SEARCH GINZA ID

毎日でも通いたくなる丁寧で優しい韓国料理【経堂:モゴ】

毎日でも通いたくなる丁寧で優しい韓国料理【経堂:モゴ】

NEWLY OPENED
“FOODIE”なあの人を誘って

#06
モゴ
[経堂]

毎日でも通いたくなる
丁寧で優しいローカルの味

経堂駅前のすずらん通り商店街を10分ほど歩いたところに、青いドアが目印のコリアン食堂ができた。中は真っ白な壁と半円のテーブル、ペールピンクのカウンターがあり、穏やかな空気が流れる。ここはエディトリアルデザイナーから料理人に転身した山口泰子さんが、ひとりで切り盛りする。15年程前から現地に通っているという韓国好きが高じて、今年オープンさせた。

メインの麺やごはんにおかず3品がついた定食が中心で、昼も夜もいただけるのがうれしい。メニューには、ゴンドゥレパッ(高麗あざみの炊き込みごはん)やコングクス(豆乳の麺)など聞き慣れない名前も。「高麗あざみは山菜の一種で、お茶の葉のような香り。旅行先で出合って感動した郷土料理なんですよ。日本ではトッポッキやヤンニョムチキンが有名だけど、それしか知らないのはもったいない!辛くない素朴な料理もいろいろあることを紹介したくて」と、山口さん。

出汁を丁寧にとり、ベースとなるコチュジャンも自家製にこだわる。大豆は省き、もち米をベースにした軽い味わいに。ビビンパの豚そぼろは塩麹で仕上げてさっぱり。ナムルはニンニクや胡麻油を控えめにすることで野菜本来の味を引き立てている。だから山口さんの韓国料理は胃にもたれず、体が元気になりそう!近所にこんな店があったらいいな。今度は辛いものが苦手なあの人を誘おう。

モゴ

元ギャラリーだった空間では、アートイベントも予定。営業日時の詳細はインスタグラム(@mogo_pap)にて。

住所: 東京都世田谷区経堂2-31-20
営業時間: 11:30〜14:30・18:00〜21:00(日曜はランチのみ)
Tel: 03-6680-7043
定休日: 水木、不定休

Photo: Kenya Abe Text: Kahoko Nishimura

GINZA8月号バナー

GINZA2022年8月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2022年10月号
2022年9月12日発売

GINZA2022年10月号

No.304 / 2022年9月12日発売 / 特別定価880円

This Issue:
最強スタンダード!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)