女優・趣里インタビュー:GINZA編集部が今会いたい!

女優・趣里インタビュー:GINZA編集部が今会いたい!

自分をどんどん追い込んでいくのが好き
逆境に“コノヤロー”って向かっていく節があります

「4歳の頃からバレエをやっていて、レッスンから家に帰ってくるのは遅かったし、夜な夜な大好きなバレエのビデオを擦り切れるくらい観ていたので、寝るのはいつも深夜2時を過ぎてからでした。あとは、家族団らんで夜中に映画もよく観ていましたね。お正月の恒例でした」

大きな目を細め、趣味だという夜ふかしの話をする趣里さん。最近のお供はネットフリックス、ユーチューブ、ネットショッピング。家でもスマホは離さない。

「『ストレンジャー・シングス』が大好きで7月から始まるシーズン3が楽しみ!あと『リバーデイル』や『13の理由』など、色々観ます。こういう表現があるんだとか、こんな表情するんだとか、演技のヒントになる気がしています」

ただ細いのではなく、バレエで鍛えられたすらりとしなやかな肉体をもつ趣里さん。普段、どんなものを食べているか気になります。

「好き嫌いはないんです。朝はあまり食べず、昼は軽く済ませて、夜にがっつり食べます。『夜に美味しいものを食べよう!』と思いながら、稽古に励んでいます。ラーメン、焼肉、なんでもどこでもひとりで行きます。もちろん、友人と一緒にも行きますよ。たとえば濱田マリさん。舞台で親子役で共演してから仲良しなんです。頻繁に会うわけじゃないんですけど、年に何回かは新大久保でチキンを食べます。韓国のフライドチキンなんですけど、サクサクしていてお気に入り。あとかき氷がもう大好き♡〝かきごおらー〟です。都内に限らず名古屋や京都までひとりでかき氷を食べに行ったこともあります。おすすめは名古屋の『あんどりゅ。』と京都の『梅園』。宇治金時とか抹茶系を注文します」

でも本当はインドア派なんですけどね、という彼女だが、好きなもののためなら遠征もいとわないアクティブさも持ち合わせている。バレエに魅了され、15歳で留学のために渡英したのもこういう一面のあらわれかもしれない。しかし大怪我を負い、14年間のバレエ人生を閉ざすことに。

「それまで本当にレッスン漬けの毎日でした。だから怪我をした時は精神的にもダメージがすごかったです」

挫折を味わい帰国。予備校へ通い、大学へ進学した。

「視野を広げるといろんなものが見えてきました。いろんな人がいて、いろんな職業があって、世界は広いんだと気づきました。昔から芝居に興味がありましたが、このとき、きちんと芝居をやりたいと思うようになったんです。表現をすることが好きだったので、両親に相談して、レッスンに通うようになりました」

桐谷健太さんや鈴木亮平さんらも学んだ「アクターズクリニック」の門をたたいた趣里さん。

「役者の道は難しいんじゃないかと不安もあったんです。でも当時の代表である故・塩屋俊監督が私の演技を見て『大丈夫、お前は大丈夫。女優をやったほうがいい。だからやれ!』って、ずっと背中を押してくれて、だんだん、だんだん、やってみようかなって思い始めたんです。悩みは色々ありますけど、ちょっとずつ前に進んでいる感覚はあります」

あるときは婚約者を殺したいと思っている女、あるときは過眠症で引きこもりのエキセントリックな女、あるときはモップをかける幸せな妻で、またあるときは人形のように可愛い金髪のウェイトレス……、デビュー以降、さまざまな役を演じてきた。かなりぶっ飛んだ役柄も多い。

「腹に一物があるような、ちょっと変わった役は多いかもしれません。どんな役でも、その役を理解するようにしています。どうしてこういうキャラクターになったのか自分なりに考えて、役に寄り添って、自分だったらどうなっちゃうかな?って台本をすごく読み込みます」

たとえば二宮和也主演のドラマ『ブラックペアン』の猫田麻里。台詞は少ないが、堂々とした佇まい、存在感は絶大だった。

手術シーンでは台詞はもちろん、医術的な段取りも覚えないといけないのですが、バレエの経験が役に立ちました」

テレビ画面上では何気なく進んでいくように見えるシーンも、手元に集中しすぎると台詞が出てこなかったりと相当難しい。趣里さんは振り付けを覚えるように、オペの手順もマスターしたと言う。

「10代の頃に培った上下関係や、人間関係、空間の把握の仕方など……。バレエの世界と演技の世界には共通するものがあると思います。いま思うといい経験ができてよかったなと思うんです。役者に限らずひとりの人間として、いろんなことを考えるきっかけにもなったし、そういう経験ができたことはありがたいなと思います」

現在は複数の作品を掛け持ちする忙しい日々を送っている。

「1日に現場がひとつだけだとこんなにラクしちゃっていいのかなっていう戸惑いもあって、反動でより意欲的になるんです。ハードスケジュールが好きなのかな?」

M体質の予感……。

「それはあるかもしれない(笑)。逆境に〝コノヤロー!〟って向かっていく節があります。たとえば『不道徳教室』の岩松了さんの『はい、もう1回。はい、もう1回』と、同じシーンを何度も繰り返す稽古も、楽しい!ってテンションが上がるし、CMでご一緒した李相日監督の『今日は(カメラを)回さない』と言って、作品にじっくり取り組む姿勢も大好きなんです」

ともすると役者に疎まれるようなシチュエーションに〝とことんやらせてもらえる〟〝おもしろい〟と果敢に挑む。自分を追い込み、役に没頭していく趣里さんの次作が待ち遠しい。

ドレス ¥76,000 (トーガ プルラ | トーガ 原宿店) /ピアス ¥17,000 (ロン | ロン インク) /ブーツ ¥58,000 (スーアンダーカバー | アンダーカバー)

趣里 しゅり

1990年生まれ、東京都出身。『イノセンス 冤罪弁護士』(NTV系)などの注目ドラマのほか、舞台や映画でも活躍。2018年公開『生きてるだけで、愛。』では、第33回高崎映画祭最優秀主演女優賞、おおさかシネマフェスティバル2019主演女優賞、第42回日本アカデミー賞新人俳優賞に輝く。舞台『オレステイア』に出演中。

Photo: Yasuhide Kuge Styling: Nobuko Ito Hair&Make-up: Taeko Kusaba Text: Harumi Hino

GINZA2019年7月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年10月号
2019年9月12日発売

GINZA2019年10月号

No.268 / 2019年9月12日発売 / 予価800円(税込み)

This Issue:
知りたいのは IN&OUT ワードローブ計画 2019AW

秋冬は何を着ればいいの?
知りたいのはINなスタイル!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)