ベルリン在住あっこさんの、ゆっくり作るホームパーティレシピ

ベルリン在住あっこさんの、ゆっくり作るホームパーティレシピ

長い連休、みんな何しているんだろう?「いいお休みを過ごせたな」と思えるアイディアが知りたいな。素敵なモノやコトに精通したあの人の、休日の過ごし方をちょっと覗き見。


 

ベジタリアン/ヴィーガンの友達とホムパ

せっかくの連休、普段できない読書や美術館でインプットもしたいけど、1日くらいは友達とご飯を作って家でワイワイやりたい。ゆっくり喋りながら一緒に料理すれば楽しいし、持ち寄りパーティならいろんな料理をちょっとずつ食べられて楽しい。食べてみたかった外国の料理にチャレンジするのも楽しそう。たまには自分で料理を作ると、この食べ物が私の身体を作るんだって実感できる。ということで、一応料理を生業にしている私の、年末のホームパーティにオススメのレシピを紹介します。

 

みかんとココナッツと苦い葉っぱのサラダ(4-5人前)

 

めっちゃ簡単で見た目も可愛い。味も面白くて美味しい冬の一押しサラダです。

 

■材料
みかん 3個
春菊 たっぷり一掴み
水菜 たっぷり一掴み(ベルリンでは春菊や水菜がないのでルッコラ、ラディッキオ、チコリを使いました。苦味のある葉っぱが合います。)
オリーブオイル 大2
酢 大2
はちみつまたはアガペ、砂糖 小1
ココナッツチップ 大2-3
レッドペッパー 大1.5
 

■作り方

①みかんは皮をむき半分に切ってバラバラにする。

②春菊、水菜は洗って食べやすい大きさに切る

③ボウルに野菜を入れ、オリーブオイルと、酢と蜂蜜かアガペまたは砂糖をよく混ぜたものをかけ、ココナッツも加え全体をふんわり和える

④最後にレッドペッパーをトッピングする。

 

 

ポレンタと大豆ボロネーゼ・グラタン(4-5人前)

ポレンタはイタリアのトウモロコシの粉で作られた不思議な食べ物。粉を鍋でかき混ぜているとあっという間にマッシュポテトのようになり、それを型に入れて冷やすとこれまたあっという間にういろうのようにぷるんとなります。それを多めの油で焼くとチキンナゲットのようなスナッキーな食べ物に。これ何?って感じです。ボロネーゼとチーズとよく合います。グルテンフリーなのでこれから日本でも流行るかも?

■材料

にんにく 2片
チリなど辛いもの 1個
トマト缶 1個
トマト 3個
玉ねぎ 半分
大豆ミート カップ1(ひき肉でも良いです)
オレガノ 小1
タイム  小1
ローズマリー 少々
とろけるチーズ たっぷり150g
塩 小1.5
コーンミール 2カップ
塩 小1
水と好みのミルク 合計600ml(今回私は1/3オートミルクで作りました)
お好みでナツメグ ひとつまみ
パセリ 適量

■作り方

①鍋にコーンミール2カップと水または牛乳、豆乳、オートミルクなどお好みのミルクを合わせて600mlを注ぎ火にかけながらかき混ぜ、塩とお好みでナツメグも加える。硬くなってきたら中~弱火でマッシュポテトのようになるまで混ぜ続ける。(30分以上かかるので他の作業をしながら時々かき混ぜてゆっくりと完成させる。本場では約1時間こねるらしいです。)

②鍋にお湯を沸かし大豆ミートを茹でる。約10分(パッケージに従ってください)。

③大豆ミートが柔らかくなったらざるにあげ、洗って軽く絞る。大きかったら粗みじん切りにする。

④にんにくと唐辛子、玉ねぎをみじん切りに、トマトは小さいダイスに切る。

⑤鍋にオリーブオイル大2を温め、にんにく、唐辛子を香りが立つまで炒め、玉ねぎを投入しきつね色になるまで炒める。

⑥ポレンタができたら型に入れ冷ます。(私は今回はケーキ用の四角い型に入れました。タッパーや深い皿でもオッケーです)

⑦オレガノ、タイム、ローズマリーと切ったトマト、大豆ミートを鍋に加えざっと炒め、トマト缶と塩を入れ、水分がある程度飛ぶようにしばらく中~弱火で煮込む。

⑧グラタン皿にトマトソースを入れチーズをかぶせオーブンで170度で20分ほどじっくり焼く。

⑨ポレンタが固まったら1センチくらいの厚さで好みの形に切ってフライパンに多めのオリーブオイル(分量外)を温め、強火でクリスピーになるまで両面を焼く。

⑩お好みでパセリを添え、ポレンタとグラタンを一緒に食べる。

 

赤ワインとビーツのチョコレートケーキ

焼いてから少し時間が経った方が馴染んで美味しいので前日に作っておくのがオススメ。満足な甘さを感じられる範囲で砂糖は控え目にしてあります!アイスクリームや生クリーム、フルーツを添えるとパーティ気分アップです。

■材料

卵 4
砂糖 120g
小麦粉 150g
ビーツ 80−100g
赤ワイン 100-150g(お酒が弱い人は少なくしてください)
カカオ70%くらいのビターチョコレート 100g (チョコチャンクを入れたければプラス50gを荒く砕く)
バター 150g
シナモン 小2
クローブパウダー 小2/3
好みのドライフルーツやナッツ 適量(今回はくるみとくこの実とアロニアを入れました)

 

■作り方

①卵をボウルに入れハンドミキサーにかけ、混ざったら、砂糖を小分けに入れながらよく混ぜる。

②小麦粉、シナモン、クローブをふるい入れ、ゴムベラでさっくり混ぜる。

③赤ワインを火にかけ、チョコレート100g分をざく切りにして入れ、溶かし、生地に混ぜる。

④バターも温めて溶かし混ぜる。

⑤最後にビーツをすりおろし、ざく切りにしたチョコやドライフルーツ、ナッツも混ぜ、型に流し170のオーブンで40-45分焼く。

 

せっかくの長い休み、いつもとちょっと違った料理で、お酒もお友達との会話も進みます。

是非お試しあれ〜。

あっこ(渡辺彰子) akko

渋谷で6年ちょっとおでん屋をしていたが、震災をきっかけに2012年よりベルリン在住。「ROKU Berlin」としてベジタリアン~ヴィーガンのケータリング。「JA HAI YES」としてリサイクル、コラージュ、ソーイング。ハーブティを調合して風邪をひいている人に無理やり飲ませるのがマイブーム。

Text: Akiko Watanabe

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年4月号
2019年3月12日発売

GINZA2019年4月号

No.262 / 2019年3月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
東京がパワフルだ!2019

春夏ファッションを
東京の街で楽しむ!

元号が変わり、オリンピックを前にあちらこちらで建物がヴァージョンアップ中。
2019年の東京の春は賑やかです。
そんな移りゆく街の風景の中で、最新ファッションストーリーを撮...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)