SEARCH GINZA ID

【六本木:桃仙閣 東京】フードジャーナリスト渡辺紀子お墨付き、東京NEW OPEN

【六本木:桃仙閣 東京】フードジャーナリスト渡辺紀子お墨付き、東京NEW OPEN

桃仙閣 東京
[六本木]

多彩なメニューに迷い、
惑う 通いたくなるイマドキ町中華

どこか懐かしい、ホッと安心する味……こんな時期だからこそ、体が求めているような気がしませんか。島根・松江市民の心の故郷的中華料理店「桃仙閣」が、東京に進出。島根の本店で50年以上変わらず、老若男女から愛されてきた味が、東京でも提供されることに。

六本木通りに面したビルの地下。小さな個室が中心のしゃれた店内は、何とも落ち着く居心地のよさだ。「ホントはふらっと来ていただいて、お好きなものを召し上がってもらいたいと思ってたんですが」と、本店・支店ともに率いる林亮治さん。でも、人気のあまり、早い時間は予約が必須という。

料理はオーソドックスなラインナップ。中華と聞いて思いつくものはたいていある。エビチリもエビマヨもある。麻婆豆腐も焼売も餃子もある。フカヒレの煮込みもあれば、北京ダックもある。あれが食べたいと思う料理は必ずある。

そして、どれもこれも丁寧に作られているのがよくわかる。おなじみの中華の一皿、酢豚を食べてちょっと驚く。ほんとうにスタンダードな、ごくごく普通の酢豚なのだが、さつまいも入り。これが合うんだなぁ。そんなふうに、ひとクセあるのもおもしろい。

コースもおすすめだが、アラカルトもいいし、一品だけでも歓迎してくれるそうだ。

桃仙閣 東京

住: 東京都港区六本木4-8-7 B1
営: 18:00〜翌1:00LO *緊急事態宣言に伴い、現在は19:30LO
休: 日、不定休
Tel: 050-3138-4343

ショートコース ¥8,000。ワインも日本酒も充実。

渡辺紀子 わたなべ・みちこ

『アンドプレミアム』などの食特集でおなじみのフードエディター&ライター。通称Pさん。国内外の店や生産地に足しげく通う。

Photo: Yoichi Nagano Text: Michiko Watanabe

GINZA2021年2月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2022年1月号
2021年12月10日発売

GINZA2022年1月号

No.295 / 2021年12月10日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
おしゃれな人が毎日使うもの

2022年版
すぐに使いたくなる日用品!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)