クリエイティブディレクター小池一子さんに聞きました!《「表現」になったファッションと広告》とは?

クリエイティブディレクター小池一子さんに聞きました!《「表現」になったファッションと広告》とは?

パルコ、ラフォーレ、ルミネ。毎シーズン、めくるめくファッションのトレンドを手に取れるものにしてくれるのは、いつだってファッションビルだ。街のざわめき、肌で感じる同時代の空気、友達とのおしゃべり。ファッションビルの広告のヒストリーには、「いま・ここ」を生きる私たちのファッションがある。


クリエイティブディレクター小池一子さんに聞く!

「表現」になったファッションと広告

「伝達」が主だった広告が、「表現」になったのは初期の70年代に入ってからです。表現者がCI=企業のアイデンティティづくりに関わるようになったのです。山口はるみさんや石岡瑛子さんといった、強いイメージを作るクリエイターはこの流れにぴったりでした。はるみさんのエスニックなファッション画と健康なヌードをあわせたくて、でもアンダーヘア問題にぶつかり沢渡朔さんの写真が救ってくれたこと。見る人には通じるでしょうとコピーを単に「PARCO感覚」としたこと。いろいろな思い出があります。当時は、カタカナの肩書はまだめずらしい時代。スタイリングもデザイナーや編集者がやっていました。私はスタイリスト時代を予感しさまざまなクリエイターのスタイリング案を雑誌連載、公募もしたら山口小夜子さんが登場するなど、現実が夢とないまぜで動いていた黎明期です。

パルコの創業者である増田通二さんは、変化しつつあった消費文化において、繊維産業しかも小売がどう変化すべきかを考え、「ファッションビル」という形態を発明しました。そこで、小さな一室で洋服を作っていたデザイナーたちに、彼らのアイデンティティを守るからビルにショップを出してほしいと提案したんです。そんなデザイナーたちとのコネクションには、彼らの多くが60年代からの友人だったことが役に立ちましたね。三宅一生さん、川久保玲さん、山本耀司さんなどリーダーを含めての話です。

このブランドのアイデンティティがとりわけ重要で。小さいスペースで自分たちの世界観をしっかり表すためには、ショップの空間がとても大事になる。それで、ブランドごとに異なるインテリアが並ぶ、ファッションビル独自の光景が生まれました。インテリアデザイナーが果たした役割は大きいと思います。

そんなふうに、ファッションビルのイメージづくりには、広告はもちろん、出店するブランドやインテリアデザイナーなど、多くの表現者が関わっていました。その後に続いた他のビルを見ても、やっぱりクリエイターのものだなと感じます。クリエーションとアイデアと経済が遭遇できた幸せな時代だったのでしょう。

 

小池一子

こいけ・かずこ≫ クリエイティブディレクター、十和田市現代美術館館長。コピーライターとしてキャリアをスタートさせ、1980年には「無印良品」の創設に参画。日本初のオルタナティブ・スペース「佐賀町エキジビット・スペース」(〜2000年)を創設し、大竹伸朗、森村泰昌、杉本博司らを国内外に送りだす。その他、ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展 日本館など展覧会も多数手がける。主な受賞に毎日デザイン賞、日本文化芸術振興賞など。

 

Cooperation: PARCO, Laforet HARAJUKU, LUMINE, NEWoMan
Text&Edit: Satoko Shibahara, Satoko Muroga

〈関連記事はこちら〉

《ファッションビルは、 非日常から日常へ》ジャーナリスト 川島蓉子さんにファッションビルと広告の関係を、たっぷり語ってもらいました!

渋谷パルコ、新宿ルミネ、ラフォーレ原宿が開店した70年代の広告。エネルギッシュな表現のキーワードは“女性”

ファッションビルが流行を牽引した1980年代の広告。世は広告の黄金期!ナンセンスなコピーとビジュアルこそ’80s

パルコの広告を支えた 写真家・操上和美さんにインタビュー!撮影時の話や当時流れていた空気を振り返って「アイデアは現場で生まれてくるもの」

原宿と渋谷のストリートが輝きを見せた1990年代の広告。グランジ・ヒップホップ・ギャル、これぞ ’90sのユースカルチャー!

トーキョー=カワイイが広まった2000年代の広告。ねじれた方向に突き抜けたカルチャーが世界を魅了!

言葉を次々と繰り出すルミネのコピーライター、尾形真理子さんにインタビュー!「ルミネらしさってなんだ?」

キッチュなだけじゃない成熟した東京のイメージが定着した2010年代の広告。「その人らしさ」を応援する、シンプルでストレートなもの

NEWoManオープン広告のAD 上西祐理さんにインタビュー!自分や友達のリアルからイメージを膨らませるアティチュード「たおやかに、強くサバイブする女性を表したい」

GINZA2017年7月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年5月
2019年4月12日発売

GINZA2019年5月

No.263 / 2019年4月12日発売 / 予価:800円

This Issue:
お買いもの賢者

合言葉は
A Boogie-Woogie Power Shopper!

ニューオープンのショップで好きなブランドの世界観に浸りながら。気になるECサイトで手のひらショッピング…。“お買いもの ”のスタイルが多様化しても、何かを買うときの心躍る気持ちは不変ですね。
続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)