編集K、10年ぶりのテニス復活の軌跡。テニスにどんなバッグで行くか問題

編集K、10年ぶりのテニス復活の軌跡。テニスにどんなバッグで行くか問題

テニスに行くときどんなバッグで行っていますか?いわゆる「ラケットバッグ」みたいなものはあまりおしゃれなものがないし、本気が過ぎるし、部活帰りの中学生じゃないんだから避けたい。理想は『アニー・ホール』のヒロインみたいなラルフローレンテイストのバッグにウッドのラケットを入れて、みたいなものだけれど、第一そんなウッドのラケットなんて使ってないし、たかだか井の頭線で10分ちょっとの杉並区内のテニスコートまでラルフローレンなんて洒落られない。だからありあわせのリュックサックやショッピングバッグにラケットを突っ込んでせっせと通っていた。でも最近ちょっといいんじゃないかと思ってるものがあって。

〈L.L.Bean〉のXLサイズのトートバッグ。ラケットもすっぽり入るし、ジップトップなら汗まみれのタオルもウェアも気兼ねなく収納できる。モノグラムも大好きな『Tennis』って入れようかな。とか考えてる。どんだけー。彼氏の名前のタトゥーを刻むギャルの気持ちが今ならよく分かる。

編集K

10数年ぶりにテニスと再会したらあまりに面白くて夢中になっている。せっかくならファッションも楽しみたいところだけれど特にウィメンズのテニスウェアは昔と大差なくあまり好きなものが見当たらず。そんな中でもナイキのシューズは90年代のヒーロー、ピート・サンプラスモデルの復刻版で、ストリートぽい足元をコートで楽しんでいる。

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年7月号
2019年6月12日発売

GINZA2019年7月号

No.265 / 2019年6月12日発売 / 予価880円

This Issue:
クローゼットスナップ!/Tシャツ

あなたのクローゼット
開けていいですか?

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)