〈スウォッシュ ロンドン〉デザイナー サラ・スウォッシュさんと山中聡男さんが暮らす、コーンウォール州の海沿いの家

〈スウォッシュ ロンドン〉デザイナー サラ・スウォッシュさんと山中聡男さんが暮らす、コーンウォール州の海沿いの家

Share it!

インスピレーションが生まれる、デザイナーが暮らすプライベート空間。それはこだわりのクリエイションに通づる、こだわりのインテリアが広がる。部屋の隅々から醸し出されるこだわりの“おしゃれ”を取材しました。


心地良く、クリエイティブに。海沿いでの新生活

イギリス・ロンドンから電車に揺られること、5〜6時間。コーンウォール州の海沿いの街、セント・アイヴスに、〈スウォッシュ〉のアトリエ兼住居がある。

スウォッシュロンドン サラ・スウォッシュ 山中聡男 部屋

庭からはヴァージニア・ウルフが毎夏過ごしていたという別荘が見える。彼女の代表作でもある『灯台へ』はここでの体験がベースとなっているそう。

「昨年春にロンドン市内から引っ越してきました。長男(6歳)、長女(4歳)にとっても素晴らしい環境。今はパソコンさえあれば、どこでも仕事できるしね」(山中)。セント・アイヴスから車で15分ほどの港町、ペンザンスで育ったというサラ。「ここはギャラリーが連なるアートの街。テート・ギャラリーやバーナード・リーチの博物館もあって、昔は芸術家のコロニーが数多く存在したの」(サラ)。アートに根ざした街に佇む家は、もともと小説家ヴァージニア・ウルフが所有していた土地に建てられたそう。「彼女もメンバーのひとりだった芸術家集団、ブルームズベリー・グループにこの土地がわたり、今の家が建てられたそう。石材の床、ラウンドした階段など、〝普通じゃない〟のが面白い!〝コージー〟さとデザイン性の両方が感じられるわ」(サラ)。〈スウォッシュ〉のオリジナルファブリックはすべて山中さんのハンドドローイング。白を基調とした贅沢な空間に、ドリーミーなテキスタイルが随所にちりばめられ、誰にも真似できないインテリアが出来上がる。絵柄にも度々登場する愛犬のキャンディは今12歳。「動物モチーフの雑貨類は、意識しなくても自然と集まってしまいます(笑)。特にキャンディと同じ犬種のものを見つけるとね(笑)」(山中)

サラ・スウォッシュ、山中聡男 SWASH LONDON Designer

ロンドンのセントマーチンズで同級生だった2人が2004年にスタート。同年にイエール国際モードフェスティバルでグランプリを受賞。〈リバティ〉や〈ハビタット〉、〈レスポートサック〉など、コラボレーション商品も多数展開する。

Photo: Kumi Saito Text&Edit: Sakiko Fukuhara

GINZA2018年3月号掲載

Share it!

FOLLOW US

GINZA公式アカウント