SEARCH GINZA ID

【INTERVIEW】西島 秀俊:DAYS WITH CHARISMA – 11年ぶりにカリスマ映画監督と再タッグ

【INTERVIEW】西島 秀俊:DAYS WITH CHARISMA – 11年ぶりにカリスマ映画監督と再タッグ

得体の知れない他人ほど、怖いものはないかもしれない。黒沢清監督の最新作『クリーピー 偽りの隣人』では、普通の暮らしが知らないうちに、他人の手により悪夢に一変してしまう。

「黒沢さんの映画って、悪人もからっと明るいんですよね。その人のモラルでは〝正しいこと〟になっているので、平然と罪を犯す。見ていると、実はそっちの方が正しんじゃないかと思えてきてしまうくらいに。日常生活で蓋をしている欺瞞みたいなものがどんどん暴かれてしまうんです」

と主演の西島秀俊さん。

 

黒沢組は楽しくて仕方がない。

 

西島さんが黒沢作品に初めて出演したのは、1999年の『ニンゲン合格』。その後、『蟲たちの家』(05)、『LOFT ロフト』(05)についで今回で4度目。11年ぶりの黒沢監督の現場はいかがでしたか?

「黒沢組は変わらず楽しかったです。作品のイメージと違って、撮影現場は明るくて楽しいんです。黒沢さんの演出はいつも想像を超えていますし、それに刺激されてスタッフからクリエイティブなアイディアが溢れて、驚きと工夫に満ちている。ストレスはないし、疲れて泥のように眠るということもないし、すごく健康的」

 

メイキング_150801_0013

©2016「クリーピー」製作委員会

 

黒沢監督の演出は「催眠にかけられているようだ」と以前おっしゃっていましたね。

「たとえば、段取りの多い長回しのシーンって、普通なら異様な緊張感に包まれるんです。今回も川口春菜さん演じる早紀を問い詰めるシーンで、僕が室内を歩きながら延々しゃべり続けるというのがあった。かなり長いそのシーンを1カットに近い形で撮ったんですね。その間も照明が一瞬暗くなるとか、窓の外にいるエキストラの数が増えたり減ったり。スタッフの段取りは相当大変なはずなんですけど、不思議とみんなあたりまえのようにできてしまうんです。気を張り詰めながら頑張って作り上げる、というのではなく、ふわっと連れて行かれる感じ? だから、出来上がった作品を見て『こんなことになっていたんだ!』と驚きます(笑)」

 

それは監督のお人柄によるものなんでしょうか?

「それは大きいと思いますね。話し方は穏やかだし、ユーモアもあって、哲学者みたいなところも。どうやってああいう空気を作っているのかはわからないんですが、黒沢さん自身が、『クリーピー〜』に出てくる人みたい……」

 

底知れず、怪しい……?

「いや、怪しくはないですよ!全然。そんなこと言ったら、僕、怒られます(笑)。知らず知らず、みんなを巻き込んでいく力があるところなんかが、いい人だけれど、底知れなさがあるというか。やっぱりカリスマです」

撮影の様子

©2016「クリーピー」製作委員会

 

11年ぶりということで、その間の他の仕事での成長の成果を試されるような感覚はあったんですか?

「黒沢さんはおそろしく頭のいい方なので、取り繕ったところで全部見透かされる。だから、試されるとかそういう感覚はなかったですね(笑)。ただ、28歳の時に初めてご一緒させていただいて、そこで、映画のある到達点みたいなものを見せていただきました。ある方に聞いたのですが、黒沢さんは、学生時代に自主映画を撮っている頃から、みんなの基準点だったそうなんです。黒沢さんはブレないので、映画業界の状況がどれだけ変化しても、変わらず同じペースで黒沢さんの映画を撮り続けている。そんな方にまた呼んでいただけたというのは嬉しいですね。実は今回、香川(照之)さんがすごく喜んでくださったんです」

香川さんとは、「ダブルフェイス」、「MOZU」シリーズ、「流星ワゴン」と立て続けに共演なさっています。

「はい。そんな中でも黒沢さんの作品でご一緒できたというのは格別で。というのも、香川さんも僕もほぼ同時期に初めて黒沢さんとお仕事させてもらったんです。香川さんが『蛇の道』(98年)で、僕が『ニンゲン合格』(99年)。二人とも黒沢組に衝撃を受けたんですよね。それから17,18年経って、ようやく黒沢作品での共演が叶ったというので、香川さんは現場で何度も『感慨深い』とおっしゃっていました。僕も同じ気持ちです」

映画「クリーピー」

©2016「クリーピー」製作委員会

「とと」ファンにも観てほしい『クリーピー 偽りの隣人』

 

昔はどちらかというと単館系の映画ファンに好まれていたイメージの西島さん。NHKの朝の連続テレビ小説『純情きらり』(06)や大河ドラマ『八重の桜』(13)などの出演を機に、人気が一気に全国に広がった。最近も今放映中の朝ドラ『とと姉ちゃん』で、家族思いの優しい「とと(父)」を演じ、またまた老若女性のハートをつかんだばかり。

「『クリーピー〜』は、ととファンの人にも是非観て欲しいです! 『(役どころが)ととにそっくり』と書いておいてください (笑)」

映画「クリーピー」

©2016「クリーピー」製作委員会

 

西島さん! それはいくらなんでも無理があります……。

「あはは、そうですね。作風も全然違いますもんね (笑)。でも、本当に面白い映画だから、『とと姉ちゃん』を観ている人に観てほしいなあ。怖かったですか? 怖くはないですよ。だって、幽霊とか出ないし、サイコパスと犯罪心理学者の心理戦ですから!」

 

怖面白かったです! 西島さんは幽霊が怖いんですか?

「怖いですよ。僕、幽霊はダメですね。見たわけじゃないけど」

 

 

遠回りは無駄じゃない。

 

人気者になって、年々多忙を極め、環境は激変したはずなのに、西島さんは変わらず朗らか。いつもフラットでいられるのはなぜなんだろう?

「現場に行って好きなスタッフと撮影するという僕の基本生活は、『ニンゲン合格』の頃から何も変わっていないですよ。もし変わらない理由があるとしたら、幸運なことに、いい監督、スタッフ、共演者の皆さんとずっといい現場をご一緒できていることが要因なのかもしれません」

 

主演となれば、撮影以外にも宣伝活動をしなくてはいけないし、ヒットの責任も。ストレスになりませんか?

「結果はプロセスの先にあるものですからね……。もともと僕は遠回りをするタイプなので、結果をすぐには求めないんです。本筋と違うように見える作業も、そこに費やすエネルギーや時間が最終的に結果につながったりするので、どんなことも無駄だと思ったことは全くないですね」

 

西島秀俊 インタビュー

 

終始にこやか。撮影現場の話を嬉々としていた西島さん。「心地よい現場」がこれまで続いてきたのは、撮影も仕事仲間もこよなく愛する西島さんがいたからではないでしょうか。そんな西島さんは大の甘い物好き。長丁場の大河ドラマの撮影では、控え室にお気に入りのお菓子を30個並べ「カフェ角馬(西島さんの役名)」と現場に喜ばれたエピソードも。

 

最後に。今、西島さんが気になっているお菓子はなんですか?——

「今ですか? うーん、なんだろう……(30秒熟考)。ソフトクリームですかね?」

 

では差し入れはソフトクリーム?

「それは無理です(笑)。溶けちゃうから……。」

 

笑顔の西島さんとソフトクリーム。なんだかとってもお似合いです。

西島 秀俊 Hidetoshi Nishijima

1971年生まれ、東京都出身。94年『居酒屋ゆうれい』(渡邊孝好監督)にて映画デビュー。99年黒沢清監督の『ニンゲン合格』、2002年北野武監督『Dolls ドールズ』に出演したあたりから、映画界で注目を浴び、国内外の監督からオファーが絶えない。主な出演作にイ・ジェハン監督『サヨナライツカ』(09)、アミール・ナデリ監督『CUT』(11)、羽住英一郎監督『劇場版 MOZU』(15)、ウェイン・ワン監督『女が眠る時』(16)など。最新作『クリーピー 偽りの隣人』は6月18日(土)より全国ロードショー。


映画「クリーピー」

©2016「クリーピー」製作委員会

『クリーピー 偽りの隣人』

6月18日(土) 全国ロードショー
配給:松竹、アスミック・エース

映画「クリーピー」映画「クリーピー」

Photo: Shota Matsumoto Styling: Takafumi Kawasaki (MILD) Hair&Make-up: Masa Kameda (The VOICE) Text: Tomoko Kurose

2016年7月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年12月号
2019年11月12日発売

GINZA2019年12月号

No.270 / 2019年11月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ミュージシャンに夢中!

好きなミュージシャン
好きな曲

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)