SEARCH GINZA ID

摘みたてのハーブや自家製ダレで唯一無二のベトナミーズに【自由が丘:L’Atelier de Stand Bánh Mì】

摘みたてのハーブや自家製ダレで唯一無二のベトナミーズに【自由が丘:L’Atelier de Stand Bánh Mì】

NEWLY OPENED
“FOODIE”なあの人を誘って

#09
L’Atelier de Stand Bánh Mì
[自由が丘]

摘みたてのハーブや自家製ダレで
唯一無二のベトナミーズに

フレンチコロニアルな外観、ホーリーバジルやコブミカンなどが植えられた庭……。パリのベトナム料理店を彷彿とさせるここは、学芸大学の「Stand Bánh Mì」を手がける白井瑛里さんが開いた。アンティークやクラフトの家具に囲まれ、足を踏み入れた途端バカンス気分になる。

「多様な文化の影響を受けているベトナミーズの〝カオス感〟を大切にしながら、他にはない一皿を出したい」と、有機や無添加を軸に素材を仕入れ、スウィートチリやヌクチャムなどの調味料も全部手作り。鶏ガラスープは、10時間かけて煮込んでいるそう。だから生春巻きやフォーなどの定番も、ここにしかない味になる。

白井さんがとりわけ強い思いで向き合っているのが新潟産の米麺。「年々米の消費量が減っていると農家さんに聞いて、同じ米文化を持つベトナムの麺という形で広げていけたらと開業を決めたんです」。乾麺と違って生だから、喉越しはツルツル。ベトナム南部の郷土料理をアレンジした汁なし混ぜ麺「フーティウコー」は、黒酢がしっかりと効いていて、自家製チャーシューや空芯菜のナムルなど具もたっぷりだ。

そのインパクトに目を奪われたのは、スペシャリテのローストチキン。大阪の農家から仕入れるレモングラスのソースで下味をつけた大山鶏は、低温のオーブンで焼き、しっとりジューシーに。スパイスとニンニクが効いて、魅惑の香りに包まれる。自然派ワインの名店「メリメロ」で働いていた白井さんがオススメする一杯がこれまたいいと、あの人に教えてあげたい。

記事一覧>>【連載】NEWLY OPENED

L’Atelier de Stand Bánh Mì

カウンター席から6人がけテーブルまで。天井の高い空間でゆったりできる。

住所:東京都目黒区自由が丘1-3-21
営業時間:ランチ11:00〜15:00(週末限定)・ディナー18:00〜22:00(フード21:00LO、ドリンク21:30LO)
定休日: 火水
Tel: 03-6421-4036

Photo: Kenya Abe Text: Kahoko Nishimura

GINZA2022年11月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2022年12月号
2022年11月11日発売

GINZA2022年12月号

No.306 / 2022年11月11日発売 / 特別定価880円

This Issue:
今、研ぎ澄ましたいのは
ヴィンテージ感覚!

ムードが高まる
新解釈ヴィンテージ

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)