SEARCH GINZA ID

お家でカクテル作り! プロに教わるレシピ vol.1 メキシコの定番トマトを使った「ミチェラーダ」 

お家でカクテル作り! プロに教わるレシピ vol.1 メキシコの定番トマトを使った「ミチェラーダ」 

暑い夏は、お家にいながらにして美味しいお酒で季節を感じてみるのはいかがでしょう。馬喰町のカフェ・バー「abno」のバーテンダー、野邑翔さんにレクチャーいただき、世界各地に思いを馳せつつ飲みたいクラシックカクテルや、一緒に考えたオリジナルカクテルのレシピを全6回に渡りお送りします。第一回目は暑い時期のメキシコからやってきた定番ドリンク。カクテル初心者GINZAとの対談形式でどうぞ。

 

ミチェラーダ

トマトを使ったメキシコの
ビアカクテル「ミチェラーダ」

ミチェラーダ

GINZA メキシコがルーツのカクテル「ミチェラーダ」。一口いただきましたが、なんていうか、トマトの冷製スープみたいな感じがしました。表現が乏しくてすみません。

野邑 スープっぽく感じるのは、隠し味に入れているウスターソースですね。ベースに入っている「クラマト」ジュースにはクラム(あさり)のダシも入っているので、なおさらスープ感が出ているはずです。 モデロビールで作るレシピがメキシコではスタンダードですが、日本でも手に入りやすいコロナビールでよりすっきりとした味わいになっています。

GINZA あと印象的だったのが、カラフルなマジックソルトの香り。口に入れた瞬間広がって、嗅覚も一緒に刺激され、脳みそが覚醒しました。

野邑 本来はチリパウダーで作るのですが、お手軽なマジックソルトを使ってみました。色もグリーン、レッド、ホワイトと、カラフルで見た目も可愛くなります。ビールがベースになっていますが、暑い時期に飲むものなので氷を入れているのもポイント。夏のトマトはやはり冷えていたほうが美味しいですから。

GINZA 個人的にずっと食わず嫌いな野菜だったんですが、数年前、真夏に冷えたトマトを食べたらスルッと食べられるようになって、そこから好物になりました。それもあってレッドアイはよく飲みますが、もっとスパイシーでゴクゴクいける感じですね。

カクテル メキシコ

メキシコ気分をアップする、お祭り気分なテーブルセッティングもお忘れなく。

野邑 このカクテルのストーリーは、1960年代にイギリスのスポーツクラブでMichelさんという方が創作し広まったという説と、メキシコの言葉で「私の氷入りの冷たいビール」を意味する “mi chela helada”を語源とする2つの説があります。

GINZA スポーツクラブで飲まれている感じ、なんか想像つきます。塩分が水分補給にとっても良さそう。そんな歴史に思いを馳せつつ飲むのもカクテルの楽しさですね。さて、もう一つのお楽しみ、ペアリングするお料理はどんなものでしょうか?

野邑 やっぱり南米らしいタコスやメキシコ風モツ煮込みが美味しいですね。もちろんビール感覚でチキン、フライドポテト、牛タン、カルニータ(豚のほぐし)なんかにもとってもよく合います。

GINZA 酔ったら、お部屋の中にいるのになんだか陽気なマリアッチが聞こえてくるような…。『ナルコス』か、『ブレイキング・バッド』でも観ながら飲めば、もう気分はメキシコですね。

野邑 海外旅行に行けない今、様々な国のドリンクを知ることで、それぞれの国のカルチャーに興味を持つきっかけになってくたら嬉しいです。

材料

材料

カクテル 材料

「クラマト」のトマトジュース 50ml

ウスターソース ティースプーン2杯

タバスコ 2滴

ライム 1/2カット

クレイジーソルト 適量

ラガーもしくはピルスナービール 適量

氷 お好みで

 

ライムを絞って召し上がれ!

Profile

野邑翔 Sho Nomura

20歳の頃に渡米しプロのダンサーとして活動したのちファッションの分野を経て、帰国後はバーテンダー・バリスタとしてのキャリアをスタート。Deus Ex Machina原宿ではバリスタとしてラテアート大会で入賞。その後FUGLEN TOKYOにてヘッドバーテンダー兼バーマネージャーを務める。 2019年より株式会社イートクリエーターに入社。REVIVE KITCHEN AOYAMA、渋谷パルコチョンプーのオリジナルカクテル・ドリンクを開発。現在はDDDホテル内バーabnoにてバーテンダーを務める。様々なカルチャー・地域・素材や味覚を自由にマッシュアップするスタイルで構築している。 ドリンクカウンターでのバーテンディングを含め、飲食業や家庭向けカクテルシロップの企画など、クリエーターとしてのバーテンダー・バリスタの価値に挑戦し続けている。 

instagram @abno.jp
dddhotel.jp/abno

photo: Kaori Ouchi text, edit & styling: Aguri Kawashima

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)