SEARCH GINZA ID

編集K、10年ぶりのテニス復活の軌跡。ポロシャツのサイズについて考える

編集K、10年ぶりのテニス復活の軌跡。ポロシャツのサイズについて考える

「ごち惣家」という、一見名前もフォントもどうでもいい感じなんだけれど実は店員さんのホスピタリティと居酒屋としてパーフェクトなメニューラインナップ、そして東銀座界隈では珍しい朝5時までの営業が嬉しい店を教えてもらって以来、ときどき通っている。この前「ごち惣家」でポパイの長谷川昭雄さんと加藤直子さん、ヘアメイクの矢口憲一さんと日本酒を飲んでいたとき、私は6月号のチープ・シックの特集の内容を考えていて話題はスポーツウェアになった。具体的には私が前日テニス帰りに買った〈ラコステ〉のポロシャツ(白)が似合わなくて困っているという相談だ。答えはすぐに出た。長谷川氏曰く、ポロシャツは極端にデカいかタイトか、どちらかのサイズ感で着るのがいいらしい。あーしまった、ジャストフィット(メンズの1)を買ってしまった。ボーイズで選んだほうがよかったかもな。そもそもポロシャツはおしゃれな人ならさらっと着られるんだろうけどそうじゃないと即おばさん行きの危険なアイテム。特にレディスを選ぶとおばさんが約束される。超デカいかタイトかのどちらか。気をつけて。

 

 

lacoste_ポロシャツメンズの1サイズ。174cmの自分には本当にジャスト。ボーイズサイズのほうが小さめでかわいかったかも。あるいはメンズのもっと大きいやつに。

 

ellesse_ポロシャツ

エレッセの〈AUTHENTIC ATHELETIC〉ていう新ラインお披露目会で見たミニマルな雰囲気のポロワンピースをぴたっと着るのも女の子ならではでかわいいかもしれない。

編集K

学生時代ぶりにテニスに夢中。ナイキのスウェットパンツもそろそろ暑くなってきたので、ショートパンツ問題と真面目に向き合います。

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2020年1月号
2019年12月12日発売

GINZA2020年1月号

No.271 / 2019年12月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
おしゃれな人が毎日、使うもの

センスのいい人の
生活に必要なアイテム

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)