女優・福地桃子インタビュー:GINZA編集部が今会いたい!

女優・福地桃子インタビュー:GINZA編集部が今会いたい!

俳優になれば自分からは
出て来ない言葉を言える
それってどんな感覚なんだろうって

あ、夕見子ちゃんだ!

取材現場へやってきた彼女に思わずそう呼びかけてしまった。

「ありがとうございます。役名で呼んでもらえることが、すっごくうれしいことなんだって、最近はヒシヒシと感じているんです」

いまブレイク中の若手女優、福地桃子さん。〝夕見子〟はNHK連続テレビ小説『なつぞら』で彼女が演じている役。十勝を開拓した酪農家に生まれ、女性の自立を目指して北海道大学に進学、同級生と「男女平等の恋愛」を標榜し東京へ駆け落ちしたりもしたけれど、地元の農協に就職すると新しい酪農のあり方を模索、30歳を迎えた頃に幼なじみの雪次郎と結婚すると、〝ワーママ〟となり奮闘をする、そんな女性だ。ドラマの主役は、広瀬すずさんが演じるアニメーションの世界で女性クリエイターの道を〝開拓〟する奥原なつ。でも、なつと姉妹同然に育ったアナザーヒロイン柴田夕見子のキャリア〝開拓〟もすっごく気になるのだ。1960年代のウーマン・リブを象徴する存在だからかもしれない。

「何ごとにもストレートで強い意志があって。夕見子は私にはないものをいっぱい持っているので、演じれば演じるほど魅力的に思う部分がありますし、尊敬が深くなるんです。私自身は、夕見子のように弁は立たないし、そこまで強くもないと思います。共通点は少ないけれど、共感できないわけではない不思議な感覚。すごく近くにいる感じがするというか。実は、私の母が夕見子の性格にそっくり。母は夕見子の台詞にとても共感していました。ああ、母に似てるから親近感が湧くんだなあと(笑)。しかも母は北海道出身で祖父は北大卒。夕見子との縁を感じました」

2016年、18歳で本格的に女優デビュー。育った家庭環境ゆえ、演技の道へと進むことは子どもの頃からの夢……と思いきや、「まったく興味がなかった」そうだ。

「そもそも人前に立つということは得意な方ではありません。人見知りというよりも、緊張しい。だから、自分から何かを発信することから避けてきたのかもしれません。5人兄姉の一番下で、兄姉と過ごす時間がほとんどで、興味を持つきっかけも、影響を受けて教えてもらうことが多かったです。映画に連れて行ってもらったり、お家でDVDを一緒に観たり。そんなときに、ふと、自分から発信して、自分が出来る表現はなんなんだろうかと考えたとき、俳優さんたちのように、与えられた台詞を、人の言葉を借りるのであれば、自分からは出て来ない言葉を言えると思ったんです。それってどんな感覚だろう、他人を演じるってどんな気持ちだろうって」

ゆっくり、じっくり、時間をかけて自問自答しながら心を育てていくのが彼女の流儀。じゃあ、そう思えたときにご両親に相談を?

「いえ、まったく。親に相談するという文化が我が家にはなくて、頼るのは大勢いる兄姉たち。みんなそれぞれ独立独歩、自由に生きているので、相談するにもいろんな分野がいるからありがたいんです。しかも、いちばん上の姉とはひと回り以上離れていて世代も違うんです。兄姉5人、ものごとの捉え方がそれぞれなのが面白いし、楽しい。だから、映画好きの兄には、お芝居に興味を持ったことを伝えました。すると、『2階の棚に、いままで僕たちが集めてきたDVDがあるから1日1本観な』と言ってくれて。近くで見守ってくれている人がいるというありがたみを感じました」

さて。現在21歳の彼女の私的な日々はどんなふうだろう。ドラマ『チア☆ダン』ではチア部のおしゃれ番長役を演じていたけれど、 彼女自身もファッションは大好きだという。母から譲り受けたアンティークな服やバッグをミックスするコーデが得意だとか。

「でも、ゆっくりしているとクローゼットにいる時間が長くなって、そのうち何を着ればいいかわからなくなることがしょっちゅう。だから、洋服を選ぶ時間は憂鬱な時間でもあって。結局、いつも同じ服になってしまいます。またそれを着てるの?と言われることも多々あるんです(笑)」

洋服を買うときは「試着をせずに、じーっとみて想像する」というから彼女らしい。どんな服がヘビロテなのかと聞けば、「マタニティウェアなんです」。なるほ ど……マ、マタニティ?

「楽チンなんです。私は体型も小さいし身長もないのでピッタリのお洋服に出合うことがなくて。でもマタニティってそうじゃなくても着られるじゃないですか。オンでもオフでも変化がつけられるし、旅行するときも便利。フリーサイズって画期的だなって(笑)」

さらに、オフの日はというと「アルバム作りをひたすらしてます」というから面白い。アルバムとは、そう、写真のアルバム。

「撮るのがうまいわけでも、カメラに詳しいわけでもないんです。自分が撮ったものや家族が撮ったものを整理して、選んだカットを写真屋さんでプリントして、それをせっせとアルバムに収めるのが好き。だからデータを残さない。プリントが終わると全部消します。母の世代だと、みんなそうやって写真を残したじゃないですか。しかもアルバムにまとめておくと、何年か経ってそれを見返すのが楽しいんです。もう、その時間が好きすぎて、アルバムを開くと、1日中見入ってしまうんです。自分の小さい頃、兄姉の小さい頃、両親の若い頃。特に母の若い頃は出てるエネルギーがすごく強くて感心する。母が21歳のときといまの自分を比べると、母は全然大人だったんだな、経験値が違うんだなって。……なんだか退屈な趣味ですよね、すみません(笑)」

福地桃子

ドレス ¥79,000(マーク ジェイコブス | マーク ジェイコブス カスタマーセンター) その他*スタイリスト私物

福地桃子 ふくち・ももこ

1997年、東京都生まれ。高校卒業後の2016年、女優としてドラマデビュー。18年には『あなたには帰る家がある』『チア☆ダン』などのドラマにレギュラー出演。19年、映画『あまのがわ』で映画初主演を務め、映画『あの日のオルガン』にも出演。4月よりスタートしたNHK連続テレビ小説『なつぞら』で柴田夕見子役を好演、お茶の間の人気者に。

Photo: Yasuhide Kuge Styling: Mana Yamamoto Hair&Make-up: Ryoki Shimonagata Text: Izumi Karashima Edit: Satomi Yamada

GINZA2019年10月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年11月号
2019年10月12日発売

GINZA2019年11月号

No.269 / 2019年10月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ブラックラブ♡日常で黒を着る!

なんだか気になるのは
プレイフルな黒!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)