある日、地元仙台の百貨店『藤崎』の子ども服売り場でこの〈KENZO〉のTシャツを発見。無秩序風ながら計算されつくした魚柄に一目惚れ。当時は父の赴任先であったサンフランシスコから戻ったばかりで、日本の学校になじめず、休み時間も1人で洋服の絵を描いているような子でした。シンディ・ローパーが大好きで、おしゃれも背伸びしたかったから、このTシャツを着ているとちょっとだけお姉ちゃんになったような気がしてうれしかった。今でも時々近所に着て行くんです。130でも余裕で入りますよ!」


編集者
小池入江さん

美容専門雑誌『ヘアモード』編集長を経て、同誌を発行する「女性モード社」の取締役に就任。ボーイ・ジョージも心のアイドル。

Photo: Ryoichi Suzuki Text&Edit: Hiroko Yabuki

GINZA2017年12号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年7月号
2019年6月12日発売

GINZA2019年7月号

No.265 / 2019年6月12日発売 / 予価880円

This Issue:
クローゼットスナップ!/Tシャツ

あなたのクローゼット
開けていいですか?

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)