アニメ&漫画好き!?高杉真宙を知るための10のこと

アニメ&漫画好き!?高杉真宙を知るための10のこと

Share it!

俳優の高杉真宙さんは寝ても覚めてもアニメと漫画が大好き。大好きなアニメキャラクターを意識したファッションをしてみたり、自身のブログやコラム連載でオススメの漫画について熱く語ったり。この秋、アニメ映画で念願の「声優デビュー」を果たした彼に、アニメと漫画に関する10の質問をぶつけてみました。


ーーQ1.高杉さんのアニメ愛はかなり本気というか、オタク度マックスというか(笑)。なぜそんなにアニメ好きになったんですか?

小っちゃい頃から家のテレビにアニメが流れてたんです。ドラマやバラエティや情報番組を観る習慣がなかったというか、そもそも母親があんまりテレビを観ないんです。だから、子どもは子どもで自分たちの好きなものを観る。朝起きたらアニメをつけて、帰ってきたらアニメをつけて、寝る前に消す(笑)。とにかくアニメばっかり。『じゃりン子チエ』とか『悪魔くん』とかそういった古いものやディズニーものや、最新の流行りのものや、とにかくアニメというアニメを片っ端から観て育ったんです。

 

ーーQ2.好きな声優さんは誰ですか?

林原めぐみさんが好きです。花澤香菜さんとか。男性は神谷浩史さん、櫻井孝宏さん……。とにかくたくさんいます。挙げたらキリがないかな(笑)。

 

ーーQ3.では、好きなアニメソングは?

アニソンは意外と聴かないんですよ。

 

ーーえ!?カラオケで歌ったりしないんですか?

僕、歌が苦手なんです。だから、カラオケは聴くだけ。マイクが回ってくるとなんとなく受け流しちゃいます(笑)。

 

ーーQ4.じゃあ、いまハマってるアニメは?

今期のアニメはまだちゃんと観られていなくて。「観なきゃいけないもの」が溜まっているんですけど、「こなせてない」(笑)。最近は、昔のアニメを見直すことも多いですね。やっぱり『化物語』と『PSYCHO-PASS  サイコパス』はいいなと思います。『化物語』は西尾維新さんのファンタジー小説をアニメ化したものですが、それに出てくる阿良々木暦っていうキャラクターが僕は大好きで。『PSYCHO-PASS サイコパス』は、『踊る大捜査線』の本広克行監督が総監督でいらっしゃるので、とってもシリアスで大人っぽい。アニメ好きじゃなくても面白く観られる作品じゃないかなと思います。

ーーQ5.お仕事のないオフの日とかはどう過ごされていますか?やっぱりアニメですか?

なにはともあれ、やっぱりアニメです(笑)。あとはゲームをしたり。

ーーゲームはどういうのを?

オンラインゲームです。対戦型のバトルロワイヤル。それをず~~~~っとやる(笑)。で、それに飽きたら、ただひたすらに平積みにされた漫画を読んでいく。これもアニメと一緒で、どんどん読んでいかないと消化できなくて大変。……ってそれは仕事でもなんでもない、ただの趣味なんですけど(笑)。

ーーQ6.好きな漫画家は誰ですか?

たくさんいるんですが、森薫先生がいちばん好きかも。『乙嫁語り』とか『シャーリー』とか。

 

ーーQ7.ということで、念願の「声優」に初挑戦。キミスイ(『君の膵臓をたべたい』)の主人公「僕」の声を演じられました。どうでしたか?

難しかったです。演技のバランスが難しかったというか。声だけで感情を表現し伝えなくちゃいけないので、本来は大きめに演技するものなんです。でも、僕が演じた主人公は人見知り。感情も表に出さないし、心の起伏もほとんどない。いつも淡々としているんです。でもだからといって、演技の起伏も平坦でいいかというとそうではなく。アニメ好きだから、「声を演じるときはこうしたい」というものがもともと自分の中にはあったんですが、実際は思うようにはいかないものだなあって。

 

ーーQ8.ちなみに、裏社会の実態を描いた漫画『ギャングース』が実写化され(11月23日公開予定。入江悠監督)、高杉さんはそちらにも主演されています。こちらは打って変わって、なかなかのワル役。どんなことを感じましたか?

もとは実際に起こった事件やできごとに基づくルポ小説が原作で、それが『ギャングース』という漫画になり実写映画となったわけですが、本当にこういうことがあるんだなって。僕も含めて、ほとんどの人がここで描かれる貧困問題や裏社会について知らない。そこに衝撃を覚えました。日本には見えない部分がまだまだたくさんあるんだなと。俳優は、いろんな人を演じることで、そういった「見えない」部分を広く伝えることができる職業。役を通してそういった事実を、現実を、世間に知らしめることができればいいなって。

ーーQ9.ところでお酒は飲みますか?

ぜんぜんダメなんですよ。

ーーじゃあ、居酒屋っぽい場所へは行かない?

友だちは飲むから行きます。高架下の焼き鳥屋さんとか。お酒は飲めなくても、そういう雰囲気は大好きだし、ハツとかレバーとかの臓物系、ホルモン系も大好き。好きな食べものが酒飲みっぽいチョイスなんです(笑)。

 

ーーQ10.では最後に。どんなファッションが好きですか?今日は古着を取り入れたコーデですね。

古着は好きです。独特の匂いとか、ダサかわいい感じが好きで。ウォッシュの入ったデニムとか、ザックリした感じのプリントTシャツとか、80年代、90年代っぽいファッションは好きですね。

高杉真宙 たかすぎ・まひろ

1996年7月4日生まれ。小学校6年生のときに、熊本・八代で行われた花火大会で芸能界デビュー。公開中のアニメ映画『君の膵臓をたべたい』で声優デビュー。主演映画『ギャングース』が2018年11月23日公開。2019年春公開の映画『賭ケグルイ』にも出演。ちなみに、誕生日にちなんだ映画『7月4日に生まれて』はまだ観ていないそうです!

Photo: Katsumi Omori Stylist: Kentaro Higaki(little friends) Hair&Make: Yoshikazu Miyamoto(BE NATURAL) Edit&Text: Izumi Karashima

関連記事