SEARCH GINZA ID

注目ブランド、アンバランスの魅力を考察〈rokh〉〈KIMHĒKIM〉〈D’heygere〉

注目ブランド、アンバランスの魅力を考察〈rokh〉〈KIMHĒKIM〉〈D’heygere〉

完璧にバランスをとるのもいいけれど、不完全であることにも魅力がある。アンバランスを体現していると思われる注目ブランドに直撃取材し、2020-21年秋冬パリコレのオフランウェイでルール度外視の着こなしを激写。アンバランスについて真面目に考えてみる。


rokh

rokh

テーラードスーツやトレンチコートが代表的だが、それらは解体、再構築されているなど、一手間加えられているものが多い。

「アイコニックなアイテムで遊ぶことが好きです。伝統的なやり方でものづくりをしつつ、未完成であるかのように見せるために内部の構造をあらわにしたり、美しく仕上げた製品を逆さにしたり。アンバランスにすることはクリエイティブで楽しい冒険ですが、最終的にまとまりを持たせるようにします」(デザイナー: ロク・ファン)。

2020年春夏はスニーカー、イブニングドレス、登山用具といった異なる要素をぶつけ合った。

「上写真のルックは特にわかりやすいかもしれません。エレガントなドレスに、現代アートのような発想で巨大なキャンバスバッグを持たせました。レザーベルトは留め具が反対になっています」

ロクは「完璧なアンバランス」を求めているという。ロックにおけるアンバランスは、緻密な計算の上に成り立っているようだ。

rokh

ベーシックなアイテムがベースとなっているが、袖がアシメトリーになっていたり、長いフリンジがあしらわれていたりする。ブラウス ¥70,000、スカート ¥72,000(共にロック | アデライデ)

Profile

Rok Hwang ロク・ファン

韓国で生まれ、10代をテキサスで過ごす。セント・マーチン美術大学を経て3年間フィービー・ファイロ率いるセリーヌに在籍。2016年ブランドを設立する。18年LVMHプライズ特別賞受賞。


KIMHĒKIM

KIMHĒKIM

リボンモチーフはカチューシャやベルトなどで展開している。ブランドタグをたくさん付けるテクニックもシグネチャー。フェイクレザーのコート ¥117,000、Tシャツ ¥36,000、カチューシャ ¥60,000*すべて参考価格(以上キムヘキム | エンメ)

巨大過ぎるパールやリボンなど、まず気になるのは大きさのアンバランスさだが、デザイナーのキミンテ・キムへキムは、ディテールによりそれが表れているのではないかと言う。

「2020-21年秋冬では、ラペルを取り除いたジャケットを作りました。不完全な仕上がりが美しいと思っているんです。また、左右それぞれにノッチドラペルとピークドラペルを配したジャケットもあります(写真下)。“アン”と名付けたのですが、それは、赤毛のアンが気分屋だから。あれも好きだけど、これも好き、という移り気な女性におすすめです」

他にも襟が大きなシャツを「エルフ(妖精)シャツ」と呼ぶなど、不思議なムードを漂わせる。「すべての意見をリスペクトする」という意味を込めたという大きな黒いハートがたくさん付いているアイテムにも目がいくが、それは変わったバランスだとは思っていないよう。キミンテは飄々とアンバランスを生み出している。

ジャケット

Profile

Kiminte Kimhekim キミンテ・キムへキム

韓国生まれ。2009年パリのステュディオ・ベルソー卒業後、バレンシアガで経験を積む。14年ブランド設立。20年春夏よりパリコレのオンスケジュールでショーを行っている。


D’heygere

D’heygere ブレスレットリング

それぞれに指を入れても、重ねづけしても、腕につけても。ブレスレットリング ¥57,564(デヘレ | エムエイティティ)

D’heygere ツィスターバッグ

どのハンドルを持ってもいい。チェーンストラップの付け方もいろいろ。ツィスターバッグ H17×W30×D5.5cm ¥184,500(デヘレ | エムエイティティ)

花や丸めたお札を挿せるピアス、ジーンズを模したポケットがぶら下がっているベルトなど、ユーモアあふれるアクセサリーを展開しているデヘレ。

「元になっているのはクラシックなジュエリーで、それをリピートしたり、ジュエリーとは関係のないものを組み合わせたりしています。2020-21年秋冬では、ピアスのキャッチを何個もつなげたピアス(写真1)を発表しました。また、ブランド設立2周年ということもあり、バースデーキャンドルを組み合わせたリング(写真2)も。ホワイトボードが付いていてメッセージが書けるピアス、ブレスレット、ネックレスもありますよ(写真3)。深刻な問題が山積みの世の中ですが、毎日楽しく身につけてもらいたいんです」(デザイナー: ステファニー・デヘレ)。

おなじみのアイテムの組み合わせの妙で、新しさへと導く。

「クラシックをツイストして、〝ニュークラシック〟にすることをめざしています」

Profile

Stéphanie D’heygere ステファニー ・デヘレ

ベルギー生まれ。アントワープ王立芸術アカデミーでファッションを学ぶ。メゾン マルジェラなどを経て、2018年ブランド設立。同年ANDAMファッション・アワードのアクセサリー・プライズを受賞。

Photo: TOKI (model) Styling: Yuka Sakakibara Hair: Kazuhiro Naka (KiKi inc.)
Make-up: Maki Ihara (Perle Management) Model: Violetta Text&Edit: Itoi Kuriyama

GINZA2020年5月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年11月号
2020年10月12日発売

GINZA2020年11月号

No.281 / 2020年10月12日発売 / 予価850円(税込み)

This Issue:
本のおしゃれ虫になる
GINZA読書案内

本を読む人
おすすめ187冊

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)