初夏のデザートに簡単&可愛いフルーツ寒天。平松洋子「小さな料理 大きな味」Vol.14

初夏のデザートに簡単&可愛いフルーツ寒天。平松洋子「小さな料理 大きな味」Vol.14

小さな料理  大きな味 ⑭

フルーツ寒天

カワイイものに出合うと胸がきゅんきゅんして少女の頃にワープする、いくつになっても。

もうじき初夏がやってくるからかな。つるん、ひんやり、あのカワイイ味が恋しい。

フルーツ寒天を作ろう。

思いついたら気が急いて、すぐ粉寒天を買いに行った。寒天は1年ぶり、いやいや2年ぶり。たしかあのときは野菜の寒天寄せを作ってみたくなったのだ。ひとつに固めたい欲って急浮上するんだろうか。でも、今日はちょっと違う、キーワードは「カワイイ」。明るい色彩が踊りながら誘いをかけてくる。

粉寒天を買ったあとフルーツ売り場に回ると、おあつらえ向きの品物を見つけた。フルーツの小さなパック500円。パイナップル、いちご、グレープフルーツ、りんご、みかん、キウイがひと口ずつセットになっている。これよ、これこれ。透明な寒天のカラフルな断面が早くも目に浮かび、スーパーの片隅で夢見心地だ。

久しぶりの寒天だから、箱に書いてある説明書きを読みながら、手順を追って作った。でも、とても簡単。

【作り方】

①小鍋に水500㏄、粉寒天1袋4グラムを入れて火にかける。

②2分ほど沸騰させ、火を止めて粗熱をとる。

③好みのフルーツを2センチくらいの大きさに切る。

④容器に寒天液を注ぎ、フルーツを彩りよく散らして入れる。

⑤冷蔵庫で冷やし固める。

ちゃんと沸騰させないとキラキラの透明感がでないのは、以前失敗した経験があるから注意した。それに、寒天液の粗熱がとれてほんのり濃度がでたタイミングでフルーツを散らすのも大事。あせってことを進めると、フルーツが下に偏って沈んでしまう。

いちごの赤、みかんの黄色、キウイの緑、仕上がりを想像しながら、ぽつぽつと散りばめるうち、「カワイイ」光景が少しずつできあがってくるから、ちょっとくすぐったい。

わー照れるなあ。ひとりでニヤついたが、そんな場合じゃない。うかうかしていると、寒天がさあっと固まってゆく。

冷やし固めたフルーツ寒天に首ったけ。食後のデザート、おやつ、朝ごはん代わり。ぷりっと冷たい寒天の舌触りとともに、キラ星みたいにいろんなフルーツの酸味が弾ける。

ただし、きゅっとワンポイント引き締めます。

食べるときにレモンを搾ってかけると、おいしさ急上昇。とたんにおとなの味になる。

カワイイだけじゃ面白くない。

平松洋子 ひらまつ・ようこ

エッセイスト。『忙しい日でも、おなかは空く。』(文春文庫)、『野蛮な読書』(集英社)など著書多数。近刊に『忘れない味 「食べる」をめぐる27篇』(編著/講談社)など。

Illustration: Yosuke Kobashi

GINZA2019年7月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年11月号
2019年10月12日発売

GINZA2019年11月号

No.269 / 2019年10月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ブラックラブ♡日常で黒を着る!

なんだか気になるのは
プレイフルな黒!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)