☆ヴァンクリーフ&アーペル☆深まる秋のキラキラを求めて(vol.7)新作発表会「The Poetry of Time」

☆ヴァンクリーフ&アーペル☆深まる秋のキラキラを求めて(vol.7)新作発表会「The Poetry of Time」

一年でもっとも過ごしやすいと言われるこの季節、ファッション業界はパーティーやイベント、展示などが目白押し!素敵なものがあると聞けば、西へ東へ、どこへでも駆けつけるGINZAスタッフの「キラキラ」レポートシリーズです。


フランスを代表するジュエラー〈ヴァン クリーフ&アーペル〉のSIHH(ジュネーブサロン)2017で公開された新作の発表会が、東京・南麻布のギャラリー「游庵」で開催されました! 今回は、こちらへお邪魔しました。

va2

Enchanting Nature(魅力あふれる自然)をテーマにした空間に飾られていたのは、写真家の蜷川実花さんの作品の数々。華やかな色合いと美しい写真が、〈ヴァンクリーフ&アーペル〉のジュエリーや時計と見事に調和します。

va4

日本を代表する桜を背景にした情緒的な世界観。

発表会での目玉は、「レディ アーペル パピヨン オートマタ ウォッチ」。特別なオートマタ モジュールを搭載し、自然のままの 蝶の羽ばたきを見事に表現しながら、優しい風景の中に移ろう時の流れを描きだすという、なんともロマンチックなもの。左側の蝶はパワーリザーブ量に応じて連続して 1〜4回、ランダムに羽をはためかせます。動きが行われるのも不規則で、時計が身に着けられていないときは2〜4分ごと、着用されている時はより多くの頻度で蝶が羽ばたくそうで、まさに自然と人間が共存する瞬間を堪能できます。自然界というのは不規則で、そういった世界観を表現することもコンセプトの一つになっているそうです。

va1

ダイヤモンド、エメラルドをふんだんに使った煌めきも美しい「レディ アーペル パピヨン オートマタ ウォッチ」。

ほかにも、〈ヴァン クリーフ&アーペル〉を象徴する「アルハンブラ コレクション」や花言葉に着想を得た時計、てんとう虫を用いた時計、本物の鳥の羽根を使用した時計、「カデナ コレクション」や「ブトン ドール」コレクションなども並びました。クラフツマンシップを感じさせるデザイン、そして伝統とモダンが見事に融合し生み出された作品に触れることで、タイムレスなハイジュエリーの存在意義を考えさせられます。新作は是非、〈ヴァン クリーフ&アーペル〉のウェブサイトや店頭でチェックしてください!

va6

女性らしいデザインに惹かれる、「アルハンブラ コレクション」と「パピヨン クリップ」(左)。

va5

鳥のコレクション。

flower

愛が大きくなればケースのサイズも大きくなる! 左から、“出会い”、“真実の愛”、“新しい愛”を意味します。

Today's Brilliant

今日一番の「キラキラ」は、満開の桜の樹にヒントを得たピンク色の時計「チャーム エクストラ オーディネール フェ サクラ」。ダイヤルに付いたチャームをくるくる回すことができるのがポイント。100点限定です!

 

ヴァン クリーフ&アーペル
http://www.vancleefarpels.com/jp/

Text&Edit: Kurumi Fukutsu

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)