SEARCH GINZA ID

フラワークリエイター・篠崎恵美さんのお店に潜入。〈ザ・ノース・フェイス〉のある生活vol.2

フラワークリエイター・篠崎恵美さんのお店に潜入。〈ザ・ノース・フェイス〉のある生活vol.2

1966年の創業以来、トレッキングだけでなくランニングやスキー、スノーボードなど、あらゆるシーンに対応するアイテムを展開してきた〈ザ・ノース・フェイス〉。機能性はそのままに、毎シーズンアップデートするスタイリッシュなデザインは世界中で人気を博し、ストリートファッションにも取り入れられている。そんな〈ザ・ノース・フェイス〉の今季のアウターを様々な分野で活躍する4名がセルフコーディネートする短期連載。第2回目は、「エデンワークス」のフラワークリエイター・篠崎恵美さんが、[ジップインマグネライトニングフーデッドコート]と[ジップインマグネアコンカグアジャケット]の2枚のアウターを重ね着して登場。


生花を扱うため、涼しい場所での水仕事は当たり前。まだ日も出ていない朝の3時に、市場へ買い付けにいくこともしばしば。上着は一年中必需品という篠崎恵美さん。「花を抱えて動かなくてはいけないので、腕まわりは常にすっきりしていたいです。今日着ているのは2枚とも軽いので、重ね着しているのを忘れてしまうほど。春夏はコートのみ、秋冬はジャケットを忍ばせたりと、着まわせそうですね。汚れやすい環境なので、水を弾いてくれるのも嬉しいです」

篠崎恵美 エデンワークス ザ・ノース・フェイス ジャケット

シンプルな装いが好きな篠崎さんは、ワードローブも白や黒、ベージュの洋服が多いという。作業場でも、長靴を履いたり、汚れが目立たない服を選ぶのではなく、着たい服を着るのがモットー。ジャケットの中は、真っ白なワンピースにベージュのパンツを合わせ、淡いトーンにまとめたスタイル。シューズとインナーダウンの黒が差し色に。
「おしゃれを制限されるのは嫌なんです。普段はモノトーンを手に取ってしまいますが、このコートのブラウンのくすんだ色味に惹かれました。スカートとか、あえてレディライクなアイテムも合いそうですね」

ザ・ノース・フェイス ジャケット

ジップインマグネライトニングフーデッドコート(アースブラウン)¥33,000
サイズ展開: XS、S、M、L、XL

オンラインストア

 

ザ・ノース・フェイス ダウン

ジップインマグネアコンカグアジャケット(ブラック)¥35,200
サイズ展開: S、M、L、XL

オンラインストア

 

前回は、雨のパレード・大澤実音穂さん
次回は、女優の片山友希さんが登場。

Profile

篠崎恵美 しのざき・めぐみ

フラワークリエイター。2009年に独立後、百貨店のウィンドウディスプレイや店内装飾、ブランドとのコラボレーション、雑誌や広告、CM、MVなどの大型セットから小道具まで、独自の感性で花にまつわる様々な創作を行っている。フラワーショップ「edenworks bedroom」ほか、都内3店舗を経営。
Instagram: @edenworks_

【問い合わせ先】

株式会社ゴールドウイン カスタマーサービスセンター
Tel: 0120-307-560

2021年秋冬コレクション(レディース)

公式ホームページ

Photo: Takemi Yabuki Hair&Make up: Yuko Aika Edit: Yu-ka Matsumoto Text: Nico Araki

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

MAGAZINE

2021年12月号
2021年11月12日発売

GINZA2021年12月号

No.294 / 2021年11月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
80年代カルチャーガイド!

賑やかだった時代
80年代にタイムスリップ

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)