【INTERVIEW】野田洋次郎(RADWIMPS):WANT TO KEEP CREATING THINGS 自分の持っているものがゼロになるまで創り続けたい

【INTERVIEW】野田洋次郎(RADWIMPS):WANT TO KEEP  CREATING THINGS  自分の持っているものがゼロになるまで創り続けたい

RADWIMPSの『人間開花』、ソロユニットであるillionの『P.Y.L』、さらに映画『君の名は。』のサウンドトラック。2016年に野田洋次郎さんが手がけた作品は、音楽性もそれぞれ異なり、同じミュージシャンが一年で手がけたとは思えないあものばかりだ。

「特にリリースの予定や締め切りがなくても、日々作曲をしているんです。『人間開花』の楽曲は、前作『×と◯と罪と』(13年)の後から作っていたものもあるので、厳密な制作期間なんてわからないくらい、ずっとやっていました。14年の夏くらいに『君の名は。』のお話をいただき、年末から15年の頭にかけて結構作って。ビルドアップしながら、1年半くらいかけて完成したのかな。その反対にillionは空いた1カ月でスタジオに入って一気に作って。それぞれ制作のスタイルが違いますね」

 

アジアやヨーロッパに続き、今春から『君の名は。』は全米でも公開。サウンドトラック盤も世界発売された。映画の音楽(劇伴)を制作するのは初めてだったという野田さん。シーンをより深く印象づけた音楽は、どのように制作されたのだろうか。

「アニメの場合、公開直前にならないと映像を見ることができないんですよ。最初は脚本しかなく、それを読みながらシーンのイメージを膨らませ、音の断片を作っていきました。それから途中、新海(誠)監督が作ったビデオコンテがあったのかな。白い紙に絵が描かれ、少しだけセリフや声を入れてくれているようなムービーが送られてきました。これは個人の勝手なイメージだけど、通常、実写映画の劇伴の制作工程は、映像に合わせて音楽家が曲を書き、それを監督たちが編集する時にシーンにあてていくものだと思います。でも、新海さんは違っていて、監督とミュージシャンという関係ではなく、僕らをチームに迎え入れてくれたと感じた。〝一緒に映画を作ろう〟と言ってくれている気がしたんですよね。実際に声優さんがセリフを入れたものも、曲の歌詞を聴かせたいということでカットになっていたりして。音楽を聴かせたいから、シーンを伸ばしたり、セリフをカットした場面もあったみたいで。衝突もありましたが、完成した映画を見て、すべてを納得しましたね」

 

野田洋次郎 インタビュー

『君の名は。』の劇伴を制作するうち、RADWIMPSの『人間開花』の制作も佳境に突入。名曲「前前前世」誕生秘話を聞いた。

「確か14年の終わりだったと思うんだけど、監督から脚本を渡され『これを読んで、一番最初に浮かんだイメージを曲にしてくれませんか?』と言われたんです。映画のストーリーでは、前世のことなんか全然触れていないけど、あの2人が持っているエネルギーや求め合う力など、人間の根底にあるものを感じたんです。それで、まず『前前前世』と『スパークル』ができて。脚本を直接的になぞったり、影響を受けたわけではないんだけど、あの2人の眩しさをもらって、自分なりの物語を新たに作ってみようという感じで書きました」

 

また「前前前世」はサウンドトラックの世界発売に合わせ、英語ヴァージョンとして、再びレコーディングされている。

「少し前、劇伴に入っている主題歌4曲の英語ヴァージョンを録り直したんです。日本語と同じ譜割りの中に英語を入れるのは、単純に、まず技術的に難しかった。日本語の場合1小節で言えることが、英語だと2拍で終わっちゃう。だから、新たな物語を足していきましたね。そんな作業をしている時、〝この曲は2年くらい前に作ったものなんだけど、ずっと横で流れているんだ〟と思ったんです。2年間に起きたことを振り返っているうち、なんだか2年前の自分に見られている気分になってきたんです。そんな不思議な感覚は初めてでしたね」

 

『人間開花』と『君の名は。』は、制作のプロセスは異なりながらも響き合い、影響し合ったのかもしれない。

「確かに『君の名は。』を制作している途中で、ラブソングを書く感覚を、久しぶりに思い出したところがあるんです。ここ数年、ラブソングを積極的に歌おうとしない自分がいて、実はどういう風に書くのかも、あんまり覚えていなかった。それが映画の世界から、いろいろなものをもらって、〝また歌えるかもしれない〟というモードになっていった。それで『人間開花』の曲作りも進んでいったかもしれません」

 

クリエイティブ面において放出した分、疲弊したのではないだろうか。しかし、野田さんは飄々とした表情で「長くやっていたことが昨年形になっただけ」と語る。

「昔から、死ぬ時がきたら、自分の持っているものをゼロにして、何も残したくないと言ってきました。友達から〝あんなに働いたら、今年は休むんでしょ?〟と言われるけど、今は特に物作りが楽しくて、いつも次はなにをやろうか考えています。毎日やりたいことが3つ4つ出てくるけど、体はひとつだし、時間は流れていくから、形にできるのはひとつくらい。そこに切迫感を持っています。今年は正月明けからずっとレコーディングしているんですよね。自分で何の制作をしているかわからなくなる時もある(笑)」

 

スタジオでのレコーディング時はもちろん、ツアーに出かけたステージでも、洋服に助けられることが結構あるんだとか。

「人の日常は一定ではないので、その日に必要な服があると思っているんですよね。録音する曲の種類によっても、気分が全然違う。単純にボトムの太い細いで音の感覚も違うし。結構気に入った洋服に、気持ちをアゲてもらったりすることも多い。逆に、全然合わない格好だと、気持ち悪くて帰りたくなる。着替えに帰るまではいかないけど、スタッフの人にお願いして、カーディガンを取りにいってもらったことはあるかな(笑)。ツアーへ出かける時は、前の方が荷物は多かったな。今は旅に慣れたこともあり、随分〝すんっ〟と身軽になったと思います」

野田洋次郎 Yojiro Noda

2001年にRADWIMPSを結成。ソロプロジェクトillionでの活動や、他アーティストのプロデュースも活発に行う。英語主題歌4曲を収録した『君の名は。English edition』をリリースし、現在は最新アルバム『人間開花』を引っ提げた全国ツアー「Human Bloom Tour 2017」を敢行中。また連続ドラマ『100万円の女』(4/13〜テレビ東京・毎週木曜深夜1:00)でドラマ初主演を務めることでも話題に。

ジャケット ¥162,000、シャツ ¥52,000、パンツ ¥78,000(以上ヨウジヤマモト | ヨウジヤマモト プレスルーム)

撮影: 東海林広太 Styling: Daisuke Fujimoto Hair&Make-up: Rie Suda Text: Katsumi Watanabe Special thanks: Kunichi Nomura

2017年4月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年11月号
2019年10月12日発売

GINZA2019年11月号

No.269 / 2019年10月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ブラックラブ♡日常で黒を着る!

なんだか気になるのは
プレイフルな黒!

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)