海外クリエイターの部屋と暮らし 感性を育てるアパルトマンでのミニマルライフ fromパリ

海外クリエイターの部屋と暮らし 感性を育てるアパルトマンでのミニマルライフ fromパリ

ファッションシーンで活躍する海外デザイナーに、「住んでる自宅を見せて!」とラブコール!自身の個性やライフスタイルを投影した家作り・部屋作りに、ヒントがいっぱい。


ジェニー・マナーハイム 海外クリエイターの部屋と暮らし パリ

ジェニー・マナーハイム

アートディレクターやエディターとして活躍し、〈EACH × OTHER〉を始動。アーティストとのコラボレーションによりメッセージ性の高いコレクションを送り出している。

ジェニー・マナーハイム 海外クリエイターの部屋と暮らし パリ

クリエイティブな感性を育てる
アパルトマンでのミニマルライフ

ファッションデザイナーやギャラリスト、アートディレクターといった顔を持ち、過去には生まれ故郷のスウェーデンをはじめ、ロンドンやNYにも住んでいたというジェニー。マルチカルチュラルなバックグラウンドの持ち主である彼女がパートナーと住むのは、パリ・マレ地区のアパルトマン。

「どこか小さな村のようで居心地のいいこのエリアが大好きなの。このアパルトマンに住むことを決めたのは、キュートでロマンティックな雰囲気で、街の喧噪からエスケープできそうだったから」

1年中、海外へと飛び回っている暮らしぶりだから、パリにいる時はとことんリラックスして過ごすのがポリシー。ライフワークとなって久しいアートとの関係にも、家の中では少し距離を置いて。 「一時は家をギャラリーの延長線上にあると考えていて、絵やオブジェで埋め尽くしていたこともあるけれど、目下の気分は〝Less is more〟。物がない空っぽな暮らしがちょうどいいと感じているわ」

ジェニー・マナーハイム 海外クリエイターの部屋と暮らし パリ

ジェニー・マナーハイム 海外クリエイターの部屋と暮らし パリ

親密な空気感があり、粒よりなアートスポットも多いマレ地区に愛着を持ち、長年の拠点にしているジェニー。毎日窓から目にする空や景色は、彼女にとってパリの日常を代表するものだ。フォトグラファーとして活躍するパートナーのスカイラーと愛犬の黒パグJOYとともに暮らす家の中は、ベージュやブラウンを基調にしたレトロな70年代スタイルにまとめているそう。無駄なものは一切なく、所どころに置いた鉢植えの植物や、テーブルの上に無造作に重ねた本や雑誌などが、空間にパーソナリティを与えている。

 

Illustration: Fumi Koike   Text: Chiharu Masukawa

GINZA2018年3月号掲載

#Share it!

#Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント

PICK UP

MAGAZINE

2019年8月号
2019年7月12日発売

GINZA2019年8月号

No.266 / 2019年7月12日発売 / 予価880円(税込み)

This Issue:
映画&ドラマ
物語のある夏

映画&ドラマ鑑賞で
刺激的な夏を

...続きを読む

BUY NOW

今すぐネットで購入

MAGAZINE HOUSE amazon

1年間定期購読
(17% OFF)