SEARCH GINZA ID

新進気鋭の東京ブランドから探る、次なる「かわいい」の行方 vol.2

新進気鋭の東京ブランドから探る、次なる「かわいい」の行方 vol.2

不安定な情勢が続く中で、人の心を明るく照らすファッションとは? 新しい季節によく似合う、最先端の「かわいい」とは? 気鋭の東京ブランドが提案する最新コレクションからその答えを紐解く。第2弾は、ニットウエア中心のユニセックスブランドやオーダー制のアルファベットジュエリーブランドなどをピックアップ。〈TELMA〉〈KANAKO SAKAI〉〈SATORU SASAKI〉をフィーチャーした第1弾はこちら


HARUNOBU MURATA

ニュートラルな色彩に、
ユニークなカッティングが映える

デザイナーの村田晴信が、2018年春夏コレクションまで〈ジル サンダー/JIL SANDER〉のウィメンズ部門デザインチームに所属した後に日本でスタート。コンセプトは“ラグジュアリーオブサイレンス”。クリーンでシンプルながら、ひねりを加えたカッティングのドレスが話題。日常にしっくりと馴染むニュートラルな色彩も特徴のひとつだ。2022年春夏シーズンは20世紀初頭のフランスのアマチュア写真家、ジャック=アンリ・ラルティーグが着想源。上質で極めてモダンながら、着る人の生活に寄り添う色合いや素材で構成されたコレクションだ。

ギャザードレス ¥92,400(ハルノブムラタ|ザ・ウォール PR Tel: 03-5774-4001)/ヘアアクセサリー*スタイリスト私物

肩から背中にかけてケープのような丸みを帯びたデザインで、ドローストリング部分と袖の2つから腕を出せるユニークなドレス。大胆なフォルムと、落ち着いたブルーグレーの色合いという絶妙なバランス感は、〈HARUNOBU MURATA〉ならでは。シンプルに、潔く1枚で着たい。

バックベルテッドロングドレス ¥137,500(ハルノブムラタ|ザ・ウォール PR Tel: 03-5774-4001)/パテントレザーパンプス ¥108,900(セルジオ ロッシ|セルジオ ロッシ カスタマーサービス Tel: 0570-016600)/ヘアアクセサリー*スタイリスト私物

軽やかに、縦にストンと落ちる素材感のマキシ丈ドレスは、夏のシックな黒の装いとして活躍しそう。シンプルにオールブラックスタイルで仕上げるもよし、半袖やVネックを生かしてレイヤードを存分に楽しむもよし。背面に施したストラップや、ボタン付きの折り返し袖もちょっとしたポイントに。

fluss

デザイン性と心地よさを兼ね備えた、
ユニバーサルなニットウェア

この春にデビューした〈fluss〉のデザイナー、児玉耀は、デザインスクール「coconogacco」を経て、ロンドンのセントラル・セント・マーチンズのニット科へ。卒業後の初コレクションも、編み地に和紙を混ぜたポロニットやカラフルなマルチボーダーなど、手の込んだ新鮮なニットアイテムが中心。性別や年齢を軽々と飛び越えて楽しめるユニバーサルな素材とデザインが魅力。提案するすべてのアイテムに名前がつけられているのも面白い。

ニットベスト〈geo line vest〉¥33,000、ロングスリーブトップス〈sun rise top〉¥29,700、ハーフパンツ〈basket shorts〉¥52,800、ロングパンツ〈sun set sweat〉 ¥38,500(以上フルス @f_l_u_s_s)/リボンパンプス ¥60,500(サキアス contact@sakias.net)

サンライズを表現したという配色のマルチボーダーの上に、バイアスストライプ柄のベスト、白い布帛をドッキングしたハーフパンツを重ねて。薄手のニット素材だから、春夏シーズンでも過ごしやすい。

シャツ〈western pull over〉¥33,000、ナイロンパンツ 〈western cowboy trousers〉¥40,700(共にフルス @f_l_u_s_s)/スニーカー ¥59,400(ピエール アルディ|ピエール アルディ 東京 Tel:03-6712-6809)

カウボーイからインスピレーションを得たコレクションの代表的アイテム「ウェスタン プルオーバー」。胸元のカットアウトデザインや、黒糸刺繍、ラウンドカット裾でモダンにアレンジ。目の覚めるような鮮やかなオレンジのナイロンパンツに合わせてカジュアルダウン。

Stellar

ハンドメイドで丁寧に作られる、
オンリーワンなアルファベットピアス

26文字すべてを揃えて、自由に言葉を作ることができる、オーダーメイドのアルファベットジュエリーブランド。生産コストの高さやファッション性をクリアしながらすべてのアルファベットの型を作り上げるのは、実は至難の業。それでも、「推しの名前をアクセサリーにできたら…」、「コンサートやウェディング、動画配信など大切なイベントをもっと特別に!」という情熱から、構想2年以上をかけて完成。現在はピアスのみの展開で、オーダー後、東京都内の工房で職人により一点一点ハンドメイドされる。

アルファベットジュエリー〈WE♡SUN〉 ¥19,800(ステラー www.stellarforyou.com)/シャツ ¥42,900(サトル ササキ|ザ・ウォール ショールーム Tel: 03-5774-4001)

右耳に「WE♡」、左耳に「SUN」、リゾート地でのサマーホリデーに想いを馳せて。24金メッキ加工を施し、ギラギラと反射する艶のあるゴールドピアス。ポップでファッショナブルなアクセントとして、とっておきの日に取り入れたい。

Photo: ISAC(SIGNO) Styling: Yumeno Ogawa Hair&Make-up: Miki Ishida(SHISEIDO) Model: Ichie, Marianna Seki Text&Edit: Kaori Watanabe(FW)

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2022年6月号
2022年5月12日発売

GINZA2022年6月号

No.300 / 2022年5月12日発売 / 特別定価860円

This Issue:
洋服愛あふれるワードローブ紹介
クローゼットスナップ!

ZOOM UP
クローゼットの中身!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)