〈ジュン ミカミ〉デザイナー 三上 純さんの暮らす、三角形が上手に利用された住まい

〈ジュン ミカミ〉デザイナー 三上 純さんの暮らす、三角形が上手に利用された住まい

Share it!

インスピレーションが生まれる、デザイナーが暮らすプライベート空間。それはこだわりのクリエイションに通づる、こだわりのインテリアが広がる。部屋の隅々から醸し出されるこだわりの“おしゃれ”を取材しました。


三角形の住まいで生み出される ハンドニット

1階の玄関から階段を昇ると現れる三上純さんのご自宅。ヘアメイクアップアーティストの旦那様と2人で暮らす、三角形の土地が上手に利用された住居は築25年ほどの物件だとか。「大家さんがもともと獣医さんをやられていて、ここは動物病院だったらしいんです。よく考えられて作られた備え付け家具もこの家にした決め手のひとつ。木の素材感が生かされた収納が気に入っています。できるだけ物は収納家具にしまってすっきりと。カーテンレールが木製カバーで覆われていたり、細かいところにも大家さんのセンスが感じられるんです」

ジュンミカミ デザイナー 三上純 部屋

gz03__E6A1133

仕事道具がまとめられた木箱(写真下)は三上さんの大事な相棒。「気分が盛り上がるように、本当に気に入ったものだけを使うようにしています」

2階のリビングスペースから3階へと上がる階段は吹き抜けに。天井が高いので圧迫感がまったくない。午前中から午後にかけては、三上さんの制作時間。リビングのテーブルで日差しを浴びながら、日々、黙々とニットを編んでいる。「初めは不便かな?とも思いましたが、この狭さもなんだか落ち着くんですよね」

三上 純 JUN MIKAMI Designer

2012年SSより、ニットブランド〈ジュン ミカミ〉を設立。ハンドニットを中心に、女性らしくモード感あふれる着こなしを提案。17年SSではアンダーウェア、水着などのアイテムも展開し、評判を集める。

Photo: Aya Sekine Text&Edit: Sakiko Fukuhara

GINZA2018年3月号掲載

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント