SEARCH GINZA ID

ベトナムで食べたおやつ“冷たいアボカドクリーム”。平松洋子「小さな料理 大きな味」Vol.39

ベトナムで食べたおやつ“冷たいアボカドクリーム”。平松洋子「小さな料理 大きな味」Vol.39

小さな料理 大きな味 39

アボカドの可能性

「これ、二年前にスーパーで買った種から育てたの。すごいでしょう」

遊びに行った友だちの家の居間の窓ぎわ、自然光を浴びている鉢植えの木。すくすく伸びて長さ一メートル半ほど、細長いグリーンの葉が観葉植物のパキラに似ている。パキラなの?と訊くと、ううん違う、とFさん。

「アボカドなの。食べたあとの種の底を球根栽培みたいに水に浸しておいたら、白い根が出てきた。種ごと土に植え替えて、ずっと育ててる」

もう可愛くて家族の一員よと言うのを聞きながら、アボカドの種から木が育つというのは本当なんだな、と思った。あれから十年以上経つけれど、スーパーフードの威力に感動した記憶は褪せていない。

アボカドが世界一栄養価の高い果物だというのは、世界中が認めるところ。エネルギー代謝を上げるビタミンB群を豊富にふくんでいるから、疲労回復に絶大な効力があるといわれる。アボカドに手を伸ばすとき、黒い楕円球が栄養補給の飛び道具に見える。

それ以上にアボカドがすごいと思うのは、いくらでも姿かたちを変える変幻自在なところ。おかしな言い方だけれど、私には確信がある―自分は、アボカドの可能性をまだまだわかっちゃいない。

アボカドの窪みに、初めて醬油を数滴垂らしたときはびっくりした。まったく醬油に負けちゃいないのはなぜ? 果物なのに。

薄くスライスしてトーストにはさんだら、ものすごくゴージャスなサンドウィッチになった。チーズと同格かなと思ったけれど、違う次元のような気がする。

ペーストにしてミントや青唐辛子やレモンを混ぜたら、パンチの効いたメキシコ料理になった。

ざくざく潰して海老と和えてみる。そうしたら、白ワインにぴったりのひと皿が出来上がった。貝柱も合う。まぐろの赤身と和えてレモン汁を垂らすと、無国籍料理っぽくて楽しい。あ、こういうのが寿司ロールの世界なのか。

ある和食の店で、アボカドとベーコンの炊き込みご飯に遭遇したときは、意表を突かれて、降参した。ねっとりとご飯に絡みつく熱いアボカド、ベーコンの燻味。エネルギッシュな食べごたえに萌えた。

疲れやすい季節だから、上手にアボカドの力を借りたい。

ベトナムで食べたおやつを紹介します。

夏によくつくる「冷たいアボカドクリーム」。

【材料】
アボカド(大)1個
レモン汁小さじ1/2
練乳大さじ2

【作り方】
①アボカドの種を取り、果肉をボウルに入れて潰す。
②レモン汁と練乳を混ぜ、なめらかなクリーム状にする。
③保存容器に入れ、よく冷やす。

スプーンふた口でも満足が深い。

平松洋子 ひらまつ・ようこ

エッセイスト。食文化と暮らし、文芸をテーマに執筆活動を行う。『味なメニュー』(新潮文庫)、『そばですよ』(本の雑誌社)、『忘れない味 「食べる」をめぐる27篇』(編著/講談社)、『下着の捨てどき』(文春文庫)、『肉とすっぽん 日本ソウルミート紀行』(文藝春秋)など著書多数。近刊は京都在住の姜尚美さんとの往復書簡『遺したい味 わたしの東京、わたしの京都』(共著/淡交社)。

Illustration: Kanta Yokoyama

GINZA2021年8月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年10月号
2021年9月10日発売

GINZA2021年10月号

No.292 / 2021年9月10日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
physical stores
ショップの実力

フィジカルストア
お店に行きたいのです!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)