レディの肖像 橋本愛

レディの肖像 橋本愛

Share it!

自分にはどこか野猿的なところが残っていると思います。

聡明な人である。

「本や映画は自分にとって薬のようなもの」と語り、さまざまなものを吸収しながら咀嚼し、自分自身の言葉を紡ぎ出す。先月公開した映画『ここは退屈迎えに来て』では、地方の閉塞的な社会のなか、葛藤する女性を繊細に演じたが、目の前の橋本愛さんは一転、明るくて自然体。軽やかな女性だった。

――近寄りがたい美少女や、ミステリアスな役柄の印象が強かったですが、近年は等身大の役もたくさん演じていますね。

「人間らしい役が増えました(笑)。意識的にそういう作品を選んだところも実はあります。男子生徒の理想の女の子など、偶像じゃないものも演じてみたいと思っていたころ、『寄生獣』や『バースデーカード』など、それまでとは真逆の役のオファーをいただくようになりました。等身大の役が多くなったあと、『美しい星』で金星人の役をいただいて(笑)、はたして戻れるかな?と逆にドキドキしていました」

――現在公開中の『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』は熊本の遊園地が舞台。行定勲監督の『うつくしいひと』など、ご出身の熊本県に関わる映画に数々出ています。やはり、地元愛は強いのですか?

「作品内容や企画の面白さで、お仕事をお受けしているので、特別、熊本にこだわっているわけではないんです。ただ、熊本出身だから呼んでいただけたんだとは思っています。熊本の良さは最近になって、感じるようになりましたね」

――熊本の良いところとは具体的には?

「厚い歴史がありながら、空気が澱んでおらず開放的なところです。戦争のあった場所もちゃんと鎮魂されているのでしょうね。古いものを残しつつ更新し続けている、カラっとしたところが好きです。以前は、少々能天気に見えていたのですが、地元を離れてフラットに捉えられるようになってから、それは常に前を向いて生きている熊本の人たちの強さなんだとわかり、さらに好きになりました」

――熊本は、ファッションもいちはやく取り入れる場所なのだそうですね。

「『そんなの、嘘だ!』と思っていたんです(笑)。ところが、日本の歴史に詳しい方にうかがったら、本当らしいですね。熊本は常に新しいものを取り入れていたそうで、『バッタもんのあふれる東京とは格が違う』とその方はおっしゃっていました(笑)。地元民ではない専門家がそんなふうに熊本のことを良く言ってくださるのは、うれしいですし、誇りに思います」

――自分には熊本の血が流れているなと感じることはありますか?

「どうでしょう?私はあまり県民性というものを信じていなくて、人それぞれだと思っているので……。ただ、自分にはどこか野猿的な部分は残っている気がします」

――『リトル・フォレスト』シリーズのように、実際に大自然のなかに身をおいて、ドキュメンタリーのように撮る作品に出演されたのも、そういう気質があったからかもしれないですね。

「あれは岩手県で撮っていたのですが、『あまちゃん』といい、あの時期は東北に呼んでいただくことが多かったですね。出身は南ですが、どこか共通する自然の匂いが自分に残っているのかな?と思います。『GINZA』のファッションページのような、モードな服をたくさん着させていただいている一方で、そういう側面も感じていただけるのはありがたいです。都会も田舎も私は両方、大好きですから」

――橋本さんは、13歳で芸能界に入られました。その前は何になりたいと思っていたのですか?

「特に何もありませんでした。将来の夢を持つ前にこの世界に入ってしまったんです」

――どんな子どもだったんでしょう?

「一言で言えば、クレイジー(笑)。子どもってだいたいクレイジーなものですけれど、自由で開放的で、祖母からずっと叱られていました(笑)。基本的にぐうたらで、神経質なところがほぼなかったんです。子ども時代に2回くらい性格転換しました。クレイジーから人見知りになって、またクレイジーに戻った……アップダウンが激しくて、自分でも面白いなと思います」

貪るように映画を観てきた。映画館がオアシスだった。

――単館系や名画座に通うほど、映画好きで有名な橋本さん。衝撃を受けた作品として、石井隆監督の『人が人を愛することのどうしようもなさ』をしばしば挙げています。これが映画好きになるきっかけになった作品ですか?

「そうですね。それまでは、ストーリーなど、作品の核の部分に自分の人生を紐付けて感動するという映画の見方をしていましたが、この作品に出合い、画作りや照明、カメラワークの面白さを知りました。その後は映画のディープな部分に目がいくようになったんです。最近は忙しくて行けなくなってしまいましたが、通っていた時期は、館内にあるチラシを全部持って帰って、綿密にスケジュールを組んでいました」

――まるで仕事のようですね。

「そうですね(笑)。4年くらい前まで、ドラマの撮影を縫って映画館に通っていました。映画がオアシスのようなものだったんです」

――いま、雑誌『ポパイ』で映画や舞台、本などのカルチャーについてのエッセイを執筆していますが、書くことは楽しい?

「毎月、締め切りに追われていますが、書きながら、自分はこんなふうに感じていたんだと、あらためて気づかされることは多い気がします。書くことによって、作品への理解が深まっていくのは楽しいですね」

――橋本さんが役を演じる上では、一番大事にしていることは何ですか?

「映像に刻印することが大事だなと最近は思っています。ナチュラルに演じればリアルに見えるわけではなく、自然なまま演じていると、映像にしたときどうしても3割減に見えてしまう。私の好きな俳優さんは、映像にきちんと残るお芝居をしています。たとえば『ここは退屈迎えに来て』の門脇麦ちゃんと岸井ゆきのさんは、印象に残せる演技をされていて、すごいなと思います。私は、カメラ位置も無頓着に演じていたようなところがあったので、〝残せる〟芝居をさらっとやれるようになりたいです」

撮影時の自分は過去の私。年々違うステージにいる。

――これまで演じてきた役が実人生に影響するということはあるのでしょうか?

「どうでしょう……(熟考)。ただ、数年たってから、いまの状態が前に演じたあの役の子みたいだなと思い返すことはあります。本当に辛かったんだなあとしみじみ思うというような」

――それはどの作品の何役ですか?

「夜中の3時くらいに話すような内容なので、いまここでお話しするのはちょっと恥ずかしいですね(笑)。10年くらいたったら話せるかもしれません。いまは、撮影した1年後に作品が公開になることが多いんです。そうすると、演じているころの私は、すでに過去のもの。PRで取材していただくようになって初めて自分を客観視できたり、役の理解が深まったりします。撮影中は100パーセントの力を出し切っているつもりでも、1年後には別のステージにいますから、あのときなぜこれがわからなかったんだろうと思うこともあるんです。それが悔しくもあり、楽しくもあります。その繰り返しが続いている状態なので、役を通して自分の人生に気づきを得るという経験はまだないですね」

――橋本さんご自身が日々更新中なんですね!では、これまで転機となった作品は何ですか?

「『告白』と『桐島、部活やめるってよ』です。環境の変化という意味では、『あまちゃん』も入りますが、自分の気持ちの上ではそれほど変化はないんです。『告白』は映画の世界に深く入り込むきっかけにもなった作品です」

――『告白』の中島哲也監督の現場は厳しいと漏れ聞いています。

「当時14歳でしたが、撮影所に行くと震えてしまうくらいでした。けれど、叱られながらも、ずっと愛情は感じていました。私がいま、心を売らずに、好きな作品に出させていただけているのは、『告白』のおかげだと思います。中島監督が私を映画的な存在にしてくださったからなんです」

――『桐島』は、どういう出合いでしたか?

「キャストやスタッフのみなさんが、プロフェッショナルとはどういうものかというのを教えてくださいました。本気の人たちを目の当たりにして、私もちゃんとやらなきゃ!と、あたりまえのことに気づきました」

――橋本さんが芸能界に入られたのは、お母さんがオーディションに応募したことがきっかけでした。上京することもモデルや俳優になることも、ご自身の希望ではなかったけれど、仕事という自覚を持ち始めたのも、そのころだったのでしょうか。

「そうですね。意志を持って臨んだのは『桐島』です。ほぼ同級生の子たちが本当に一生懸命やっていて、この一生懸命さに追いつけないのなら、辞めるしかないと思ったんです。それまでは辞めることしか考えていませんでした。そんなモチベーションだったことがとても悔やまれます。『桐島』から、(俳優を)25歳くらいまでやってみようと思うようになりました」

――最近は25歳から、さらに「一生」に格上げされたそうですね。

「そうなんです(笑)。そう思うようになったのはここ、1、2年のことです。25歳になっても、30歳になっても、おばあちゃんになっても自分が演じている姿が想像できるようになり、俳優をずっとやっていこうと思うようになりました」

――そんなふうに考えが変わったのはなぜ?

「自分の人生ではない映像が観られるのが面白いと思うようになったからです。たとえば、役の上で兄弟だったら、本当は他人なのに、その人の昔の姿が見えたり、一緒に手をつないでいた子ども時代が見られたりします。また、俳優は定年がないというのも魅力的です。若くい続けることに注力すれば若い役ができますし、自然に年をとれば、老いた役を演じられます。自分次第で未来の役柄が決まるというのはワクワクします。いまはまだ、どちらの大人になるのかわかりませんが、そのときの自分の直感、気持ちにまかせて選んでいけたらと思っています」

見たことのないものを見たいという思いしかない。

――もしかして、橋本さんは、いろんな出会いのなかで、見たことのない自分を見てみたいというような気持ちがありますか?

「好奇心は強いです。見たことのないものを見たいという気持ちしかないですね。それが私の生き甲斐なのかもしれません」

――最後に。もしも、1日だけ魔法が使えて願いが叶うとしたら、どんな願いごとをしますか?

「その魔法は1日で切れちゃうんですよね?あまり幸せすぎると戻れなくなってしまうから……(しばらく考えて)誰もいないところに行きたいです。砂漠でも海でも湖でもかまいませんが、一人になりたいです」

――それは魔法でなくても叶えられることなのでは(笑)?

「現実にそういう場所に行こうとしたら、フライトなど、移動時間がとられてしまうじゃないですか(笑)。パッと行ってパッと戻ってきたい。そして、その間のんびりしたいです。この間、鳥取砂丘に行ったのですが、波の音も砂の音も風の音もしなくて、野外なのにまったくの無音でした。それがとても新鮮で、『どうか誰もしゃべらないで!』という気持ちになりました。あの怖いくらいの無音をもっと味わいたいです。一人だったらもっと怖く感じるかもしれないけれど、でも、楽しそうです(笑)」

橋本愛 インタビュー

橋本愛

1996年生まれ。熊本県出身。『桐島、部活やめるってよ』などで、日本アカデミー賞新人俳優賞ほかを受賞。『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』が公開中。2019年、NHK大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』に出演する。

Photo: Yasuhide Kuge Styling: Saeko Sugai Hair: Keiko Tada (mod’s hair) Make-up: Masayo Tsuda (mod’s hair) Text: Tomoko Kurose

2018年12月号掲載

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント