オフブロードウェイでクロエに会える!「DOWNTOWN RACE RIOT」エディター福田真梨のNYC 013

この前、90年代から活躍する個性豊かなスケーターたちの人生に迫ったVICELAND」のドキュメンタリーシリーズ「Epicly Later’dを観ていたら、男性ばっかりのメンツの中に紅一点、クロエ・セヴィニーが出てきた。ハーモニー・コリンの回では、もちろん映画『KIDS』(1995)の話になり、当時の裏話的なエピソードをクロエが披露していて、ジェイソン・ディルの回では、彼のブランド「Fucking Awesome」のスケートボードにクロエの写真を選んだ理由、いかにクロエがクールだかを彼が語るシーンが何だかとてもチャーミングだった。

結局、私たちは、あの頃からずっとNY・ダウンタウンのitガール、クロエ・セヴィニーに夢中になったままだ

001

そんなことを思いながら、駅のホームに着いたら、ちょうどクロエが出演するオフブロードウェイの舞台DOWNTOWN RACE RIOTのポスターが貼られていた。映画、アート、音楽に比べ、なぜかミュージカル&演劇系は普段あんまり興味がないけれど、せっかく日本から姉が遊びに来ているしと誘ってみると、即答で「行く」という返事。チケットをチェックしたら、2日後の公演のチケットが運良く取れた。

002
(All production photos: Monique Carboni)

DOWNTOWN RACE RIOT」は、1976年にワシントン・スクエア・パークで実際に起こった人種差別から派生した暴動をテーマにしたお話。クロエは二人の子供を育てるシングルマザーを演じている。元ヒッピーで自由奔放のハッピーなママとしての一面がありつつ、ドラッグアディクトである悪循環から抜けられない女性。トムボーイの長女は、そんな環境から逃げるように、知り合ったばかりの旅人たちとフランスへ行くと宣言し、息子はやんちゃなティーンでありながら、アディクトのママを支える心優しい青年。地元のギャングの仲間が計画中のライオット直前、実は狙われているのは、ハイチ出身の親友だと知る彼の葛藤を描いている。

会場が暗くなり、明かりとともにステージにクロエが登場した開始2秒で、「あぁ、今日来れてよかった!」と思った。まず一に、客席からステージまでが近いっ!幅広い舞台に対して、1階の客席はわずか5〜6列。ちょうどど真ん中に座った私たちの席からわずか2m先にステージがある。このクロエが手に届きそうな臨場感に興奮

003

004

005

そしてさらに胸高まったのが、ディテールまで緻密に再現されたセットデザイン。長女の部屋には、マーヴィン・ゲイやドナ・サマーなどミュージシャンのポスターやフライヤーが壁一面コラージュのように飾られている。一方で、クロエが演じる母・メアリーの部屋はサイケデリックな雰囲気。その二部屋の間にある中央のダイニングキッチンは、コンパクト空間にレトロなインテリアで、まさにグリニッジ・ヴィレッジにありそう。ストーリーは終始この小さなアパートメントのみ繰り広げられ、登場人物はわずか7人。

006

オフブロードウェイ初心者の私は、クロエを目当てに行ったようなものだけど、こだわりのつまったセットを凝視しつつ、各部屋で同時展開するストーリーを追っていると、年齢、性別、人種、貧富など、それぞれが抱える悩みが浮かびあがり、最後には思わず息をするのも忘れるくらい惹き込まれていた。70年代の設定でありながら、あらゆる問題に揺れる今のアメリカ・ニューヨークでこの舞台を観ることは、すごくタイムリーなことだと思う

公演は12/23まで。年末年始のお休みシーズンには重ならないけれど、もしNYを訪れるチャンスがあったら、ぜひ観劇を!ステージの隅々まで観た方がぜったいに楽しめるので、座席はバーシャルビューではなくセンターをどうぞ!

 

DOWNTOWN RACE RIOT
by Seth Zvi Rosenfeld
directed by Scott Elliott
with Cristian DeMeo, David Levi, Moise Morancy, Josh Pais, Sadie Scott, ChloëSevigny and Daniel Sovich 

Ginza_WEB_NY_福田さん
福田真梨

Mari Fukuda
エディター&ライター。出版社の編集者を経験した後、フリーランスに。現在はNYを拠点に活動中。「DOWNTOWN RACE RIOT」観劇後、UBERを待っていると、舞台を終えたばかりのキャストが普通に一般出入口から帰っていった。今回、若いキャストはほぼみな新人を揃えたというけれど、彼らは、あまりに気取りがなく、それは実にリアルで部活帰りのような爽やかな光景だった。そんな彼らが、これからのNYのブロードウェイを引っ張っていくのかと思ったら、成長の姿を追いたくなった。こうして、みんな舞台にはまっていくのでしょうか。