【INTERVIEW】野村萬斎:ENDLESS SEEKING THE TRUTH – 飽くなき探求が時代をつなぐ 

【INTERVIEW】野村萬斎:ENDLESS SEEKING THE TRUTH – 飽くなき探求が時代をつなぐ 

古典というと、現代の生活とは切り離された別次元のものと思いがちでも、狂言師の野村萬斎さんは、そこにふわりと橋をかけてくれる。

たとえば『平家物語』についてはこんなふう。

『平家物語』って、いまで言うプロモーションビデオのようなものだったと思うです。義経がどんな人だったか。どのような出で立ちをして、どんな馬に乗っていたのか。琵琶法師によって、こと細かに色鮮やかに語られた。映像のない時代に語りを聞くだけで、想像力で3Dのようリアルな姿を思い浮かべることができたです」  

 

室町時代から60年続いている伝統芸能狂言。萬斎さんは和泉流の名家に生まれ、父・野村万作さんは人間国宝3歳で初舞台を踏み、世界中で狂言を演じる一方で、イギリスに留学してシェイクスピアを学んだりNHKの朝ドラ『あぐり』に出演して、全国的な人気を博したり

狂言の型を使いながら日本語の豊かさを伝える斬新な教育番組『にほんごであそぼ』は15年目を迎え、現在、主演映画『花戦さ』が絶賛公開中。2002年より世田谷パブリックシアターの芸術監督を務め、古典芸能と現代演劇の融合を試みながら、未来のクラシックレパートリーを生み続けている……となんとまあ活動の幅広いこと!

7月は、同劇場で「平家物語」を現代劇に転化した木下順二作『子午線の祀(まつ)り』を上演萬斎さんがこの作品に主演するのは3度目だが、今回は演出も手掛け平成版新たな舞台を企んでいるらしい。

というわけで、冒頭の説明があったのだ

子午線、とは、経度のようなものですね。いま私がどこに立っているかというと、宇宙的視座らみれば、東京の三軒茶屋の世田谷パブリックシアターにおり、時間軸では2017年○月×日○時×分に立っている。『子午線の祀り』という作品は、1185年の壇ノ浦に座標を合わせ、マクロの視点から、源平合戦を見つめたものなんです、というと現代的に感じるでしょ?

 

過去のものをそのまま踏襲しても、現代を生きる人に響かなければ意味がない。萬斎さんはさまざまな手法を駆使して、いまを生きる人につなげる「翻訳作業に勤しんでいる。

近年の変化は激しいですから。室町時代と江戸時代で、人の価値観はそれほど変わらなかったろうと思うです。たとえ政権が変わってもでも現代は、うちの爺さんと親父の時代の間だって電話やテレビが登場して、さらにインターネットが出てきた。情報量が圧倒的に増えているし、それだけ、人間の質も変わってきているはず。そのギャップをどう埋めていくかですよね」  

 

それでも狂言が60年も受け継がれてきたのは、普遍的な人間の本質を描いているから。

萬斎さんは様々な表現方法を通して、「本質を伝えることが使命」と思っているのだろうか。

僕が本質を理解できているかどうかは疑わしいですが()、本質を知りたい、伝えたいと思って生きていることは間違いないですね。そうでないと狂言は生き残れないという思いもどこかにあります。時代に迎合してしまったら、狂言が狂言でなくなってしまうし、僕のアイデンティティも揺らいでしまう。時代とどう折り合いをつけるか。ある種、時代を自分に引き寄せるくらいのことが必要で、それには、ジャンルの枠を自分から飛び越えて、僕という座標軸を感じてもらうことで、狂言に関心を持ってもらえるかもしれないですね」  

 

どんな仕事をしようと狂言師であるいう基軸は揺らがない。しかも、世界中でどれだけ評価を得てもなかなか満足できないらしい

「満足はできないでしょう! この世ほど、人間ほど不思議なものはありませんただ、満足はできないけれど、作品を通して、僕が提示した宇宙観に共感してくださる方がいたとき、それは〈なぐさめ〉はなりますね。僕の作品を観た方が、なにかしら心震えたのなら、生きていてよかったと思います」

 

いまや、自分の好きな場所で、手のひらのなかで映画やドラマを楽しめる時代。劇場に生の舞台を観に行くという行為の重さも痛感している。

「わざわざチケット代支払って、電車賃払って劇場にまで来て、数時間座席に拘束されるわけですから()それだけの時間とお金をかけてものを僕らは見せないといけないですよね

 

一度見逃したら、2度と同じもの観ることはできない、尊い瞬間。

舞台芸術は無形の文化。その日、その場にいなかった人に、どれだけ説明しても感動をまったく共有できない()。花火のように散るはかないものです。いま生きる人間が、同時代に生きる人に観『生きていること』を共に実感できる。それが、ライブパフォーミングアーツの根幹だと思います

 

作品内容を理解しようと頑張らなくてもいいと萬斎さんは続ける。

「世の中では、わからないことがまるでいけないことのようになっていますが、そんなことはありません観た直後に理解できなくてもいいです。あれはどういうことだっただろう? という気持ちがのどこかにずっと残って何日もひきずる。そしてあるとき、こういうことか! と腑に落ちる瞬間が来る。そこに人間の生きる楽しさがあるじゃないかと思うのです」

 

野村萬斎 Mansai Nomura

1966年、東京都生まれ。狂言師。重要無形文化財総合指定者。2002年より世田谷パブリックシアター芸術監督に。主演映画『花戦さ』が公開中。7月1日〜23日、世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演『子午線の祀り』に出演。演出も。
世田谷パブリックシアターチケットセンター
03-5432-1515
setagaya-pt.jp

Photo: Yosuke Suzuki (Erz)
Hair&Make-up: Masako Kouda (barrel)
Text: Tomoko Kurose

2017年7月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

関連記事

PICK UP

MAGAZINE

2019年7月号
2019年6月12日発売

GINZA2019年7月号

No.265 / 2019年6月12日発売 / 予価880円

This Issue:
クローゼットスナップ!/Tシャツ

あなたのクローゼット
開けていいですか?

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)