【INTERVIEW】KAI:SEEKING FOR WHAT I LOVE – 僕は、好きなことしかできないタイプです

【INTERVIEW】KAI:SEEKING FOR WHAT I LOVE – 僕は、好きなことしかできないタイプです

Share it!

日本、韓国、中国を中心に絶大な人気を誇り、アジアのトップグループに名を連ねるEXO。そのメンバーであり、アーティストとして、また俳優として活躍するカイさんが、『連続ドラマW 春が来た』で日本のドラマに初登場することに。しかも、初主演を務める。

「お話をいただいたときは、あまりにも幸せで、〝僕でもいいのかな?〟と不思議な気持ちになりました。ただ、それと同時に緊張が押し寄せてきて。でも、素敵な監督やスタッフ、共演者のみなさんのおかげで緊張がとけて、楽しく撮影をすることができました」

ドラマの原作は、向田邦子の同名傑作短編で、〝家族の再生〟という普遍的なテーマを描いている。カイさんが演じるのは、韓国人のカメラマン、イ・ジウォン。岸川直子(倉科カナ)との偶然の出会いをきっかけに、崩壊しかけている岸川家を変えていく。

「単なる恋愛ものではなく、家族の複雑な関係を掘り下げたストーリーです。しかも、ジウォンという家族ではない人物の視点や、与える影響が描かれているところにフレッシュさを感じました。実際に起こっても不思議じゃないと感じるリアルな物語には、共感を覚える人も多いと思います。家族という存在は、言い表すことが難しいもの。僕にとっては支えでもあり、友人でもある、人生の一部です。ドラマを見て、自分の家族のことを思い出してもらえたらうれしいですね」

ジウォンと自分には、似ているところがあるというカイさん。

「タイトルの『春が来た』は、彼が家族に温かい影響を及ぼすことを表現していると思うんです。その温かさこそが彼のいいところだと思うし、僕にもそういう部分はあるんじゃないかなって。自分で言うことではないですけど(笑)」

ときおり、優しい笑顔を見せながら話すカイさんには、たしかにジウォンと同じ、春のような温かい雰囲気が漂っている。でも、演じるうえでは大変なことも多かったそう。

「ひとつは日本語の発音です。間違った発音にならないよう気をつけていたのですが、いたらない点も多かったなと思っています。あと、撮影の最中に急にセリフが追加されることがあって、ドキドキしましたね。たとえば、もとはナレーションで気持ちを語る予定だったものを、河合勇人監督の提案でセリフにしたり。今、振り返ると、どうやって切り抜けたのか覚えていません。ただ、その瞬間は大変だったけれど、完成した作品を見てみると、頑張った甲斐があったなって思いました」

そうして時間を共有し、向き合いながらドラマを作った監督とのあいだには、深い絆も生まれたという。

「とても親切な方で、僕の意見を作品に反映してくれたことがうれしかったです。撮影が終わったときに〝また機会があれば一緒にやりましょう〟とお話しました。監督さん、覚えてくださっているかな?本当に楽しい撮影現場でした。本作もですが、演技のお仕事は楽しく、これからも挑戦していきたいもののひとつ。僕は、好きなことしかできないタイプなので、そもそも嫌なら演技をしていないですしね。これからやってみたいのは、これまで演じてきた明るいキャラクターとは違って、暗い側面を持っている人。あと、どんな小さい役でもいいので映画に出てみたいです」

俳優として、アーティストとして、たくさんの仕事をこなし、大忙しの日々を送るカイさん。先日、久しぶりにとれた休暇には、家族でハワイへ行ったそう。

「でも、親戚の子どもも一緒だったので、子守りをしないといけなくて大変でした(笑)。もう一度お休みをもらえるとしたら、今度は1人で行って、のんびりと過ごしたいですね。ハワイはもちろん、以前に行ってよかった沖縄もいいですね」  大好きだというファッションも、気分転換のひとつになっている。 「服を買うのも見るのも、雑誌の撮影も楽しいです。長い間ずっと着ていられるベーシックなアイテムが好きですね。ワンシーズンだけではなく、2年、3年、5年と付き合っていけるものが、本当にいいものだと思っています。ずっと愛用しているブレザージャケットがあって、今日もそれを着てきました。女性も、自分に似合うものを知っている人は素敵だと思います」

gz01_cut1_0020

シャツ ¥43,000(トーガ ビリリース | トーガ 原宿店)/パンツ ¥34,000(サイベーシックス | マスターピースショールーム)


撮影裏側のメイキング映像&動画インタビューも見てね!

KAI

カイ≫ 1994年1月14日生まれ。EXOは2012年に韓国、中国にてデビュー。日本では2015年に海外男性アーティストとしてデビューから史上最速で東京ドーム単独公演を果たした。今年は12月より『EXO PLANET #4 – The EℓyXiOn – in JAPAN』(全3カ所7公演)が開催され、待望のEXO JAPAN 1stアルバム『COUNTDOWN』が2018年1月24日にリリース。『連続ドラマW 春が来た』はWOWOWプライムにて1月13日22時から放送(全5話/第1話無料放送)。

カイさんの直筆サイン入りチェキを1名様にプレゼント!

gz01_cheki_tha

こちらの応募フォームよりご応募ください。

GINZA2018年1月号掲載

Photo: Takemi Yabuki (W) Styling: Taichi Sumura Hair: Park Naejoo Make-up: Hyun Yunsu Text: Aya Shigenobu Edit:ShunSato, AkiraTakamiya

関連記事

【INTERVIEW】森高千里:MY NAME IS MORITAKA - モリタカがモリタカである理由

【INTERVIEW】森高千里:MY NAME IS MORITAKA – モリタカがモリタカである理由

【INTERVIEW】國村 隼:FOLLOW YOUR HEART, NOT YOUR HEAD. - 逆らわない。流れのままに、流される

【INTERVIEW】國村 隼:FOLLOW YOUR HEART, NOT YOUR HEAD. – 逆らわない。流れのままに、流される

【INTERVIEW】横山 剣:IINE! IINE! IINE!? - イイネ! クレイジーケンバンド♡20周年!

【INTERVIEW】横山 剣:IINE! IINE! IINE!? – イイネ! クレイジーケンバンド♡20周年!

【INTERVIEW】安田 顕:HOW TO BE A HOT MAN - モテリーマンになるためには…?

【INTERVIEW】安田 顕:HOW TO BE A HOT MAN – モテリーマンになるためには…?

【INTERVIEW】大泉洋:守るべき者を持った時、男はヒーローになる

【INTERVIEW】大泉洋:守るべき者を持った時、男はヒーローになる

【INTERVIEW】ムロツヨシ:HOW TO MAKE GOOD FRIENDS - たくさんの友だちがいたからこそいまがある

【INTERVIEW】ムロツヨシ:HOW TO MAKE GOOD FRIENDS – たくさんの友だちがいたからこそいまがある

【INTERVIEW】渡辺直美:MEET BRAND NEW MYSELF - 新しい私と出会う夏 

【INTERVIEW】渡辺直美:MEET BRAND NEW MYSELF – 新しい私と出会う夏 

【INTERVIEW】アキラ100%:BET MY LIFE ON YOU - 僕の人生、お盆に賭けてます

【INTERVIEW】アキラ100%:BET MY LIFE ON YOU – 僕の人生、お盆に賭けてます

【INTERVIEW】バナナマン:HOW TO BE A GOOD RELATIONSHIP - 心地よい笑いをもたらす2人の関係性

【INTERVIEW】バナナマン:HOW TO BE A GOOD RELATIONSHIP – 心地よい笑いをもたらす2人の関係性

【INTERVIEW】阿部 寛:WHATEVER WILL BE, WILL BE なりたかった大人になれていますか

【INTERVIEW】阿部 寛:WHATEVER WILL BE, WILL BE なりたかった大人になれていますか

【INTERVIEW】高橋 一生:GOING MY OWN WAY - 現代を生き抜く高橋流処世術

【INTERVIEW】高橋 一生:GOING MY OWN WAY – 現代を生き抜く高橋流処世術

【INTERVIEW】ハリウッドザコシショウ:24年をかけてたどり着いた境地とは?

【INTERVIEW】ハリウッドザコシショウ:24年をかけてたどり着いた境地とは?

【INTERVIEW】水谷 豊:「相棒」は自分で決めるものじゃないんです

【INTERVIEW】水谷 豊:「相棒」は自分で決めるものじゃないんです