【INTERVIEW】高橋 一生:GOING MY OWN WAY – 現代を生き抜く高橋流処世術

【INTERVIEW】高橋 一生:GOING MY OWN WAY – 現代を生き抜く高橋流処世術

 高橋一生さんは勇気ある人だ。皆がなんとなくしてきていること一つ一つを問うて、納得する道を選ぶ。

一、むやみに人に同調しない。
「高校生の頃から僕、共有というのがダメだったんです。『これ美味しいよね』『そうだね』というと、それ以上話すことがなくなる気がします。それはつながっている体を成しているけれど、実際にはつながってない。『こういう理由で僕は美味しいと思う』『私はそうは思わないけれどこう感じる』。いちいち意見を戦わせる必要はないけれど、自分の意見を言うことって大事なんじゃないかと思うんです」

 

二、本当に好きなものしか持たない。
「年を重ねるごとに、何をおしゃれしてんだ!と自分ツッコミが入ってきてしまって。だから服装も結局、Tシャツとデニムに落ち着きました。夏は雪駄。気に入った服は同じものを3着買って、補修しながらボロボロになるまで着ます。そして時々断捨離をする。迷ったものは捨てる。そうしてクリーンアップすると、本当に着たいものだけ残るんです。服だけでなく何でも、思考の上でもそういうことをやっている気がします」

 

三、「お疲れさま」は言わない。
「大河ドラマの撮影のとき、伝統芸能の先生から『疲れる=取り憑かれるという意味だから、口にしたら余計疲れちゃうよ』と教えてもらいました。僕は影響されやすいので(笑)、以来仕事終わりは『ありがとうございました』と返しています」

 

ほかにも、俳優は演じる時が仕事、私生活を見せる必要はないんじゃないかとSNSもブログもやらない。
「別に、やっている人を否定するわけじゃないんですよ」と前置きしながら。

「こういう話をすると、『ストイックですね』と言われちゃうんですが、自分では好きで心地よいからやっているだけで、そんなつもりはないんです。人格なんて周囲がつくるものですから。そんな僕を『面白い』という人もいれば、『回りくどい面倒くさい奴』と思う人も(笑)」
それはそれで構わない。高橋さんはただ、自分に嘘をつきたくないだけなのだ。『民王』の秘書・貝原、『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』の鬱屈した青年・佐引、『僕のヤバイ妻』の怪しい隣人・和樹……、高橋さんが演じる人物は「何かある」と思わせてくれる。それは、高橋さんが周囲に流されずに積み上げてきた、人間的厚みに裏付けられているんじゃないか。

「そんなふうに思っていただけるのはすごくうれしいけど、僕の底は浅いです(笑)。ただ、役の上で裏があるような人物に見せるようにやっているだけで」

 

 

そんな高橋さんは今月、舞台『レディエント・バーミン』に出演する。戯曲はフィリップ・リドリー。物語の中で、若い夫婦が自分たちの行動に無自覚になっていく様子は、今日のネット社会と重なるよう。

「想像力を欠いた言葉で、知らないうちに誰かを窮地に追い込むことができる世の中になっているように感じます。『レディエント・バーミン』は、現代社会の問題をデフォルメして描いている気がしました。観て楽しんでいただきながら、翻って自分に何か引っかかるものがあるようだったらうれしいです」

 

朝から晩まで撮影や稽古、それも休みなしに続く今が、俳優人生で一番、演じる喜びを感じているという。

「僕の20代は暗黒時代(笑)でしたから。悔しさと葛藤のあったあの時があったから、休みたいなんて口が裂けても言えません」

 

仕事が楽しくて仕方ないご様子。心のポンポン振って応援してます!

高橋 一生 インタビュー

高橋一生 Issei Takahashi

俳優。1980年東京都生まれ。映像、舞台で幅広く活躍。主な出演作に『民王』(テレビ朝日/15)、『僕のヤバイ妻』(カンテレ/16)。7月スタートの金曜ナイトドラマ『グ・ラ・メ! 〜総理の料理番〜』(テレビ朝日)に出演。舞台『レディエント・バーミン』(7月12〜31日 シアタートラム 電 03-5432-1515)、兵庫公演あり。演出は白井晃、共演は吉高由里子、キムラ緑子。setagaya-pt.jp

Tシャツ ¥7,000、パンツ ¥36,000(共にnonnative)、サンダル ¥19,000(nonnative×ISLAND SLIPPER | 以上vendor)/その他*スタイリスト私物

Photo: Kazuho Maruo   Styling: Takanori Akiyama   Hair&Make-up: Akemi Ogino   Text: Tomoko Kurose

2016年8月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)