スタイリスト仲子さんが考える、フェススタイル

スタイリスト仲子さんが考える、フェススタイル

ギンザ(以下ギ)「SOWA SOWAしちゃうわ、DOKI DOKIしちゃうわ」

仲子(以下仲)「あ、なんか楽しそうですね。デートですか?」

「やーねー、人を色ボケみたいに。フェスの季節到来で、ハヤる気持ちがつい口からでちゃったんですよ。仲子ちゃん、フェスのご予定は?」

「今年は『頂』に行こうってさっき約束をしたところなんです。私にとって音楽とはお酒とのマリアージュ。気分良くなるものなんです」

「あら、なんか上手いこと言った感。スタイリスト的にフェス服のアドバイスがあったらプリーズ」

「フェススタイルで大事なことは、ズバリ! FPOです。Festival(フェス)、Place(場所)、Occasion, Opportunity(場合)に合わせて服装を選ぶこと。ひとつひとつ見ていきましょう」

 

野外フェス系(遠方)

スタイリスト 仲子 フェス フジロック サマソニポンチョ ¥31,000(ハンター|ハンタージャパン カスタマーサービス)ワンピース ¥6,800(チェド|ビームス ボーイ 原宿)ハット ¥4,700 レインブーツ ¥15,800 バックパック ¥23,000(すべてザ・ノースフェイス|ザ・ノースフェイス3(マーチ))スカーフ ¥18,000(ヘンリック・ヴィブスコス|デューン)

スタイリスト 仲子 フェス フジロック サマソニブルゾン ¥26,000 ソックス ¥1,700 バックパック ¥19,500(すべてザ・ノースフェイス|ザ・ノースフェイス3(マーチ))パンツ ¥4,900(チャンピオン)ハット ¥3,500(ビームス ボーイ|ともにビームス ウィメン 渋谷)サングラス ¥21,000(レイバン|ミラリ ジャパン)ブーツ ¥55,000(ダナー|ダナー)

「これはアウトドア系スタイルですね」

「ご名答。フジロックとかガチ系野外フェスなら、雨よけできるアイテムは必須! 泥も水たまりもへっちゃらな長靴やマウンテンシューズも重宝するし、直射日光から身を守るハットも欠かせません。宿泊するなら大きめなリュックもマストでしょ」

都市型フェス系 その1

スタイリスト 仲子 フェス フジロック サマソニブルゾン ¥13,000(ヘリーハンセン|ヘリーハンセン 原宿店)ワンピース ¥43,000(スージー ウィンクル|アメリカンラグ シー 新宿フラッグス店)サコッシュ ¥7,500 ※ビームス ボーイ 原宿限定カラー(ブリー フィング×ビームス ボーイ|ビームス ボーイ 原宿)ブーツ ¥22,000(ドクターマーチン|ドクターマーチン・エアウエア ジャパン)

「あれ? でもこれはアウトドアブランドの割に、軽装というか荷物少ないっていうか」

「港町Yokohamaリスペクト、上下『ヘリー ハンセン』で行くグリーンルームスタイルです。『アタシ中目黒から東横線に乗ってぇ曲ぅ聴きに来ましたけどなにか?』的なノリでシティガールを気取ります」

都市型フェス系 その2

スタイリスト 仲子 フェス フジロック サマソニTシャツ ¥4,800(グッドロックスピード|ビームス ウィメン 渋谷)スカート ¥14,800(オブクリエイション×ビームス ボーイ|ビームス ボーイ 原宿)ウエストポーチ ¥3,400 ネックレス ¥37,000(イディアリズムサウンド|イディアリズムサウンド)ブーツ ¥50,000(ジョン ローレンス サリバン|ジョン ローレンス サリバン)

「これはヒールブーツ履いちゃってるから都市開催系ですね」

「その通りです。夏は暑いからより軽装が好ましいですね。出演するしないに関わらず、自分の好きなミュージシャンのT シャツを着るのも良いですよね。出会いのきっかけにもなります。そしてこれはサマソニスタイルなのです」

野外フェス系 ビーチ

スタイリスト 仲子 フェス フジロック サマソニハット ¥19,000(ラック オブ カラー)ワンピース ¥30,000(アメリカンラグ シー|アメリカンラグ シー 新宿フラッグス店)サンダル ¥11,000(キーン|キーン・ジャパン)バッグ 各¥11,000(マス アモア|ジャーナル スタンダード レリューム 表参道店)ストール ¥29,000(アソース メレ フォー ロンハーマン|ロンハーマン)

「あれ? 家出少女混じってますけど?」

「失敬な。海フェスですよ。ゆったりワンピースにかごバッグを持って、海辺で音楽を満喫しましょうよ、というスタイルです」

「それにしてもバッグ多すぎやしませんか?」

「バッグの数=やりたいことの数です。もしかしたら海で泳ぎたくなるかもしれないから水着、活字を追いたくなるかもしれないから本、好きなお酒におつまみ、人生ゲームも必要かもしれません」

「あれ? ゆったり音楽を聴きに行くんですよね?」

【お問い合わせ】アメリカンラグ シー 新宿フラッグス店 03-5366-5425/ イディアリズムサウンド 03-5773-5070/ キーン・ジャパン 03-6416-4808/ ダナー 03-3476-5661/ デューン 03-5738-0887/ ドクターマーチン・エアウエアジャパン 03-5428-4981/ ジャーナル スタンダード レリューム 表参道店 03-6438-0401/ジョン ローレンス サリバン 03-5428-0068/ ザ・ノースフェイス3(マーチ) 03-6418-4921/ ハンタージャパン カスタマーサービス 0120-563-567/ ビームス ウィメン 渋谷 03-3780-5501/ ビームス ボーイ 原宿 03-5770-5550/ ヘリーハンセン 原宿店 03-6418-9669

スタイリスト 仲子菜穂
Nao Nakako

漫画とお酒をこよなく愛するスタイリスト。トラッドやワークといったメンズ由来の着こなしに、モードなエッセンスを効かせたスタリングに定評がある。ときにインテリアやプロップを手がけることも。


Text:Harumi Hino Styling:Nao Nakako Photographer:kimyongduck Model:Amy Hair&Make:Aya Murakami

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年10月号
2019年9月12日発売

GINZA2019年10月号

No.268 / 2019年9月12日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW

秋冬は何を着ればいいの?
知りたいのはINなスタイル!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)