【INTERVIEW】阿部 寛:WHATEVER WILL BE, WILL BE なりたかった大人になれていますか

【INTERVIEW】阿部 寛:WHATEVER WILL BE, WILL BE なりたかった大人になれていますか

「ダメな瞬間って、自分でもちゃんとわかるんですよ。なにやってんだオレって。でも、ダメだと思いながらも生きていかなきゃいけない。それで一生懸命自分をよく見せようとするんだけど、その姿がまたよけいダメに見えてしまうという悪循環でね(笑)」

男前なんだけど、なんだかどこかがちょっとヘン。阿部寛さんは〝完璧ではない男〟を演じるのが上手い人だ。是枝裕和監督の新作映画『海よりもまだ深く』で演じる主人公・良多もまたしかり。──15年前に文学賞を獲ったきり泣かず飛ばずの売れない小説家。ギャンブル好きで離婚した妻子に養育費が払えず、月々の家賃の支払いも滞りがち。でも、小説家としてのプライドだけはある。大人になりきれないダメな中年男。

「役者って、ダメな人間を演じることへの憧れがあると思うんです。すごく人間味のある役だし、やっててどんどん膨らんでくるから楽しいし。でもやっぱり、自分も過去にダメだった経験があるからこそ、こういう役をやれるんだなというのはありますよね。一歩間違えば、自分も良多のようになっていたかもしれないと思いますから」

 

今回の是枝監督の映画のテーマは「みんながなりたかった大人になれるわけじゃない」。阿部さん自身も「なりたかった大人にはなれていないですよ」と苦笑い。聞けば、10代、20代は挫折の連続だったとか。

「最初の挫折は思春期の頃です。僕は陸上をやってたんです。子どもの頃、夢はオリンピックに出て金メダルを獲ることでね。幼稚園の頃から誰よりも足が速くて、負けたことなんてなかったんです。それが中学に入って早々出はなをくじかれた。脚にスネ毛の生えたヤツに負けたんですよ(笑)。僕は成長が遅かったから、試合でスネ毛のヤツを見るたびに、これは絶対に勝てないなって」

 

スネ毛がトラウマになりましたか。

「もう、恐怖ですよ(笑)。バカみたいな話ですけど、子どもにとってはそのプライドだけで生きてきたんでそのショックたるや。ああもうダメだって。自信喪失したんです。それで高校生になって、今度は宇宙に興味をもったんです。当時、カール・セーガンの『コスモス』っていうテレビ番組や本が流行りましてね。天体望遠鏡が欲しかったんだけど、僕の小遣いでは買うことができなくて。なんとか本だけは手に入れて、それを読んでは夢を見て。大学で宇宙工学をやりたいと受験するんですが、落ちました。で、その後、大学生の頃にたまたまラッキーなカタチでこの世界に入ることになって。とはいっても、モデルとしての人気だけで入ったので、自分の実力のなさを思い知ることになってね」

 

そう、1983年、『メンズノンノ』の看板モデルとして登場した阿部さんは、189cmの身長と日本人離れした顔立ちでアイドル的な人気を博し、「ソース顔・しょうゆ顔」なる流行語を生むほどの社会現象までも巻き起こしたのだ。

「だから僕は、そこでヘタな成功をしちゃったわけです。そうすると、その後役者になっても、実力のなさと中身のなさでなかなか認められない、だんだん現場に呼ばれなくなる、そういえばあの人最近出ないねっていうようなことを言われるようになる。それがたぶん、第2期のいじける時期だったと思いますね。大きな挫折でした」

 

ゆえに、良多の気持ちがよくわかるのだと阿部さんは言う。

「良多も小説家という才能で生きる職業ですから。ましてや、賞を獲って先生と呼ばれた経験もある。そこから一歩も引けない、戻れない。そういう葛藤だと思うんです。20代後半のあの頃の僕もそう。良多のように虚勢を張っていたんですよね、きっと」

 

モデルの〝阿部ちゃん〟ではなく、役者として認められたかった阿部さんは、高倉健主演のドラマにエキストラ同然の役で参加したこともある。でもそんな悩ましい時期を経験したからこそ、〝完璧ではない男〟をも説得力をもって演じられる、変幻自在な阿部さんがいるのだ。あるときはローマ人、あるときはIQ240の物理学者、あるときは伝説のクライマー、あるときは下町のロケットエンジン開発者……。そうだ、宇宙の夢は、ドラマ『下町ロケット』で佃航平を演じたことで叶いましたね。

「そう。ロケでJAXAに行ったときはうれしかった。種子島宇宙センターで働くのが夢でしたから。JAXAの方にも『いつでも来てください』って言ってもらえてね。だからいまの僕は、子どもの頃になりたかった大人ではないんだけれど、違う方法で叶えることはできているのかなって。役者をやって良かったのはそういうことかもしれませんね」

 

阿部 寛 Hiroshi Abe

1964年、神奈川県生まれ。俳優。是枝裕和監督作品は、『歩いても 歩いても』(07)、『奇跡』(11)、『ゴーイング マイ ホーム』(12/CX)に続き4度目の出演。主演映画『海よりもまだ深く』では、樹木希林、真木よう子らと共演。5月21日(土)より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他全国ロードショー。

Photo: Kazuho Maruo   Styling: Shido Tsuchiya   Hair&Make-up: AZUMA@MONDO-artist (W)   Text: Izumi Karashima

2016年6月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年11月号
2019年10月12日発売

GINZA2019年11月号

No.269 / 2019年10月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ブラックラブ♡日常で黒を着る!

なんだか気になるのは
プレイフルな黒!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)