SEARCH GINZA ID

ティファニー、現代版リメイクはエル・ファニング

ティファニー、現代版リメイクはエル・ファニング

ティファニー〉が2018 年の広告キャンペーン「Believe In Dreams」を公開した。映画『ティファニーで朝食を』の名曲「ムーン・リバー」が、女優のエル・ファニングの歌声とヒップホップ アーティストのエイサップ・ファーグの歌詞でリメイクされ、新たに蘇った。〈ティファニー〉にとっては、これが初のレコーディング曲となる。動画付きで紹介する。


映画『ティファニーで朝食を』へのオマージュ

このキャンペーンでは、自由な精神を持つ女優エル・ファニングとアーティスト エイサップ・ファーグ、この両アーティストをフィーチャー。「ニューヨークは何でも起こりうる場所であり、〈ティファニー〉は夢が現実となる場所である」という〈ティファニー〉の理想を象徴している。

キャンペーンビデオは、エル・ファニングがニューヨーク5番街〈ティファニー〉本店のウィンドウを覗き込むモノトーンのシーンから始まる。これは1961年に公開された映画『ティファニーで朝食を』のオープニングシーンにオマージュを捧げたもの。その後、舞台はニューヨークのストリートが音楽や色彩で溢れる夢のような世界へと変貌する。流れるのはエイサップ・ファーグがオリジナルの歌詞を手掛けた「ムーン・リバー」のリメイク版。エル・ファニングが軽やかに美しい歌声を響かせる。

Tiffany

Tiffany

映画監督 フランシス・ローレンスが
ニューヨークに魔法をかける

撮影したのは、ポップカルチャーを代表するミュージックビデオや映画制作で知られ、映画『ハンガー・ゲーム』の監督も務めたフランシス・ローレンス。 ニューヨークのストリートは魔法のような背景となり、街に溢れるスタイルやエネルギーは、ライアン・ハフィントンの振り付けによるダンスで見事に表現された。エル・ファニングは、ティファニー ブルーをまとったキャストとともにニューヨークの街角を舞い踊る。

シーンを彩る「ティファニーT」、 「ティファニー ハードウェア」など〈ティファニー〉のアイコニックなジュエリーコレクションも目が離せない。

Tiffany

Tiffany


ーーエイサップ・ファーグは、次のように語る。

「僕はハーレムの出身です。有名な〈ティファニー〉の5番街本店からは遠い場所ですが、ミッドタウンにあるハイスクール・オブ・アート・アンド・デザインに通学していたため、毎日〈ティファニー〉の5番街本店の前を通っていました。何年もティファニーの前を歩いて通り過ぎていただけの僕の顔や声、作った歌詞が、そのブランド ストーリーの一部になる日が訪れるとは夢にも思いませんでした。これこそ、現実に起きた【夢】です。」

問い合わせ:ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク tel:  0120-488-712  www.tiffany.com

Text&Edit: Hiroko Chihara

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)