SEARCH GINZA ID

いて座さんへ。9月のお手紙

いて座さんへ。9月のお手紙

脱・ま、いっか

ご機嫌いかがでしょうか?

「うーん、まあ、それなりに」とか、「ボチボチ」とか、煮え切らない答えが返ってきそうですね。

悪くはない、最悪ではない、でも、幸せでもなさそう。

もともと楽天的な人だから、物事を深刻に受け止めるのをやめているだけで、ご自身で感じている以上に、ダメージは受けているし、途方に暮れている感じが伝わってきます。

もっとも、このご時世、取り乱さずにいられるだけでも、すごいことなのですが。

中止や延期、規模の変更、代替え案、見送り、コストカットに自制……

状況が劇的に変わらない限り、リスクは選べず、縮小の形へ向かうのは自然な流れです。

でも、自粛慣れしてしまって、流すクセがついてしまっているみたい。どうせ無理だから、さらっと終わらせよう、無難に処理をしよう、理屈は正しいけれど、心が納得していないはず。

小さくまとまって、守りに入る、本当はイヤで仕方がないのです。

ならば、行動しなければ!

9月は、損をして得を取る。

本当だったら、ツキを手にする人、賞賛を浴びるはずの人が地中深く沈んでいます。

春からこっち、計画が崩れ、目論見は外れ、思ったよりも事態は長引き、当面このままいくのでしょう。

となると、大事な隠し玉を温存していくかどうかの判断も難しくなっていきます。

本来だったら、素晴らしい反響を集めたであろう企画も、時代に合わなくなっています。寝かしても、鮮度もパワーも落ちていくのです。

ならば、見切りで放出したほうがよいでしょう。

もったいないし、悔しい。でも、キープするうちに劣化するなら、さくっと出した方がいい。で、身軽になって、次を始めましょう。

そういう見切りの決断が出来ると、物事はスッキリと動いていきます。

「どうしよう」と悩むのではなく、「やる」と決める、そして、やる以上は、もっとも効果的に響く道を探っていく。

商品を武器に変えるような発想の転換で、浮上しましょう。

身軽になることで、未来を拓くのです。

章月綾乃 しょうづき・あやの

やぎ座生まれ。星占いを読んでもなんだかピンとこなくて「こんなはずじゃない!」と深追いしたら、うっかり、占い師に。雑誌やwebの心理テストを考えたり、占いを書いたりしています。星のお手紙、モグモグ食べないように気をつけます。オフィシャルサイトはこちら

Illustration: naohiga Coordinate: Norie Sato

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2020年10月号
2020年9月12日発売

GINZA2020年10月号

No.280 / 2020年9月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
“かっこいい”を考える

“かっこいい”をキーワードに
思いをはせる。

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)