SEARCH GINZA ID

パリでスナップ vol.2| オーバーサイズの着こなしを引き締める上質な小物 etc.

パリでスナップ vol.2| オーバーサイズの着こなしを引き締める上質な小物 etc.

自分らしい装いのこだわりは? ロンドン、パリ、そしてソウルでインタビュー。今回はパリ編をお届け。#スタイルのある人をあの街でキャッチ


 

PARIS

撮影当時(2020年11月)ロックダウン中のパリでは、限られた外出時間を楽しむかのような、リラックス感漂う装いが主流。のびやかなスタイルのなかにもポイントカラーをぴりりと効かせるのを忘れないのが、上級者。

 

Sarah de Mavaleix
スタイリスト、 『The Skirt Chronicles』 アートディレクター

スタイルのある人をあの街でキャッチ Sarah de Mavaleix

「モダンで建築的なシルエットの服が好き」なサラがピックアップしたのは〈ルメール〉のメンズジャケットと〈ジル サンダー〉のパンツ。オーバーサイズの着こなしを引き締めるのが上質な小物だ。〈エルメス〉のキーホルダーと〈カルティエ〉のタンクはどちらも母から譲り受けた大切なヴィンテージアイテム。「半年に一度くらい自分のなかで色のブームが来るんです。いまはグリーン!」

スタイルのある人をあの街でキャッチ Sarah de Mavaleix


 

Lamia Lagha
スタイリスト、 クリエイティブディレクター

スタイルのある人をあの街でキャッチ Lamia Lagha

「新進クリエイターたちを応援するようにしています」。赤いソックスとコーディネートした〈マリアム・ナッシアー・ザデー〉のPVCのウェッジサンダル、〈BY FAR〉のバッグ、〈ジャックムス〉や〈LA MANSO〉のアクセサリーはどれもラミアの友人たちが手がけているブランド。ベストやタートルニットはヴィンテージで。

スタイルのある人をあの街でキャッチ Lamia Lagha ウェッジサンダル


 

Gaëlle Mancina
〈Sans Façon〉ファウンダー

スタイルのある人をあの街でキャッチ Gaëlle Mancina

アンティークのテーブルセットを扱う会社を営むガエル。「〈バブアー〉や伝統の鮮やかな配色のニットなど英国スタイルに惹かれます」。バッグはバスク地方で1890年創業の〈MAISON LAFFARGUE〉。「もとは馬具を扱うメゾン。丈夫なのに佇まいは本当に上品」


 

Alexandra Ricci
フリーランス コミュニケーション

スタイルのある人をあの街でキャッチ Alexandra Ricci

「パリでおすすめのヴィンテージショップは、2区にあるエピソード。安くて、スポーツものからお宝までいろいろ掘れるのでマメにチェックします」。ヴィンテージラバーのアレクサンドラが、古着のジャケットに合わせたのはノスタルジックな〈BOURGINE〉のミニ。アイウェアは〈クロエ〉をセレクト。

 

Photo: Mari Shimmura Coordination: MASAE TAKANAKA Text: GINZA

GINZA2021年2月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年11月号
2021年10月12日発売

GINZA2021年11月号

No.293 / 2021年10月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
結局最後はヘアスタイル!
ファッションとの密接な関係

ヘアスタイルが決まれば
すべてうまくいく

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)