気の利いた手みやげを選ぶなら、チーズも良いよね。集まる人が笑顔になれるチーズ専門店5軒

気の利いた手みやげを選ぶなら、チーズも良いよね。集まる人が笑顔になれるチーズ専門店5軒

暖かくなってきて、ピクニック、BBQ、ホムパなど何かと集まりの多いこの季節。気の利いた手みやげを選ぶなら、やっぱりワイン? 合わせてチーズ? おいしいパンも必須だね。集まる人が笑顔になれる、最強のホムパのためのお店を選びました。ワインと来たらチーズでしょ!チーズ専門店5軒をご紹介。

Lammas

下馬

世田谷公園の真向かいにあるプチメゾン。2カ所のショーケースに並ぶ約70種のチーズは、店主の富山和亮さん、妹子さん夫妻が、ヨーロッパ各地の生産者や熟成士を巡りセレクトしたものを中心に食べ頃を見きわめて販売している。「春夏は山羊、冬はウォッシュやラクレットなどがおいしいです」。おすすめのチーズは、少量から試せるテイスティングボックスで提供。おいしいベーカリーやワインショップも近くにあるので、一緒に回ればホムパの準備は万全だ。

 5種セット(¥3,500)。この日は、青カビの〈スティルトン〉、白カビの〈ランゲリーノ〉、山羊の〈ペコリーノ〉、〈ミモレット18カ月〉、ウォッシュの〈カルバドス・ド・ラ・ミューズ〉。

gz12_IMG_2160

チーズはすべて専用のショーケースで、おいしい状態に熟成される。金曜に入荷する、スペシャルな水牛のモッツァレラも人気。サラミや生ハムを盛り込んだセットもある。


ランマス
東京都世田谷区下馬2-27-14
☎︎03-6453-2045
Facebook / WEBSITE
10:30~19:00
㊡ 月(祝日の際は営業)

Piatti

駒場東大前

イタリアのどんな町にもあるサルメリア(保存食の店)。それにかぎりなく近いスタイルの店を営む岡田幸司さんは、食材を通して、イタリアの食文化を紹介したいと話す。チーズは乳質のよいもの、ワインは食事に合うものをそろえ、食べ方、飲み方の提案もしている。たとえばエミリア・ロマーニャ州のパルミジャーノ・レッジャーノとランブルスコ、トスカーナ州のペコリーノとサンジョヴェーゼ。相方しだいでおいしさは倍になると納得だ。


トスカーナ州のペコリーノ(羊のチーズ)を、ピエンツァ・ノーチェ(くるみの葉)で包んで香りを移したチーズ(100g ¥1,000)には、同地区のサンジョヴェーゼ種のワイン〈オルチア・ロッソ・コッレオーニ 2013〉(¥3,900)が好相性。

 

チーズのほか加工肉にも愛情をそそぐ岡田さん。土日のみ、つくば「パネッツァ」のパンが入荷。


ピアッティ
東京都目黒区駒場4-2-17
☎︎03-3468-6542
WEBSITE
11:00~20:00
㊡月火(祝日の際は営業)

Alpage

神楽坂

アルパージュとは、アルプスの高地で放牧されて育った牛のミルクで作る特級チーズのこと。ここでは、その“山のチーズ”と、農家製チーズ合わせて約250種が、100gから買える。「元のミルクがよく、熟成しておいしい、そして個性のあるもの」が、店主、森節子さんのセレクトのポイント。チーズには、同じく発酵食品であるワインがよく合う。「特に人工的に手を加えないエキス分が豊かなものが合うみたい」と森さんセレクトのヴァン・ナチュールも約20種。

上から: 胡桃のリキュール入りの〈トラップ・エシュルニャック〉、ウォッシュの〈エポワス〉(共にフランス)、ベネズエラのカカオをまぶしたイタリアの〈カルヴル〉、トリュフをはさんだ〈デュオ・ドゥ・ブリー・トリュフ〉(フランス)。各100g ¥1,388 ~3,500

お客さんと話しながら、好みの味をぴたりと選ぶ森さん。スイス、オランダ、スペインのものもお試しを。


アルパージュ
東京都新宿区神楽坂6-22
☎︎03-5225-3315
WEBSITE
11:00~20:00(日祝~19:00)
㊡無休

IL GUSTO DOLCE VITA

神楽坂

イタリア食材の輸入会社直営で、全アイテム試飲・試食して買えるため、店内は常に活気に満ちている。なかでもチーズのパルミジャーノ・レッジャーノ・ミッレジマートは、出産後90日以内、もっともミルクが濃厚な母牛のものだけを使い、1年半、2年、3年の熟成期間違いの食べ比べができる。ワインは、スタッフが、ピエモンテ州やエミリア・ロマーニャ州などを訪ねてセレクトしたものが約100種。生産者と交流できるイベントもよく開いている。

パルミジャーノ・レッジャーノ・ミッレジマートの食べ比べ(200g ¥1,300~2,200)、熟成を経るにつれ、味わいが濃厚に!

左から: 赤いスパークリング〈チェチ・ランブルスコ NV〉、シチリア州ネロ・ダヴォラ種で造られる濃厚な〈ファジオ・ピエトラ・サクラ 2007〉と、爽やかな〈ミュラー・トゥルガウ 2014〉。¥2,191~5,368


イル・グスト・ドルチェ・ヴィータ
東京都新宿区神楽坂6-8-30
☎︎03-3235-7780
Facebook
11:00~20:00
㊡不定休

Euro Art

学芸大学

仏ブルゴーニュのディジョンで、チーズ熟成士の修業を積んだ店主の鈴木荒太さんは、「チーズは、ミルクの漬物。本来日常的なもの」と、愛情たっぷりに説明してくれる。熟成庫で寝かせた絶妙の頃合いが店頭に並ぶため、レストランのシェフなど食のプロにもファンが多い。今の時期は、仏ジュラ地方で寒い季節だけ造られるモンドールがおすすめ。店のオリジナルや、ワインや日本酒によく合うチーズのセットなども豊富にそろう。


上は、10月から3月の間だけ作られるモンドール“特熟”(700g ¥4,980/500g ¥3,980)。茹でたジャガイモにつけて食べるのが現地風。伊カンパーニャの水牛チーズ〈スカモルツァ・アフミカータ〉100g ¥980。オリジナルの〈トリュフベール 1/4〉¥1,450。仏サヴォワの冬の名物〈トム・オー・マール・レザン〉100g ¥1,200。パンは、あきる野市の「ラ・フーガス」のもの。


ユーロアール
東京都目黒区中央町2-35-17
☎︎03-5768-2610
WEBSITE
11:15~19:00
㊡月(祝は営業)

Photo: Kazuhiro Fujita, Naoki Tani Text & Edit: Junko Nakahama

2015年12月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年7月号
2019年6月12日発売

GINZA2019年7月号

No.265 / 2019年6月12日発売 / 予価880円

This Issue:
クローゼットスナップ!/Tシャツ

あなたのクローゼット
開けていいですか?

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)