SEARCH GINZA ID

笑ってはいけないパリコレ!?を自分流に着こなす。〈VIKTOR&ROLF〉のカプセルコレクション

笑ってはいけないパリコレ!?を自分流に着こなす。〈VIKTOR&ROLF〉のカプセルコレクション

GINZA男子部見習い、編集アシスタントOです!シンプルになりがちな夏のファッション。最近、無地Tシャツばかりだよ…と悩むあなたに必見のアモーレ! なトップスをドーバー ストリート マーケット ギンザ(以下、DSMG)で発見!

VR1

VIKTOR&ROLF (ヴィクター&ロルフ) はギンザ読者にはおなじみ、そしてネット界隈でも実はおなじみのファッションブランド。某インターネット掲示板では、「斜め上すぎる」「笑ってはいけないパリコレ!?」とそのぶっとんだクリエイティブ力が話題で、(とある界隈ではですね)ジョンガリアーノ、トムブラウンと並び、“パリコレ四天王”と称されるブランドです。

xGOJy3Gq2qIaSK2BdoyUrAZzL_T_gZRdj-9UzJFJl_8

2016年6月10日(金)より、DSMG 1階 イベントスペース にて展示されている2016年春夏 オートクチュールコレクション「PERFORMANCE OF SCULPTURES」 はパブロ・ピカソをイメージしたコレクション。 ピカソの代表的な作風であるキュビズムらしさを彷彿とさせるデザインで、「洋服は彫刻と同じものだと言われているが、今回はまさに彫刻を作りました」と、 デザイナーのヴィクター・ホスティン(Viktor Horsting)とロルフ・スノラン (Rolf Snoeren)がコメントするように、昨年頃からオートクチュールに専念する彼らのテーマ「ウェアラブル・アート=着て歩く芸術」を体現。最近バスキアの絵画を約63億円で落札したゾゾの社長ではないけど、まさに所有するアート。さらにこれを着ると街中で一人美術館?!が完成します。

早速ネットでは、「歩く彫刻!」「まるで岡本太郎だ!」と話題沸騰!筆者は奇しくもギンザ読者が愛する巨匠、スパイク・ジョーンズ氏の映画『かいじゅうたちのいるところ』を連想してしまいました。間近に見ると、怖いというよりかわいいぞ!

kaijyu

ポロドレス、チュニック、そしてポロシャツ全3型(カラーは白と黒)から構成 されたカプセルコレクションはDSMGで実は販売も!見た中では白のポロシャツが着やすく、意外とどんなファッションにでも取り入れられそうです。シンプルになりがちな夏のおしゃれに“かいじゅう”を取り込んでみては?展示は7月7日までの予定です。

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)