黄金の組み合わせ、海苔かまぼこ。平松洋子「小さな料理 大きな味」Vol.10

黄金の組み合わせ、海苔かまぼこ。平松洋子「小さな料理 大きな味」Vol.10

小さな料理  大きな味 ⑩

海苔かまぼこ

かねがね思っていることなのだが、「手抜き」という言い方には抵抗がある。

えへへ。あっけらかんと笑っていればいいのに、「手抜き」というフレーズが頭をよぎった瞬間、微妙にネガティヴな空気が生じてしまう。自分で「これ、手抜き」と申告すると卑下している感じだし、誰かに「手抜きだね」と言われれば責められている気分。考え過ぎでしょうか。

手をかけたものがおいしいもの、という思い込みに惑わされがち。もちろん、長い時間ことこと煮込んだスープやシチューは、そりゃあおいしい。手間ひまと時間を費やした料理には、おのずと熱量があるから。

でも、その反対、手間も時間もかけない直球の一品にも、剛速球ならではのエネルギーがある。たしかに手はかかっていなくても、手を抜いたわけではまったくない。

私の偏愛する海苔かまぼこは、そんな一品だ。なにしろ〈かまぼこを厚く切る〉〈海苔を巻く〉、それだけ。おろしたてのわさびを添えれば味はハネ上がるけれど、なに、なければ省いても問題ない。包丁一本使うだけだが、手でちぎってもノープロブレム、かえって口当たりに変化が出て面白いというところがいっそう手抜き感を煽るわけですが、当の本人にはそんなつもりは全然ない。

黄金の組み合わせです。魚のすり身のおいしさ、それをおおらかに受けとめる海苔の懐のふかさ。何度食べても飽きないし、食べるたびにすごいなあと感嘆する。よく考えれば自然なことなのだ。かまぼこも海苔も、そもそも海育ち。

いつでもおいしい。朝ごはん、晩ごはんにもうひと品欲しいなというとき。小腹が空いたとき。お茶請けにもどうぞ。晩酌にさっと一品添えたいときも、これに頼っている。裏切られたことは一度もない。

これを「手抜き」と言われると、ちょっと違うんだけどな、と思うわけです。たしかにそのまんまだけど、間然するところのないぴっちりとした味わい。

だから、かまぼこは質のいいものを選びたい。うどんや煮物に入れたり、細く切って吸い物に散らしたりすると、なかなかいいだしが出ます。

漆黒の海苔の着物を一枚まとうかまぼこは、ちょっと艶っぽい。それも好き。

平松洋子 Yoko Hiramatsu

エッセイスト。食や生活文化を中心に、のびのびとした親しみやすい文体で執筆。『おとなの味』(新潮文庫)、『忙しい日でも、おなかは空く。』(文春文庫)、『野蛮な読書』(集英社)など。近著は、立ち食いそば文化に正面から挑戦した『そばですよ 立ちそばの世界』(本の雑誌社)。

Illustration: Toshiyuki Hirano

GINZA2019年3月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年9月号
2019年8月9日発売

GINZA2019年9月号

No.267 / 2019年8月9日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
センスって何?/最新靴バッグ

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)