チョコと相性抜群! 低糖質ウィスキーとのペアリングいかがですか?

チョコと相性抜群! 低糖質ウィスキーとのペアリングいかがですか?

ネオンが街を彩り始める頃、胸にふつふつと湧き上がる「今夜は何を飲もうかな」。お洒落なバーでアルコールを楽しむひと時は、お酒の歴史やうんちくを知れば、きっとより一層味わい深いものになるでしょう。ちょっとタメになってクスッと笑える、そんなバーテンダーの囁きをあなたへ……今回は箸休め的に、チョコレートに合うウィスキーのお話しをBar Culterのオーナー川渕陽介さんが教えてくれました。


チョコレートに合うのはブランデーだけにあらず

みなさん大好き、チョコレート。ブランデーに合うことが言わずと知れた“つまみ”」でしょう。ボンボンショコラに使われているのもブランデーですし、お菓子作りで使われる方も多いので、甘いものに合うお酒の筆頭格。

しかし今回提案したいのは、チョコレート×ウィスキーのペアリングです。ウィスキーボンボンも商品として出回っていますし、新しい提案ではないかもしれませんが、この組み合わせの良さをもっと知っていただきたいと思います。

「男性の飲み物というイメージが強いウィスキーですが、糖質カロリーがほぼゼロなので、罪悪感なくいただくことが出来ます。ワインやブランデーにチョコレートをつまみに楽しむというのはよく聞きますが、実はウィスキーもダークホース的存在。チョコレートとアルコールの組み合わせは好きだけど、カロリーを少しでも抑えたいという人にオススメしたいのがウィスキーです」

ウィスキーとブランデーは、蒸留酒という点で同じ。違うのは原料で、ブランデーが果物なのに対し、ウィスキーは穀物(大麦、ライ麦、トウモロコシなど)を麦芽の酵素で発酵させた蒸留酒。簡単に言えば、ビールを原料にして蒸留したものがウィスキー、対してブランデーはワインを蒸留して作ったものを指します。焼酎も蒸留酒の枠組みに入ります。

蒸留酒の特徴は、糖質カロリーがほぼゼロであること。蒸留する過程で、糖分が飛んでしまうためです。ただ、アルコール度数は高いので飲みすぎには要注意!

チョコのお供のダークホース

「ウィスキーにも様々な種類がありますが基本的にチョコレートとの相性は良く、マッカランは有名どころなので大抵のバーに置いてありますし初心者の方にもオススメです。置いてあるかないかはお店次第ですが、ダルモア、グレンドロナックあたりも良いです。個人的には、スモーキーなウィスキーもアリです。例えば、レダイグ、アラン、タリスカー、カリラetc. 挙げたものは全て、スコットランドの蒸留所で作られた、スコッチウィスキーに分類されます」

バー アルコール お酒 ウィスキー チョコレートバーテンダーのお勧めの中からボトルのデザインで選んでみるのも楽しい

スモーキーな味わいになる理由は、かつてまだ技術が発達していなかった頃、麦芽の成長を遅らせるために、ピートという化石燃料の煙を使っていたのが理由。煙で麦芽を燻すことで風味がついたお酒が出来たそうです。その歴史は今日まで引き継がれています。

チョコレートください!は恥ずかしい?

さあ、チョコレートとウィスキーの組み合わせを試したくなっている読者の方がいることを願って、実際にバーで注文するときに気をつけた方がいいことはあるのでしょうか。

「暗黙のルールがあるなら、それを知らずに恥をかくのが怖い……お酒ビギナーの方にありがちなご意見ですが、そんなの気にしなくて大丈夫ですよ! ウィスキーはそれぞれ個性があるお酒なので、お客様の好みや気分に合わせたものをバーテンダーは出したいのです。『チョコレートとウィスキーって合うんですか?』とか『他に甘いものに合うお酒を教えて!』といった質問、大大大歓迎です」

ミルクチョコレートよりもカカオ70%〜のビターチョコレートを選んで。産地別に食べ比べができるセットを準備して宅飲みも楽しい(写真手前:サダハルアオキのミニ タブレット ヴォワイヤージュ)

「自分がゴリ押しするだけの一方通行のコミュニケーションではベストなバー体験はできません。お客様の要望を汲み、コミュニケーションを重ねるなかでお客様の『美味しい!』の一言をいただくのが、やり甲斐を感じる瞬間ですから」

気になるバーの扉を開けたなら、臆することなくバーテンダーに要望を伝えてみてください。カウンター越しに、バーテンダーとお客様が一緒に最良の組み合わせを追求するコミュニケーション含めて、美味しい時間を召し上がれ。

Bar Culter (バー クルテル)

 

住所: 東京都新宿区3-1-32 新宿ビル1号館B1F
電話番号: 03-6380-5105
営業時間: 18:00〜5:00(日曜のみ18:00〜24:00)
定休日: 月曜日

川渕 陽介 カワブチ ヨウスケ

奈良県出身、元カメラマンで新宿の名店DUGやどん底で修行を積み2018年秋に独立。ジャズ、オーディオに明るく、真空管アンプとレコードに囲まれて日々カウンターに立つ。

Photo: Sawako Nishimoto Text&Edit: Norie Sato

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年12月号
2019年11月12日発売

GINZA2019年12月号

No.270 / 2019年11月12日発売 / 予価840円(税込み)

This Issue:
ミュージシャンに夢中!

好きなミュージシャン
好きな曲

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)