SEARCH GINZA ID

目と舌で楽しむクリエイティブな時間【神泉:Hone】

目と舌で楽しむクリエイティブな時間【神泉:Hone】

NEWLY OPENED
“FOODIE”なあの人を誘って

#08
Hone
[新泉]

目と舌で楽しむ
クリエイティブな時間

渋谷・円山町周辺は、いまフーディたちが集まるエリア。入り組んだ細い路地に洒落た飲食店が増えている。目印はオレンジの小さな看板だけ、という「Hone」もそのひとつ。古い和食店を自分たちでリノベーションした建物は、1階はキッチン&バー、2階がレストランに分かれている。木の温かみとモダンなインテリアが調和した空間は、洗練されているけど緊張せず、心地がよい。

若きシェフの富田涼さんは、フレンチやイタリアンで腕を磨いてきた。メニューを見ると、正統派フレンチや季節のパスタもあれば、ワカモレ、フライドポテトなど、カジュアルな小皿も並ぶ。

メインの牛サガリのローストは、赤身肉に添えられるイチジクやビーツまで赤のトーンで統一されて美しい。人参のピュレ、フォンとマルサラ酒を煮詰めた甘みのあるソース、マスタードなど4種類が添えられていて、最後の一口まであっという間。香ばしさと少しの苦味を含んだパウダーは、玉ねぎをオーブンでローストし粉末にしたもの。「産地から送ってもらう美味しい野菜を余すことなく使い切りたくて」と、富田さん。実はここ、母体がデザイン会社。そこのスタッフたちもアイデアを出し合い、ヴィジュアルブックなどから着想を得て、料理を考えることもあるのだとか。だからアートのような一皿が生まれるのだ。

ドーナツみたいな円卓や窓際のテーブルなど、それぞれ異なる雰囲気の席も魅力。今度はあそこを狙って予約してみよう。

記事一覧>>【連載】NEWLY OPENED

Hone

今はアラカルトのみ。木製の大きなワインセラーを構え、品ぞろえも充実しているから2軒目としても。

住所: 東京都渋谷区円山町17-2 
営業時間: 2F アラカルト18:00〜21:30、バー21:30〜24:00、1Fスタンド18:00〜24:00
定休日: 月火
Tel: 03-6416-1733

Photo: Kenya Abe Text: Kahoko Nishimura

GINZA2022年10月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2022年12月号
2022年11月11日発売

GINZA2022年12月号

No.306 / 2022年11月11日発売 / 特別定価880円

This Issue:
今、研ぎ澄ましたいのは
ヴィンテージ感覚!

ムードが高まる
新解釈ヴィンテージ

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)