SEARCH GINZA ID

料理好きなあの人の器SNAP。フローリスト・越智康貴さんの食卓

料理好きなあの人の器SNAP。フローリスト・越智康貴さんの食卓

毎日のご飯、どんな器で食べていますか?センスのいい料理好きな方たちに、お気に入りの器を使った食卓のワンシーンをSNAPしてもらいました。〈DILIGENCE PARLOUR〉の人気フローリスト・越智康貴さんの食卓とは?


越智 康貴

越智康貴/フローリスト
@ochiyasutaka

 

ササッと食べる朝食

朝食は、簡単に済ますか食べないことが多いです。時間があるときでも、サッと食パンをトーストする程度(死ぬほどバターをのっけます)。でも食事の喜びの半分はかわいいテーブルコーディネートにある! と思っているので、料理よりも食器選びに時間をかけてしまいます。うちには成人男性の一人暮らしとは思えない量のテーブルクロスや食器があり(一目惚れしたら使いづらそうでも即購入)、貝のティーポットなんか、あるだけで楽しいです。

 

絵になる昼食

昼食は、よく一品料理を作ります。今日はポモドーロ。ニンニクの香りをたてたオリーブオイルでトマトを炒めて、パスタ(茹でるお湯には驚かれるほどたくさんの塩を入れます)にあえるだけ。簡単で美味しいです。それに合わせる食器はフランスの古い花リム皿。どこか気が利いていて、単純なパスタが絵になります!グラス、カトラリーもフランスのもので合わせて、シンプルだけれどややファンタジックな印象に。テーブルクロスもフランスのヴィンテージだったかと思います。

 

食べ過ぎる夕食

夕食は、どうしても食べたくなった四川麻婆茄子。花椒塩をたっぷり効かせて、額に汗するくらいのシビレを追求します。「ひ〜!」となったときのために野菜蒸しもたっぷり用意します。オーバルの皿にザッとのせて、ご飯や小鉢(というにはデカい)には、和食器を使いました。テーブルクロスもシンプルなリネンのものに変更。いけない、と思いつつも腹十二分目くらい食べてしまいます。後悔先に立たず。

越智康貴

1989年生まれ。株式会社ヨーロッパ代表取締役。2012年に、武内昭と共にフラワーショップ〈DILIGENCE PARLOUR〉をオープン。現在は表参道ヒルズ内で店舗を展開。店頭小売のほか、イベントや広告などの装飾も行う。

instagram: @ochiyasutaka

Edit : Ayumi Kinoshita

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年6月号
2020年5月12日発売

GINZA2020年6月号

No.276 / 2020年5月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
東京LOVE いつだって好きな場所

好きな場所を想う
新緑の季節です。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)