☆ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニア☆深まる秋のキラキラを求めて(vol.14)ウィンターストリートコレクション

☆ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニア☆深まる秋のキラキラを求めて(vol.14)ウィンターストリートコレクション

一年でもっとも過ごしやすいと言われるこの季節、ファッション業界はパーティーやイベント、展示などが目白押し!素敵なものがあると聞けば、西へ東へ、どこへでも駆けつけるGINZAスタッフの「キラキラ」レポートシリーズです。


日本の伝統文化に高く関心を持っている〈ヴィヴィアン・ウエストウッド〉がいまの時代の問題として”BUY LESS CHOOSE WELL,MAKE IT LAST”=’よく選び必要なものだけを買い、長持ちさせることというメッセージの元、今後を担う世代に向けてイベントを開催!今回のキラキラは桁が違う。誰がどう見てもキラキラギラギラピカピカの世界に編アシNAが潜入して参りました!

〈ヴィヴィアン・ウエストウッド〉といえば、ユルゲン・テラーが撮る作品集VIVIENNE WESTWOOD, ANDREAS KRONTHALER, JUERGEN TELLER by Juergen Tellerの表紙をヌードで飾ったことが話題になったばかり年齢やカテゴリに捕われず真っ先に行動するパワフルな女性であることは有名である。そんな彼女に、または彼女の服に影響を受ける女性も少なくない。

ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニアフェス

ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニアフェス

アングロマニアの世界は流石アバンギャルドな空間。大東京音頭が流れる中、何やら怪しげな赤い照明に照らされながらやぐらでは盆踊りが行われている。それを囲むように立ち並ぶ屋台。人ごみの中、昔懐かしの風鈴売りが通り過ぎたかと思えばウェイターさんが飲み物を差し出してくれる。と、思うのも束の間、ドラァグクイーンが踊りながら横切る。ここは一体どこなのか。インビテーションに書いてあった”CHAOS”の文字を思い出した。

ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニアフェス 風鈴

屋台は日本のお祭りの慣れ親しんだラインナップ。射的、輪投げ、ヨーヨー吊り、スーパーボールすくい…。ブランドのロゴマークであるオーブやイラストが描かれてるものなどアングロマニアフェスならではのオリジナルグッズが獲得出来る。今回屋台のそこかしこで見かけたグラフィックは今年6月にロンドンで行われた〈ヴィヴィアン・ウエストウッド〉2018SSに登場したルックでも見かけるお金のゼロを意味する円。こんなにも早くお目にかかることができるとは…!なんとも新鮮な気持ちになってしまう。

ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニアフェス 射的

ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニアフェス 輪投げ

ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニアフェス

ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニアフェス

ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニアフェス 屋台
一段と賑わっているフロアではドレスアップしたインフルエンサーをキャッチ!

ヴィヴィアン・ウエストウッド スナップ 高橋愛
アングロマニアの文字がプリントされたフリースのワンピースにモンスター柄ロングスカートでコーディネートした高橋愛さん

アングロマニアフェス スナップ 沙羅マリー
沙羅マリーさんはチェックのショートパンツとピンク色のトップスを合わせ赤を差し色にしたコーディネート。

ヴィヴィアン・ウエストウッド スナップ マドモアゼル・ユリア
ブラックを基調にしたコーディネートにイエローの柄ソックスを合わせたマドモアゼル・ユリアさん

そして何と言っても今回の目玉はショー!会場は大きなミラーボールと共にレインボーの光。これぞキラキラ!キャバレーのような舞台とクラブのような照明に自然とテンションが上がってくる。

ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニアフェス

〈ヴィヴィアン・ウエストウッド〉2018SSルックを織り交ぜながらスタートしたショー。ロンドンで行われたショーのアーティスティックな部分は残しつつカジュアルに落とし込んだコーディネートが披露された。テキスタイル同士の組み合わせや素材のバランスは特に目を惹いた。

SHOW2 ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニア
中でも気になったのはロンドンの時は男性が着用していたものを今回は女性モデルが着ているルックがいくつかあったこと。昨今、ジェンダレスという言葉も聞き慣れてきたがファッションにも性別の隔たりが自然となくなっていくのかもしれない。

ヴィヴィアンウエスト・ウッド 福士リナ

ショーが終わると舞台にはドラァグクイーンの方たちがどこからともなく登場。

”CHAOS”と言えど国境や文化、性別などに境目がなくなってきた新しい今の時代を表しているのかもしれない。それは今回、日本の伝統文化が減少の一途を辿っていることを懸念しているヴィヴィアンが開いたイベントに対する思いと共にあるようにも思えた。

ヴィヴィアン・ウエストウッド アングロマニア

Today's Brilliant

今日一番の「キラキラ」は、ショーのフィナーレのモデルさんたち。スタイリスティックスの「愛がすべて 」に身を任せながら踊る姿はまさに輝いていた。

Text&Edit: nicoA Photo: Kanna Takahashi / WAG, Inc.

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)