福田春美さんが推薦する、鎌倉「イチリンハナレ」土よう19時のごはん会

鎌倉の風情ある日本家屋でいただく、 旬の海の幸づくしのモダンチャイニーズ。 近隣の散策も楽しみに、ゆるりと訪れたい。

《今月の推薦者》

福田春美 さん

福田晴美

ブランディング・ディレクター。さまざまなライフスタイルブランドやストアのディレクションを手がけ、自治体とのプロジェクトにも意欲的に取り組む。


「週末の夜、仲良しと出かけるならちょっと遠出もいいのでは?鎌倉なら東京から電車で1時間ほどです」。そう話す福田春美さんが教えてくれたのは、静かな谷戸の一画にある、古い日本家屋を改装したこちら。築地で人気の「東京チャイニーズ 一凜」から生まれた、「イチリン ハナレ」だ。料理は8000円からのコースのみ。白子入り麻婆豆腐など従来のスペシャリテに加え、鎌倉の海と山の幸を随所にちりばめたひと皿が、プレゼンテーションも美しくカウンター席で供される。「ここでしかできないことを表現したい」という齋藤宏文シェフ。ゆくゆくは茶室を、気軽にお茶を楽しめる場に、とも考えているそう。冬の古都をそぞろ歩いて、おいしいもの食べて。そんな大人な女子会にぴったりの一軒です。

鎌倉_イチリン ハナレ2

¥13,000のコースから。この日は旬の上海蟹がメイン。手前はうまみを閉じ込めて蒸し上げた王道の一品。上海蟹は1月中旬頃まで、この時期のみ¥15,000の蟹づくしコースも。

鎌倉_イチリン ハナレ3

鎌倉駅から徒歩約15分。人気店ゆえに必ず予約を。

鎌倉_イチリン ハナレ4

メインダイニングから望める、風情ある庭。

鎌倉_イチリン ハナレ5

こちらもスペシャリテの、上海蟹の紹興酒漬け。

鎌倉_イチリン ハナレ6

入り口も趣きが。

鎌倉_イチリン ハナレ7

冬はこの一品目当ての客で築地店があふれ返るという、白子入り麻婆豆腐。

鎌倉_イチリン ハナレ8

17席のカウンターのほか、円卓を囲む個室も。

鎌倉_イチリン ハナレ9

ワインのように紹興酒を楽しんで欲しいと、“利き紹興酒”も用意。¥1,680。

鎌倉_イチリンハナレ10

松茸や冬瓜入り上湯の蒸しスープ。深く、コクのある味わい。

鎌倉_イチリン ハナレ11

ごちそうさま〜


福田さんのおすすめ、他にも
赤坂のソルロンタンがおいしい韓国料理店「一龍」は、20年来通っている大好きなお店。土曜の夜も、仕事の合間にも、ちょっと疲れてきたかな…というときは必ず行きます!


今月のお店
イチリン ハナレ 鎌倉
住所:神奈川県鎌倉市扇ガ谷2-17-6
Tel:0467-84-7530
営業時間:11:30〜15:00・17:30〜22:30
休:月、他に不定休あり

Photo: Mai Kise Illustration: Yuko Saeki Text&Edit: Kayako Nitta

GINZA2017年12月号掲載