SEARCH GINZA ID

ふたご座さんへ。2月のお手紙

ふたご座さんへ。2月のお手紙

巻き戻される世界

ご機嫌いかがでしょうか?

おそらく、それほどよろしくはないでしょう。

不機嫌というほどではなく、なんとなくナナメな感じ。ふと気づくと、体が傾いでいるのです。

ご自身で気づいて姿勢を正すけれど、自然に斜に構えてしまって、まっすぐに対峙できません。

だって、まともに取り合ったら、腹が立って仕方がないから。

頭では理解しているけれど、心がノーと言っています。本当はイヤ。だから、腰が引けて、ナナメなのです。

気分が内向しているから、過去がフラッシュバックするでしょう。

あの時、なんであんなことをしてしまったんだろう、過失や黒歴史に脳内をジャックされ、後悔と未練と自己嫌悪と自己憐憫でグルグルになりそう。

ただ、あなたのすごい人なので、そういうのを人には見せないし、悟らせません。

それなりにやっているよ、もちろん、100点じゃないけれどね、とウィンクしているイメージです。

そう、それでいい。ほぼ、幻影ですからね。

2月は、ダメでよし

お門違いのクレームや無茶ぶり、ご乱心ですか?と聞きたくなるような理不尽、世界は病んでおります。

ココ、ポイントです。

おかしいのは、世の中です。

ですから、そっとしておくのがよいのです。

聞ける部分は聞く、やれることはやるけれど、無理はせずに、ご期待に沿えなくて申し訳ない、力不足で恐縮ですと頭を下げて、とっととずらかりましょう。

2つ目のポイント、相手のせいにしないこと。

間違いを指摘しても何にもなりません。

なんとなくうやむやにして、あいまいなまま厄介事から遠ざかっていくうちに、2月は終わるでしょう。

すると、まるでツキモノが落ちたように、スッキリと流れは変わります。

人とモメたり、怒ったりは、修業が足らない証拠となります。

「あ、ヤバい」で、すっと気配を消す、さっと離れる、そして、流れが変わったら、何食わぬ顔で元に戻る感じです。

深追いをしない、ダメと思われてよし、大丈夫、挽回のチャンスはすぐに来ますよ。

章月綾乃 しょうづき・あやの

やぎ座生まれ。星占いを読んでもなんだかピンとこなくて「こんなはずじゃない!」と深追いしたら、うっかり、占い師に。雑誌やwebの心理テストを考えたり、占いを書いたりしています。星のお手紙、モグモグ食べないように気をつけます。オフィシャルサイトはこちら

Illustration: naohiga Coordinate: Norie Toriyama

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2021年3月号
2021年2月12日発売

GINZA2021年3月号

No.285 / 2021年2月12日発売 / 予価860円(税込み)

This Issue:
いちばん気になる人

いつだって
脳と心に刺激を

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)