とらや×ミナ ペルホネンの栗生菓子が期間限定で登場。秋を謳歌する甘いひとときを

とらや×ミナ ペルホネンの栗生菓子が期間限定で登場。秋を謳歌する甘いひとときを

〈とらや〉より、〈ミナ ペルホネン〉と共に考案した栗の生菓子や、栗モチーフのグッズが登場。この時期だけの味わいを思う存分、堪能してみて。


毎年、わたしたちを魅了してやまない栗を使った〈とらや〉が届ける秋の便り。

実は、すべての栗菓子には、風味を最もよく感じられるようにその年に採れた国産の新栗のみを使用しているそう。さらに、風味の強弱や色、粘り、大きさなどを生産地で試食、確認した上で使うなど、繊細なこだわりが詰まっている。

そんな〈とらや〉からこの秋登場するのは、ファッションテキスタイルブランド〈ミナ ペルホネン〉と共に考案した栗生菓子『栗灯(りっとう)』と、栗をデザインに落とし込んだ風呂敷と巾着。

抹茶入りの浮島生地に、そぼろ状の御膳餡と蜜漬け栗を挟んだ『栗灯』。まあるい佇まいも愛らしい。ふわりとした口当たりが特長で、卵のコクや抹茶の風味とともに味わうことができる。

併せて、〈ミナ ペルホネン〉がデザインした栗モチーフの風呂敷と巾着は、是非とも手に入れたい垂涎もの。

風呂敷は、2柄がラインアップ。ひとつは、末広がりな栗が幾何学模様に並ぶ姿が可愛い『kurikasane』。もう一方は、カタカナの“クリ”が栗をかたどる遊び心に溢れた『kurikomon』。

一方、甘くふっくらと実った栗のようなフォルムの巾着は、ダークブラウン、マスタード、グリーン、ネイビーの4色展開。シルクと柔らかなレザー素材で上品な仕上がりに。

 

また、豊富にお目見えする秋限定のお菓子にも要注目。人気商品である小形羊羹の限定フレーバー『新栗』や、蜜に漬けた艶やかな栗が目にも美しい『栗鹿の子』など、いずれも手土産にもおすすめしたい逸品だ。

 

さらに、「虎屋菓寮」には、秋の限定メニュー『栗あんみつ』と『栗おこわ』が登場。

秋の味覚を謳歌する甘いひとときを〈とらや〉で味わってみては。

■問い合わせ先

とらや 赤坂店
Tel:03-3408-4121(代)

Text: Maki Takahashi

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年11月号
2019年10月12日発売

GINZA2019年11月号

No.269 / 2019年10月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ブラックラブ♡日常で黒を着る!

なんだか気になるのは
プレイフルな黒!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)