林央子の「アーティスト・リーディング」〜小金沢健人が見た上海アートシーン後編

林央子の「アーティスト・リーディング」〜小金沢健人が見た上海アートシーン後編

Share it!

国内外のアーティストへの取材を通じて世界を見つめてきた林央子さん。彼らとの親密でプライベートな対話やその作品からの気づきをまとめたこの連載からはきっと自分の中にユニークな感覚を発見できるはず!今回は、ベルリンでの長い滞在生活を経て広島→東京に拠点を移したアーティスト、小金沢健人さんが見た「上海」という街を覆うアートの勢いについて。


11月の半ば、Facebookを開いてみたら、アーティスト小金沢健人さんの書き込みをみつけた。ながくベルリンに滞在されていて、その土地で家族をつくられて、昨年お子さん2人をつれて帰国。帰国の折には大都市をさけて広島県の尾道に住まわれていたが、最近は東京に移られた。そんなことを耳にしていた小金沢さんは2009年から『here and there』にも執筆いただいき、いろいろなプロ ジェクトを御一緒させていただいた関係だ。

独特のユーモア感覚と、「つくる」行為に正面から向き合う姿勢(ときにその結果として迂回する道のりもふくめて)に感動することの多い小金沢さんの、 Facebookでの書き込みは、最近アートフェアに参加するため立ち寄られた上海で目にしたものの印象をビビットに伝えられていて、とても印象に残った。普段はSNS上では寡黙な印象の小金沢さんであるからこそ。

その小金沢さんが立ち寄られた11月の上海は、大きな会場でのアートフェアが2つ同時開催されて、オープニングに内外のコレクターが集まってきており、また非常に広大なスペースを占める、新興の美術館やギャラリーが急増しているなかで、たくさんの現代アートを一度に目にすることができる場だったそうだ。雑誌『BT』の10月号も、上海の現代美術の活況を特集しており、Facebook にはその時期上海に行かれた美術関係者の相次ぐポストを覗くことができた。 その時期、その街にいた人に伝染しているなにかの空気が、あきらかにあるようだった。私はその場にいなかったけれど、小金沢さんが感じた熱気を、覗いてみたい。そう思ってアポイントをとり、話を聞きに行ってきた。


上海滞在中に訪れた、カタリーナ・グロッセの展覧会

スマホで撮った写真を見せてくれながら小金沢さんが話してくれたことは、いまの上海の街の風景の断片的な印象で、老若男女みんな手にはスマホ、足には真新しい(日本ならある特定の年代の層しかはかないような?)ブランドもののスニーカーで全員がいる、という様子やら、地下鉄に人がものすごい混雑している様子やらで、それをきくだけで変化に前のめりな街の人々のイメージが具体的になるなぁ。というエピソードばかり。とくに、「日本はソバで、上海はウドン」という比喩が面白かった。日本は素材の比率や食べ方にやかましくいろいろ言うソバみたいだけど、上海はふっといウドンがそこにある、というイメージ(注:現地の食べ物がウドンのようなものだ、ということではありません)。

東京をはなれてベルリンに長く住んでいた小金沢さんが、尾道経由でまた東京にかえり、そして上海へ。こうした経験からくる複眼的な視点をもっとつっこんで聞いてみたいと思って、メールのやりとりがはじまった。

小金沢さんとの対話を、「上海街歩き編」と「上海アート編」の2回にわけて、小金沢さん撮影の写真とともにお伝えしたい。

小金沢健人が見た上海アートシーン「上海街歩き編」

上海アート編

 小金沢さんが参加されたアートフェアはどのような場でしたか?

小金沢 自分が参加したART021というアートフェアの会場は共産党大会とかに使われそうな建物で、屋根からのびる長いポールの先の赤い星が霧の中で妖しく光っていました。

ART21の会場

予想以上に欧米の強豪ギャラリーが出店していて、韓国や他のアジアのギャラリーが思ったより少ないなと感じました。アートフェアなのでこれも当然ですが壁にかけられる作品、つまりペインティングや写真がほとんどで、描かれる動物では虎と兎が人気のようでした。まあしかしアジア系ギャラリーは白黒作品の多いこと。

自分のブースはノンプロフィットセクションにあったので、商売の熱気からは遠くプレッシャーもないままのんびり会場をクルージングしていたのですが、それでも商品だけを見せられるような空間では次第に飽きてきて、街歩きに行こうかなと思っていたところ明日は上海ビエンナーレのオープニングだという話を聞いて、明日は上海アートツアーをしようと決めました。

はじめに向かったのはもうひとつのアートフェア、West Bund Art & Designですが、中国ではグーグルマップが使えず、それ以前にモバイルwifiだとかsimカードだとか何も準備して来なかったのに加えて紙の地図も入手できず、最近開発された目印もない地区で、目的地になかなかたどり着けずに苦労しました。

 普段の生活で当たり前と思っていることが通用しない状況なんですね。

小金沢 真新しいスタバで財布から小銭を出してるのは日本人。上海人は誰もがスマホを持っているのでじいちゃんばあちゃんでもスマホ決済。なのにモタモタしてる日本人男性の背中に、周囲からの早くしろよ的なイライラ空気は感じない。「鷹揚」という言葉が浮かびました。地下鉄が混みまくっていてもイライラしている人がいない。

West Bund Art & Designの会場。広々とした空間にブースの広さは圧倒的

近い地域だと乗せてくれないらしいタクシーに断られ、やっとたどり着いた上海西岸芸術地区、West Bund Art & Designはアートフェアとは思えないブースの広さ。作品と作品の間にちゃんと空気が通って、ジェームス・タレルやダン・フレイヴン作品がポツンとある余裕の展示。晴れ上がった空にガラスの壁というのも作品を綺麗に見せていたのかもしれません。中庭には緑もあったし。

何しろ細かく区分けされたブースに、押し出しの強いものがごちゃっと並んでこっちを狙っている、というART021から比べると、こちらのフェアに出された作品は幸せだな、と。午後になってから道路の向かい側にあるもうひとつの会場に向かった時には、VIPタイムは終わっており、引率の先生と共に大勢の大学生が来場していて、混んでいるだけでなく熱気が凄かったです。作品を見る眼差しの中に、ギラギラとした向上心が感じられました。来年はここに並んで売ってやるんだというような。

 中国人コレクターに向けられた作品の傾向は? また最近、上海でとても増えていると聞く美術館にも行かれましたか?

小金沢 一般客にはトリックアート的な作品の人気が高いようでした。子連れの客もまあまあいて、ここではアートがエンターテイメントとしても機能してるなあと思いました。でもメインは太い顧客の一本釣り。巨大な作品がいくつもありました。

この芸術地区は川のすぐそばで、川べりは綺麗に整備されていて人も少なく、散歩するのにとても気持ちよかったです。

その後もマウリッツィオ・カテランがキュレーションした展覧会、ルイーズ・ブルジョワの巨大なママン(蜘蛛の彫刻。六本木ヒルズのものより大きいと思う)、シンディ・シャーマンの個展など川沿いの美術館を見て、その規模(建物と予算)の大きさとそれがプライベート美術館であることを思うと、深く下腹にねじ込んでくるものがありました。

マウリッイオ・カテラン 「The Artist is Present」 ~2018/12/16(現在は終了)
シンディ・シャーマン ~2019/1/13
ルイーズ・ブルジョワ The Eternal Thread展 ~2019/2/24

グッチがスポンサーを務める、マウリッツィオ・カテランのキュレーションによるThe Artist is Present

六本木ヒルズのものより大きそうな、ルイーズ・ブルジョワの巨大ママン

RAIN ROOM by RANDOM INTERNATIONAL,YUZ Museum

 二つのアートフェアは数日間のイベントで終了していますが、目玉ともいえる大規模アート展、上海ビエンナーレは2019年3月10日まで開催されていますね。小金沢さんの目からみた、上海ビエンナーレの見所は?

小金沢 アートヒストリーの堆積がない場所で、経済力の大耕運機で耕される土地にどんなアートが実るのかわかりませんが、近いうちにまた訪れてみたいと思っています。現状維持や下り坂の敗退戦を戦わなければいけない国にはない、攻め、しかない空気なんてそうそう感じられないと思います。

上海ではキュレーターやアートヒストリアンが足りないと言われているけれど、実は世界で活躍するようなキュレーターの多くは欧米での教育を受けており、ある意味で偏ったバイアスがかかっていると言えます。

上海はアートにまつわる歴史や制度の領域の密度が低いために、かえって自由度が増しているのではないでしょうか。また、若い世代が組織のトップで力があるのも面白いと思いました。

 なるほど。欧米を中心に発展してきて、成熟したり閉塞したりしているシーンに風穴をあけるようなパワーを、そこに期待できるのかもしれないですね。

小金沢 上海ビエンナーレは上記の意味では、完全にクオリティの高い“世界的な問題意識”に裏打ちされた展覧会でした。「歴史からこぼれ落ちていたアイデア」、「繊細な感覚」、「政治意識」(マイノリティの、ジェンダーの、コミュニティの、ネイションステートの)、「協働すること」などがテーマになった 作品が多く選ばれており、金銭から離れた感覚があって、アートフェアをハシゴした後では、清涼な空気を吸ったみたいに感じたものですが、これは逆に、 世界のどこでも見れるものだ、という気もしました。グローバルな視点からの思考というものはやはり似通ってくるのかもしれない。しかしそもそも質の高さとは地道なアップデートの繰り返しの果てに到達されるものなのかもしれません。一方個人美術館が金に任せて呼び込んだ欧米の一流アートは評価のすでに定まったものであり、バブルの時に日本の企業が印象派を買いまくったのと大して変わらないかもしれない。けれどそういう時にしかありえないスピード感と大胆さ、悪趣味と新奇さの混合は個人美術館ならではの取り合わせでした。

 とはいえ、街の印象もふくめて総体的に考えると、小金沢さんの上海上陸はひとつのショックであり、目が覚めるような衝撃的な体験をされた、ということですよね。

煌びやかな姿とリアルな生活基盤が混在している。写真は上海市場

上海市場

小金沢 上海に人が集まってくるのは“期待”のためで、僕は1940年代にニュー ヨークへ出てきたお上りさんと同じように、上昇する気流に巻き込まれて街なかをふらついていました。住みたい街かと言われると困るし、ここで成功したいかと言われても、何か違うと思う。けれども、地球上でも珍しい状況にある街なのではないかと感じています。

これだけの大都市を、オプティミズムが覆っているなんて。

夜の上海の一角で…

※写真は、小金沢健人氏の撮影による。

林央子 Nakako Hayashi

資生堂で『花椿』の編集に携わったあと、退社してフリーランスに。20023月に、個人出版プロジェクト「here and there」をスタート。2011年『拡張するファッション』を上梓。2014年、同名の展覧会が水戸芸術館現代アートセンター「丸亀市猪熊弦一郎 現代美術館」で開催になる。アート欄をGINZAで長く執筆。似顔絵は小林エリカさんによるもの。

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント