SEARCH GINZA ID

鶏の旨味を飲み干すまろやかなヌードル【白金:鳥さわ ジグボーンクラブ】

鶏の旨味を飲み干すまろやかなヌードル【白金:鳥さわ ジグボーンクラブ】

NEWLY OPENED
“FOODIE”なあの人を誘って

#10
鳥さわ ジグボーンクラブ
[白金]

鶏の旨味を飲み干す
まろやかなヌードル

白濁したスープに浮かぶ、美しく整えられたにゅうめんとカットレモン。鳥そばともラーメンとも違う、新感覚の麺に出合った。

「ジグボーンクラブ」は、予約困難な名店「鳥さわ」が手がけている。本店よりカジュアルに焼き鳥が楽しめるのも魅力だが、必食なのはここだけのヌードル。スプーンで一口いただくと、濃厚な見た目とは裏腹に、すっきりとした味わい。スタッフの高梨大悟さんによると「化学調味料は入れず、丁寧に下処理して臭みをとった鶏ガラ100%で作っています」とのこと。上質な素材と職人の技があってこそ生まれた極上のスープだ。挽肉の混ざったつゆによく絡むヌードルは、温めてもコシが強い熊本の素麺。中華麺やパスタなど、試行錯誤してたどり着いたという。「黒胡椒をたっぷり振ってくださいね。表面が真っ黒になるくらいかけても大丈夫です」とすすめられ、途中で味変。レモンを搾り、気づけばあっという間に完食!

シンプルな「素トリスヌードル」のほか、ネギ、パクチー、ジャンボなめこ、おぼろ豆腐などトッピングも多彩。優しく軽やかで、ランチにもお酒のあとにも寄り添ってくれる。

串は1本から頼めて、300円ほどとリーズナブル。内側まで柔らかく焼いた、かしわやせせりのほか、レバーと合わせた〝ちょうちん〟も人気メニュー。ワインは泡、白、オレンジなど大充実だ。「軽く飲んで行く?」と気楽に人を誘えるフランクな雰囲気でつい通ってしまいそう。

記事一覧>>【連載】NEWLY OPENED

鳥さわ ジグボーンクラブ

昼間は蕎麦を題材にした落語が流れる。エントランスの大きな窓からは陽の光が入り、明るい雰囲気。一転夜は落ち着いたライティングに。

住所: 東京都港区白金6-2-4
営業時間: 12:00〜22:00
不定休
Tel: 090-7017-0022

Photo: Kenya Abe Text: Kahoko Nishimura

GINZA2022年12月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2023年2月号
2023年1月12日発売

GINZA2023年2月号

No.308 / 2023年1月12日発売 / 特別定価880円

This Issue:
ファッション大好き324人が集合!
BEST STYLE SNAP!

新しい年が始まったね
ファッションスナップ!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)