SEARCH GINZA ID

【自由が丘:ニショク】フードジャーナリスト渡辺紀子お墨付き、東京NEW OPEN

【自由が丘:ニショク】フードジャーナリスト渡辺紀子お墨付き、東京NEW OPEN

ニショク
[自由が丘]

禁断の揚げ物にメロメロ
使い勝手のいい居酒屋

自由が丘の駅の近くを歩いていたら、どこからともなくいい匂いが。ん、これは揚げ物の匂い。ふと見上げると、大きく「揚」の看板が。かなりギルティとわかっていながら、つい誘惑に負けてしまうのが揚げ物である。だって、おいしいんだもの。

ここ「ニショク」は揚げ物居酒屋とイタリアンテイクアウトの二刀流の店。だからニショク(二色)。外苑前でトラットリアをはじめ、バルやビストロなどを展開していたソムリエの渡部武志さんとシェフの山口高志さんが、拠点を自由が丘に移して挑んでいる、新しいスタイルの店である。

入り口付近は立ち飲みスペース、奥のコーナーは、いってみればシェフズテーブル。そして2階は、ゆっくりくつろげる場。昼どきは定食もあるし、パスタをテイクアウトして、近くの緑道で食べるのもいい。夕方、会社帰りにひょいと寄って、揚げ物一品とレモンサワーを1杯でさくっと帰るのもありだし、おなかをすかせてやってきて、前菜から〆ごはん、デザートまで、がっつり食事を楽しんでもいい。

瀬戸田レモン大使のレモンザムライが考えた月替わりのレモンサワー、ソムリエ厳選の自然派ワイン、多彩なハイボールに日本酒、割りものとドリンクも充実。今晩あたり、ふらりと立ち寄ってみては?

ニショク

住: 東京都世田谷区奥沢5-28-15 昇栄ビル1F
営: 11:30〜14:30LO・17:00〜23:00LO *土日祝は通し営業(ランチ14:30LO)
休: 無休
Tel: 03-5755-5064

渡辺紀子 わたなべ・みちこ

『アンドプレミアム』などの食特集でおなじみのフードエディター&ライター。通称Pさん。国内外の店や生産地に足しげく通う。

Photo: Yoichi Nagano Text: Michiko Watanabe

GINZA2021年1月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年3月号
2021年2月12日発売

GINZA2021年3月号

No.285 / 2021年2月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
いちばん気になる人

いつだって
脳と心に刺激を

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)