SEARCH GINZA ID

ふたご座さんへ。3月のお手紙

ふたご座さんへ。3月のお手紙

考え過ぎない!

すっかり春めいて参りました。

ただ、明るい日差しと裏腹に、花粉だの、ウィルスだの、目に見えない脅威が蔓延しています。

楽しみにしていたイベントが中止になったり、自粛ムードが漂ったり、生活全般に強制ブレーキがかかっている状態ですよね。

このところ、ぼんやりと感じていた「この先、どうなってしまうのだろう」という不安が、まさか国家レベルまで高まるなんて、予測を超えています。

特に、ふたご座さんは、2月半ばから続いている守護星・水星の逆行で、気持ちが揺れ動きやすくなっているので、精神的にオーバーロードしやすいのです。

先の先の先、裏の裏の裏まで読んで、ずーんと沈んでしまいそう。

もうちょっとだけ、辛抱してください。

10日には水星が正しい運行に戻って、物事は調和へ向かいます。

それでも、落ち着かなければ、年上の人と話をしてみてください。
助言や助力を求めてみるのです。

亀の甲より年の劫、ホッとする一言がもらえるはずです。

3月は、原点帰りを

3月は、過去と未来が交差します。

昔あったことを思い出したり、懐かしい人に会いたくなったりするでしょう。

終わったはずの話が蒸し返され、遠い記憶がリアルに立ち返ってくるのです。

思い出の曲、ウワサ話、他人のそら似、小さなタイムスリップが始まります。

でも、手放した昔を拾い集めても、残念ながら、役には立ちません。

古ぼけ、色褪せ、時代遅れで使いものにならないはず。

大事なのは、スピリット。あの頃の思い、熱さです。

今のあなただから、出来ることを考えてみて。

思い出の品を大人買いする、仲直りは無理でも謝罪だけ入れる、まだ夢を追いかけている元仲間の応援に回る、形やフィールドを変えて再チャレンジをする……きっと、腑に落ちる着地が見つかるはず。

お墓参りや親孝行、母校を見に行くのもいいでしょう。

簡単にいえば、原点帰りをするのです。

すると、「そっか、これでいいんだ!」という気持ちの整理がつきます。今月は、それが大事です。

章月綾乃 しょうづき・あやの

やぎ座生まれ。星占いを読んでもなんだかピンとこなくて「こんなはずじゃない!」と深追いしたら、うっかり、占い師に。雑誌やwebの心理テストを考えたり、占いを書いたりしています。星のお手紙、モグモグ食べないように気をつけます。オフィシャルサイトはこちら

Illustration: naohiga Coordinate: Norie Sato

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)